このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2020年02月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
カテゴリ
全て (759)
日本の政治 (690)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
04/07 00:00 ランナーズハイにはご注意
04/06 22:56 また国民のせいですか?
04/05 13:41 全国的な蔓延を待って蔓延を全国的にするバカ
04/04 12:15 アメリカ政府が認定した当然のこと
04/04 03:36 朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍
04/04 03:34 マイケル・レヴィット氏のロサンゼルス・タイムスの記事(訳文)
04/03 23:02 一番甘く見ていた者は誰か?
04/02 07:02 国民にあまえるのもいい加減に
04/01 12:20 朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍
03/31 23:49 色々と考えてみた その4
ブログ内検索

RSS
オリンピックのための棄民政策か?
[日本の政治]
2020年2月10日 0時2分の記事

日本という国は基本的にはとても良い国だと思って生きてきましたが、安倍政権になってのこの数年、本当にひどい国なったとつくづく思います。やはり、今、日本に必要なのは、間違いなく良い社会を築いていこうとする意志と、安倍政権の政治の問題点をしっかりと考える思考でしょう。
そのような安倍政権下で落胆させられ、自国を嫌になる日々における本日のトピックは、新型肺炎に関わることです。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


以下の記事では、日本で新型肺炎に感染した人数について、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」や武漢から帰国した感染者を、日本の感染者数とは別枠として集計することを、日本政府が行い、またこの集計法をWHOにも働きかけ、WHOもそれに応じたと報じられています。このようにするのは、政府が「『日本で感染が広がっているのではないか』との見方が国内外に広がるのを懸念」(2020年2月8日 東京新聞)すると同時に、「ほとんどが国外や船上で感染した例で国内の実態を正しく反映していない」(同上)との認識が政府にあるからとのことで、このことはオリンピック・パラリンピック開催への悪影響を懸念してのこととみられると報じられています。

「新型肺炎 クルーズ船感染者、日本ではなく『その他』 日本が働きかけWHO応じる」(2020年2月8日 東京新聞)

実際、この半月以上、連日、テレビでは新型肺炎についての報道が朝から晩まで繰り返し流され、このことによって、今国会で焦点になるはずであったカジノ汚職問題や桜を見る会問題などが、ほとんどまったく報道されない状態になっています。また、国会において野党がこれらの疑惑の問題を追及することは、新型肺炎に取り組んでいる政府の邪魔をすることになるという論調もかなりいわれました。
しかし、武漢からの邦人帰国やクルーズ船内感染以外の国内の状況は、このような報道や論調とは違い、いたって平穏であり、これからもそうであるという認識を政府が持っていることを明確に示しています。テレビなどでの新型肺炎についての大量の報道を見れば、新型肺炎問題が国内でかなり深刻でパニックになるほどの不安が増幅してもおかしくないと考えていましたし、野党の国会での追求が政府の動きを邪魔するという論調は、そのような情勢を裏づけるものと考えていましたが、そのようなことはないという認識を日本政府は持っているということになります。そうなると、これまでの新型肺炎についての報道と新型肺炎に関わる野党批判は、結局は政治的に政権を救ったということになります。

以下の記事は何を意味するのか?
しかし、この日本政府の認識は正しいのかと思わせるものが、以下の記事です。この記事では、新型肺炎感染の疑いが拭いきれない患者がいても、条件を満たしていないので検査対象にならないケースがあることを報じています。記事では、その条件とは武漢や湖北省との接点があるということと報じられていますが、記事で取り上げられたその条件を満たさない感染の疑いがあると見られる人は外国人旅行客と接触する機会があると報じられています。

「“疑い”ぬぐえぬ患者 対応苦慮」(2020年2月6日 NHK)

ここで、上記二つの記事をあわせて考えると、武漢や湖北省との接点がない人は、新型肺炎の検査対象にならず、また武漢から帰国した感染者は日本での感染者としてカウントされないということになります。これでは日本において感染した人はいないと言うことになってしまいます。
中国人旅行者と関わって感染した奈良のケースがありましたが、同じようなケースがあってもそのことは基本的に把握されないということをこの二つの記事は物語っています。そして、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での検査能力の限界を考えれば、日本国内ですでに感染が広がっていても、まったくカウントされないし、その調査能力もないし、カウントする気も政府にはないということになってしまいます。それもオリンピック・パラリンピックや政権に悪影響が及ばないために。
これは、最悪を想定するという以前に、論理的に明らかに穴がある危険な状況であることを示していますし、明らかに政府の意識的な不作為の可能性があることを示していると考えます。
そして、このような状況においては、仮に新型肺炎に感染していても、数週間たてば治るか、命を落とすかどちらかで、命を落としたとしても米国で流行しているインフルエンザでということで処理される可能性があるということと考えます。それで、ここ数日に米国のインフルエンザ事情が大きく報道されるようになったのかもしれません。
これまで安倍政権においてなされたGDPの計算方法の変更、経済が悪いのに良いと言い張ってみたり、公文書がないといったり、改ざんしてみたりそういうことと基本的に同じ思考と手口が、今回の新型肺炎問題にもあると考えます。その可能性は現状、大きいと考えます。そして、このようなやり方は、必ず国民・国に極めて大きな危機としてのしかかっていきます。それはひとえに現実への対処をしていないからですが、もし上述のような新型肺炎についての政府の対応があるのなら、言うまでもなくそれはオリンピック・パラリンピック開催と政権維持のための棄民政策と考えます。野党の質問のせいでも、憲法の問題でもないのです。
まったく今の日本は、政府(組織)・政権(党、一部の政治家)のことは考えていますが、国については考えていませんし、権力のことは考えていますが、政治のことは考えていません。先の大戦では、最後の最後まで軍部は自らの組織の生き残りを中心に考え、国が亡びました。今もまた同じと考えます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/440327
フリースペース

是非ご協力を!↓↓↓


私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!


○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(2020年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍 廖複横娃横闇4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍◆廖複横娃横闇4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(2020年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース
フリースペース
フリースペース
フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 242907
今日のアクセス: 141
昨日のアクセス: 235

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved