このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2020年07月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
カテゴリ
全て (853)
日本の政治 (780)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
08/12 23:58 とにかくアベ政権・日本政府は国民に対する責任の自覚がない
08/11 23:52 かなりの損害賠償の可能性あり
08/10 23:58 新型コロナウイルスとアベ政権で悲劇が到来する可能性
08/07 23:55 トランプの致命的な失策
08/05 23:59 単なるバカ
08/04 03:42 感染拡大防止なくして経済は成り立たない
08/03 23:50 感染拡大防止なくして経済は成り立たない
08/02 02:47 アベ穀潰し政権の敗北宣言
08/01 19:32 素晴らしいお言葉
07/31 23:58 沖縄県のとても良い判断
ブログ内検索

RSS
基本的に安倍政権では無理
[日本の政治]
2020年7月9日 23時52分の記事

『飲食店の倒産、過去最多』。この言葉を目にすると今の状況と思い、本当に心が痛くなります。しかし、実はこの言葉、昨年末、帝国データバンクが出した2019年の飲食店の倒産動向調査の言葉なのです。飲食店の倒産が過去最多という状態は、すでに昨年にはあり、そして昨年10月に消費税がダメ押しのごとく増税されたわけです。この安倍政権下でつくられた状態が、現状のベースに厳然としてあることを決して忘れてはなりません。

「飲食店の倒産動向調査(2019年) 飲食店の倒産、過去最多へ 〜 「酒場・ビヤホール」、「西洋料理店」が過去最多を更新 〜」(2019年12月13日 帝国データバンク)


(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


コロナ相の西村は、実は経済再生担当大臣でもあるのですが、この帝国データバンクの調査結果が出たときにすでにその任にあるわけです。そして、当然、西村には経済再生はできるはずもなく、すでに昨年末、日本経済は沈んでいたのです。景気が悪いところにさらに消費税でダメ押し、それがこの帝国データバンクの調査結果の意味することと考えます。
そして、そこにコロナ禍というとてつもない追い打ちがあるわけです。
また、これまで散々警鐘をならしてきた年金(GPIF)も、以下の記事のようにまったく惨憺たる状況です。まさにこれまで指摘してきた通りのシナリオになっています。

「GPIF:1−3月期17.7兆円の運用損、コロナ禍で過去最悪」(2020年7月3日 ブルームバーグ)

「年金資金運用、8.2兆円の赤字 市場をコロナ直撃 19年度」(2020年7月4日 朝日新聞)

「年金運用、コロナ見通せず 長期の経済停滞や第2波懸念」(2020年7月4日 朝日新聞)

基本的に安倍政権の経済政策も年金運用も5年も前から口を極めて繰り返し繰り返し批判してきましたが、結局は予想通りになっています。したがって、たとえコロナ禍がなくとも、安倍政権では経済の回復は不可能というのは、子どもでもわかることで、そのことはすでに昨年末で確定していたのです。そして、必然、同政権で回復なんてできるはずもないのは、明らかな論理的な帰結であり、そのことも昨年末に確定していたのです。
であるのに、現状、新型コロナウイルス対策があるのに、その対策そっちのけで、経済、経済と言っているわけです。いつもながらやることは経済政策同様、中途半端でまったく中味がないのです。もちろん、責任感は皆無です。
安倍政権では、今のように経済、経済といって、そのようにさせても、これまでと同様に縮小させるのは必然であって、それでいて何かやらせれば、持続化給付金疑惑のようなことがすぐに起るわけです。

「持続化給付金疑惑「パソナ」の“酒池肉林”迎賓館 接待を受けた大物政治家たちの名」(2020年6月25日号 デイリー新潮)

そして、経済で結果が出ていないのに、外交では以下のコラム:政界地獄耳で指摘されているように、単純計算で日本国民のお金を54兆円ばら撒いているわけです。そして、その結果が出ているかと言えば、まったく出ていないわけです。まったくです。これだけのお金があれば、今頃、どれだけの人が救われていることか? 本当に心の底から腹立たしく思います。
いつも、大きなことを言っているのに結果をまったくだせないのが、安倍政権の本当の姿なのです。それでいて、GPIFやこの海外バラマキのように国民のお金がドンドン出ていき、成果はまったくなく、一方でこの8年近くでいくつ疑惑が持ちがあったことでしょうか?
安倍政権は、もうすでに賞味期限をとっくに過ぎているのです。賞味期限どころか、いるだけで害なのが安倍政権なのです。そして、その経済再生担当が西村であるのです。

「海外へ54兆円? ばらまきの効果とは/政界地獄耳」(2020年7月9日 日刊スポーツ)

現状のコロナ禍にあって、安倍政権は経済、経済と言っているわけです。これまでまったく結果をだせなかった、できもしない経済といっているのです。冗談を言っているのかと耳を疑います。笑止千万。そして、その経済を言って、新型コロナウイルス対策の防疫が中途半端、杜撰になっているのですから、これでは安倍政権ではにっちもさっちも行かなくなるのは目に見えています。とにかく早めにこの政権を変える必要があるのは何よりもはっきりしています。経済、経済と言うのなら、まず安倍政権を変え、しっかりとした防疫体制を構築することから始めるのが筋です。
新型コロナウイルス対策が今のように中途半端では、今後、日本の経済・社会を破壊していくのは間違いないでしょう。以下のブルームバーグの記事では、メルボルンがロックダウンへと報じていますが、その中で「東京都やイラン、オーストラリアでの感染者の増加は第2波への懸念を高めている」(7月7日 ブルームバーグ)と報じています。世界から観れば、日本はそのような懸念すべき状況であるのです。
安倍政権では、断言しますが、このコロナ禍を抱えた国難を乗り越えることはできません。このとは、すでに最低でも昨年末にははっきりしていることなのです。そして、いくら何でもこれだけ長期であるのに、まったくなんの成果も出せていない政権をいつまでも放置しておいても、状況は悪くなるばかりなのも当たり前のことなのです。長い時間を与えても結果を出せない、出すつもりもない、出す能力もない。それが安倍政権の本質なのです。即刻、政権交代が必要なのです。

「【新型コロナ】メルボルンはロックダウンへ、北京は感染者ゼロ」(2020年7月7日 ブルームバーグ)

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/446908
フリースペース
フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓


【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます
フリースペース

是非ご協力を!↓↓↓


私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!


値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (2月25日)←New!
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的 」(4月16日)←New!
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍 廖複慣遑影)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍◆廖複慣遑監)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース



フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 278823
今日のアクセス: 241
昨日のアクセス: 277
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved