ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2019年07月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
カテゴリ
全て (654)
日本の政治 (589)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
最近の記事
07/20 21:21 生命の平等
07/20 02:35 選挙戦中の言葉としては群を抜くクォリティーの高さ
07/20 02:33 選挙戦中の言葉としては群を抜くクォリティーの高さ
07/16 23:00 選挙期間中のテレビなどでの政党CMは禁止すべき
07/08 22:47 制裁の理由
07/01 23:56 約一ヶ月前の全面支持の意味
06/30 18:44 本当に孤立しているのはだれか?
06/30 18:44 本当に孤立しているのはだれか?
05/23 01:11 ナルシシズムという病理
05/21 02:30 これまでの日本経済の主役の没落
ブログ内検索

RSS
2019年7月20日 21時21分
生命の平等
 
参議院選挙も最終盤となりました。参院選と知事選は選挙期間が長く、選挙区の範囲も大きいので候補者やスタッフにとっては大変なのですが、この長い期間を振り返ると7月4日の公示日が遙か昔に思えます。そのように思えるのは、この17日間に日本の何かが変わったということを示唆していますが、実際、大きな変化があったと考えます。
公示日の翌日の5日、知人からある政党の演説会の模様が見られるとお知らせをいただきました。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]






2019年7月20日 2時33分
選挙戦中の言葉としては群を抜くクォリティーの高さ
 
選挙での候補者というのは、選挙前から同じ演説を何百回と繰り返します。演説を聞く聴衆にとっては、初めて聴く演説でも、話している方は何百回と話してきた中の1回なのです。そのような延々と繰り返してきた話しを、初めて聴く人々にいかに新鮮に話すことができるかという能力は、政治家として重要な要素になります。ただ演説は何度もしていれば、普通はうまくなるものですし、1回ごとに内容を考えながら話しているわけではないので、新人でも慣れてくれば途切れることなく話しが次から次へと出てきます。話す内容は、全体を3つ〜5つくらいのブロックに分けて、各ブロックごとに政策やトピックを割り当てて話しをまとめて、それを状況に応じて組み合わせて話すというのが一般的でしょう。そういうプロセスでできあがる政治家の発言というのは、考えるより話すことに力点が置かれるので、内容が話す度に進化することは希で、陳腐化することもよくあります。しかし、演説や発言を繰り返ししていると、なぜか説得力や迫力、自信が出てきて、中身がなくても、またトンデモナイことをいっていても、人々を惹きつける要素が生まれます。しばしば言語明瞭、意味不明ということが起きるわけですが、そうなると演説はもはや一種の音楽のようになるわけです。
参議院選挙戦も終盤になり、全国各地でこれまで言語明瞭、意味不明というような演説や発言が数々、繰り広げられてきたと思いますが、今回の選挙において異彩を放ち、群を抜いて質の高い発言がありました。

「立憲が国民に『刺客』=官邸参戦で対立激化−静岡【注目区を行く】」(2019年7月11日 時事通信)

「徳川宗家『第19代目』が参院選に出馬 自民党ではなく立憲民主党を選んだ理由」(2019年6月13日 デイリー新潮)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年7月16日 23時0分
選挙期間中のテレビなどでの政党CMは禁止すべき
 
現在の参議院選挙期間中、テレビなどで政党のCMを見かけますが、現状、テレビCMでは自民党の一強状態と言えます。選挙前には国民民主党のCMを見かけましたが、この選挙期間中、同党のものはほとんど見かけません。また、その他の政党に至ってはそもそもテレビにはCMを出していないでしょう。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年7月8日 22時47分
制裁の理由
 
先程、テレビ朝日の『報道ステーション』で、韓国への輸出規制の問題を報じていました。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年7月1日 23時56分
約一ヶ月前の全面支持の意味
 
約一ヶ月前、トランプ大統領が来日したときのことを思いだしてみください。5月27日の日米首脳会談後の共同記者会見でトランプ大統領は、安倍首相の前提条件つけずに日朝首脳会談ということについて全面的支持を表明しています。実はこのことには非常に意味があります。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]






2019年6月30日 18時44分
本当に孤立しているのはだれか?
 
トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長とが先ほど板門店で会いました。まさに歴史的瞬間であり、朝鮮半島のこれまでの歴史を清算し、新たなステージに向う歴史的な瞬間に私たちは立ち会ったわけです。1950年から朝鮮半島で戦争が始まり、1953年に休戦となり、その後、ずっとこの休戦での戦争状態が続いてきたわけです。それが今日、大きく動きました。もちろん、これは日本にとって最大の出来事です。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]










  次の10件
フリースペース

講演会のお知らせ!

8月から月1回、計4回のにんげんクラブでの講演会が決定しました! 詳細は以下のバナーをクリックしていください!



ザ・フナイ連載第34回目
(2018年8月号)

【ザ・フナイ連載掲載号一覧】

フリースペース

33回目(2018年7月号)


32回目(2018年6月号)

フリースペース

第31回目(2018年5月号)


第30回目(2018年4月号)


【さらに過去の号】

フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 194915
今日のアクセス: 14
昨日のアクセス: 162

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved