ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2020年04月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
カテゴリ
全て (752)
日本の政治 (683)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
04/02 07:02 国民にあまえるのもいい加減に
04/01 12:20 朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍
03/31 23:49 色々と考えてみた その4
03/31 01:12 素晴らしいお言葉
03/30 23:55 なぜ緊急事態宣言を出さないのか?
03/30 15:48 安倍政権の愚行
03/29 12:14 北朝鮮は実質あと1ヶ月ではないのか?
03/29 10:52 情勢の正しい判断と正しい対処
03/27 11:18 心からバカな首相だと思う 政治家が国民に甘えることをこれ以上許してはならない
03/23 01:13 問題の深刻さがわかっていない 色々と考えてみた その3
ブログ内検索

RSS
2020年4月2日 7時2分
国民にあまえるのもいい加減に
 
首相の安倍氏が一住所に2枚のマスクを配布するとどや顔で発表しましたが、これで国民に評価されると本当に思っているのでしょうか? むしろ逆効果でしょう。国民に甘えすぎですし、国民を舐めすぎています。マスクという他者とのあいだに簡易のしきりを作るものを配布するのなら、しっかりとした早期対応できる検査体制を確立して、隔離・治療体制を確立する必要があるのは明らかです。マスクを配布することと、これまでの安倍政権・厚生労働省の新型コロナウイルス対策は明らかに矛盾しています。
そして、国民にあまえている、国民を舐めているというのは、国民という漠然としたものではないのです。それは、あなた自身、あなたのお父さんやお母さん、あなたのおばあさんやおじいさん、あなたの兄弟姉妹、そしてあなたの子どもを舐めている、軽く扱っていると言うことです。あなたの愛する人々の命と存在を軽く扱っていると言うことなのです。このことは絶対に忘れてはいけません。

「全世帯にマスク配布へ 新型コロナで安倍首相」(2020年4月1日 時事通信)

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年4月1日 12時20分
朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍
 
日本政府・安倍政権と東京都は新型コロナウイルス対策でまったく能動的な動きを見せませんが、現在の感染状況は、確実に今後のいずれかに非常事態宣言や都市封鎖(ロックダウン)をせざるを得なくなる状態と考えます。もちろん、それには明確な根拠がありますが、現状の安倍政権や厚労省は新型コロナウイルス感染拡大を防げているとは到底考えられません。安倍政権の行動は、一応のピークを越えた中国や韓国がするものであって、日本はこれからピークを迎えていくものと考えます。

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年3月31日 23時49分
色々と考えてみた その4
 
3月31日のTBS『ひるおび!』に安倍政権の代弁者というか、擁護者と良くいわれる田崎史郎が出ていました。政界や新型コロナウイルスについて話をしていましたが、やはり安倍政権の代弁者だけあって、安倍首相と同じく余計な話しが多いなと心から思いました。こういう状況で意味がない話しばかりと思ったのは私だけではないでしょう。

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年3月31日 1時12分
素晴らしいお言葉
 
3月27日に法王フランシスコが、サンピエトロ広場において一人で祈りを捧げたことと、そのときの法王のお言葉が報じられています。本当にとても良いお言葉です。法王は「新型コロナウイルスによりすべての人が『運命共同体』になったと語り、この危機で人類の団結が試される」(2020年3月30日 ロイター)と世界に訴えています。記事に掲載されているお言葉を以下に貼り付けます。

「たった1人で祈るローマ教皇、新型コロナで人類は「運命共同体」に」(2020年3月30日 ロイター)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年3月30日 15時48分
安倍政権の愚行
 
今現在、この時点で確実に言えることは、安倍政権下では確実にこの新型コロナウイルス感染拡大によって、極めて多数の自殺者と餓死者が出ることです。なぜ、このように断言できるのか? それは、安倍政権がいまだ新型コロナウイルス感染拡大に伴ってなすべき緊急経済対策を具体的にまったく打ち出していないからです。すでに米国では出していますし、香港などは1ヶ月以上前に出しています。まさにこの遅さは犯罪的な愚行です。

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年3月29日 12時14分
北朝鮮は実質あと1ヶ月ではないのか?
 
以下の記事のように、北朝鮮では医学的監視対象者として隔離措置をしていると同国の朝鮮中央通信が報道していると報じられていますが、これは実質、新型コロナウイルスでの隔離措置と考えて良いでしょう。基本的に世界で感染者の数を低く見積もっている筆頭は北朝鮮、その次が日本の安倍政権と考えます。日本は中国を批判できるとはまったく考えません。

「『医学的監視対象者』2280人余り 北朝鮮、新型コロナで隔離措置」(2020年3月27日 TBS)

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年3月29日 10時52分
情勢の正しい判断と正しい対処
 
現状、テレビを観ていると経済と都市封鎖(ロックダウン)ということが、天秤にかけられて語られています。新型コロナウイルス感染拡大を防止・抑止し、制圧するには都市封鎖が必要ですが、それは経済に計り知れない影響を及ぼすということがいわれ、この二つが天秤にかけれられています。しかし、これは愚問ではないかと考えます。

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年3月27日 11時18分
心からバカな首相だと思う 政治家が国民に甘えることをこれ以上許してはならない
 
以下の共同通信の記事では、安倍首相が東京オリンピックは数ヶ月程度の延期では困難との認識を述べ、また2年延長では別の大会のようになると強調したと報じられています。

「東京五輪、数カ月程度の延期では困難と首相」(2020年2月27日 共同通信)

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年3月23日 1時13分
問題の深刻さがわかっていない 色々と考えてみた その3
 
新型コロナウィルスについての動きを色々と見ていると、安倍政権の日本は問題の深刻さに気がついていないと考えます。その第二弾です。

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年3月19日 17時8分
問題の深刻さがわかっていない 色々と考えてみた その2
 
新型コロナウィルスについての動きを色々と見ていると、安倍政権の日本は問題の深刻さに気がついていないと考えます。

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の10件
フリースペース

是非ご協力を!↓↓↓


私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース
フリースペース
フリースペース
フリースペース
フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 241784
今日のアクセス: 202
昨日のアクセス: 241

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved