このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2020年01月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
カテゴリ
全て (740)
日本の政治 (672)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
02/25 03:26 ひどい政治とは、良い政治とは
02/24 23:50 ひどい政治とは、良い政治とは
02/23 23:26 天皇陛下のお誕生日に際して心からお慶びを申し上げます
02/10 00:02 オリンピックのための棄民政策か?
02/04 22:00 お知らせ
01/18 23:30 4つの原理
01/17 23:35 未来への展望
01/16 23:40 時代は変わる
01/15 23:40 世界共通
01/14 23:20 切り取らないと見えてくるものがある
ブログ内検索

RSS
額面通りではない
[日本の政治]
2020年1月12日 23時46分の記事

以下の記事では、ソレイマニ氏は山本五十六と同じという米国国務省高官のコメントが載っています。そのココロは両者ともに国民の英雄で戦死したということです。

「殺害されたイランの“国民的英雄”ソレイマニが、トランプに遺した不気味なメッセージ」(2020年1月12日 文春オンライン)

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


その山本の死について、実はソロモン諸島ブーゲンビル島上空で戦死していないという説があります。以下の大野 芳(かおる)氏の著書ですが、単なる陰謀論とかトンデモ論で片付けられるようなものではありません。大野氏は伊藤博文暗殺事件についても書いていますが、内容は大変に緻密なものです。
戦争において、何が本当にあったかは実際のところはわかりません。通常は誰も検証することはできませんし、発表されることを信じるしかないわけです。ただ、それを額面通り受け取っていては、何もわからず、そして大抵の場合、良いように利用されるだけなのです。本当のことはそうそう出てこないと覚悟を決めた方が良いのです。今の日本政府の桜を見る会の名簿にしたって、本当のものが出てこないではありませんか。
そして額面通り受け取らず、内外政治について本当のことを知るためには、緻密に検証することと同時に、やはり時間と空間のマクロで観るということが必要になってきます。そのように観るといろいろなことがわかってきますし、歴史の流れも実はかなり単純・シンプルであることがわかってきます。
伊藤博文暗殺事件も歴史と空間のマクロで観ていくと、その本質も見えてきて、歴史の流れが見えてきます。そして、そのマクロの時の流れは現状を観る上でもまた有効なのです。歴史を忘れる、歴史を歪曲することは、国・社会・自らを滅ぼしますが、それは自分たちの過ちなどが理解できず、同じ失敗を繰り返すからなのです。今の日本はそう言う意味でまた亡びる民族です。

「山本五十六自決セリ」(1996年 新潮社)

「伊藤博文暗殺事件―闇に葬られた真犯人」(2003年 新潮社)

この額面通り物事を受け取っていけないのは、時事問題でも同じで、国際ビジネスマン・カルロス・ゴーン氏という額面だけではない側面があると、以下の記事を観て思います。まさに記事を読んでビックリしましたが、当然と言えば当然とも思えます。

「仰天報道 カルロス・ゴーンの父親は神父を銃殺し、死刑判決を受けていた」(2020年1月12日 フォーブス)

そのゴーン氏についてBS朝日『日曜スクープ』で解説していました。少しだけみていたのですが、そこではゴーン氏についての事件をおさらいしていました。そして、そこに中東の2ルートとしてオマーン・ルートとサウジアラビア・ルートというものが出てきました。まったくこのことは忘れていたのですが、改めて言われると、この二つの国は安倍首相が今、訪問しているところではないかと思いました。

「【図解・経済】中東2ルートの特別背任事件の構図(2019年4月)」(2019年4月10日 時事通信)

そうなるともう一つの訪問国のUAE(アラブ首長国連邦)はどうだろうと、『ゴーン ドバイ』で検索をかけてみると以下の記事が出てきました。明らかにゴーン氏とドバイとの関係はあります。そして、この朝日新聞の記事は「英フィナンシャル・タイムズ紙(電子版)は6日、英国の元軍人と、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイにある企業が逃亡に関与している疑いがあると報じた」と書いています。
なぜ、ゴーン氏と関係が深いオマーン、サウジアラビア、UAEへ安倍首相は訪問をするのか? 単なる偶然なのか? 安倍首相の述べていることを額面通りに受け止めては物事の本質はわからないように考えます。
アメリカの人気ドラマ『NCISネイビー犯罪捜査官』にギブス・ルールというものが出てきます。そのルール39に「偶然なんてものは存在しない」というものがあります。国際政治において同時進行で動いていることで偶然というものはないと考えます。安倍首相の中東訪問は額面通りでなく、かなり怪しいものがあると考えてしっかりと観ていく必要が明らかにあります。

「ゴーン被告逃亡、英国元軍人も関与か ドバイ企業CEO」(2020年1月8日 朝日新聞)

「ゴーン被告の楽器ケース、パイロット『ドバイから運んだ』」(2020年1月10日 TBS)

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/439083
フリースペース

次回勉強会については後日、詳細をお知らせいたします

フリースペース
フリースペース
フリースペース
フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 235535
今日のアクセス: 90
昨日のアクセス: 188

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved