ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2019年05月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
カテゴリ
全て (670)
日本の政治 (605)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
最近の記事
08/14 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
08/13 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
08/12 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
08/11 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
08/10 23:55 問題なのは最低賃金の格差ではない
08/09 10:55 現在の実相
08/08 23:51 現在の実相
08/07 23:56 食料自給率――構造転換の必要性
08/06 23:47 驚くほどの共通性
08/05 23:51 構造的な問題を解決しない限り復活はない
ブログ内検索

RSS



2019年5月21日 2時21分
これまでの日本経済の主役の没落
 
内閣府が発表した1-3月期のGDPがプラスとなり、2四半期連続のプラスと報道されています。しかし、内容を見れば惨憺たる内容で、経済・国民生活は大変に厳しい状態であることを示していると考えます。

「1〜3月GDP、年率2.1%増 個人消費は0.1%減」(2019年5月20日 日本経済新聞)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]






2019年5月20日 18時8分
丸山氏はまず国民に対しての責任を示すべき
 
丸山発言問題に関しては、丸山氏個人に焦点を合わせることによって憲法改正の議論に繋げようとしている意図があるのではないかと考えられます。しかし、彼個人については、実はすでに終わっている話です。以下の5月14日の朝日新聞の記事にある通り、同氏は非を認め、発言撤回をしているのですから、その時点で発言に関する彼個人の問題は本人が認める形で決着しています。
しかし、国会議員としての言論の重さはつきまといます。日本の平和主義という国是、戦争に発展しかねない言葉、そして何よりもロシアとの関係を危うくする国際問題という点、どれをとっても国会議員の言論として、そこには非常に重い重い言論の責任が伴います。撤回してすむ話ではありません。実際、戦争ということを全く考えずにロシアとの交流をしてきたビザ無し訪問団の当事者に、国会議員として戦争と言うオプションをちらつかせて詰め寄っているのですから言語道断でしょう。それは普通に見れば国会議員からの圧力となります。

「丸山穂高議員、露に謝罪した維新を『非常に問題ある』」(2019年5月20日 読売新聞)

「維新・丸山氏、国後島で『戦争しないと』 その後に撤回」(2019年5月14日 朝日新聞)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年5月18日 0時51分
責任問題
 
以下の朝日新聞の記事にあるように、昨年9月、ロシアのウラジオストックで開催された東方経済フォーラム全体会合で、プーチン大統領は日本との平和条約を昨年末までに締結しようと同会合に出席していた安倍首相に提案しました。このプーチン大統領の提案は、公開された同会合において衆目の前でなされましたが、同大統領は「前提条件をつけずに平和条約を締結した後、『すべての問題の議論を続ける』とし、領土交渉などを後にする考えを示唆した」(2018年9月12日 朝日新聞)と報じられています。

「プーチン大統領『条件なしで平和条約を』安倍首相を前に」(2018年9月12日 朝日新聞)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年5月14日 23時57分
丸山発言と戦前復古
 
丸山穂高氏の国後島での発言とは、ビザ無し交流という友好促進と問題の解決に向けての動きの中で、戦争をもって解決ということを言ったということです。このような友好促進の場で、それも相手国の前で戦争による解決ということを述べたと言うことは、日本以外の米国であれ他のどの国であれ、国を代表する立場の人間としての言動として全く許されるものではありません。戦争による解決を相手国の前で叫んだのですから、これ以上危険な言動はありませんし、普通ならどこの国でも即刻議員辞職の案件です。当然、今国会中に最低でも穂高氏に対して議員辞職勧告決議は可決されるべきことでしょう。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年5月1日 20時52分
新天皇陛下のご即位を心よりお慶び申し上げます
 
本日は朝から新天皇陛下のご即位とお姿、新皇后陛下のお姿がテレビでずっと放映されていました。晴れ渡る中、テレビに映し出された剣璽等承継の儀のために皇居に向われる新天皇陛下のお姿、そして即位後朝見の儀のために皇居に向われる新皇后陛下のお姿を拝見し、ただただ心から、おめでたい、本当に良かったと存じました。

「新天皇陛下、最初のお言葉 『常に国民を思い、国民に寄り添う』(全文)」(2019年5月1日 ハフポスト)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年4月30日 21時4分
本当にありがとうございました
 
平成の御代の最後の本日、その時代を振り返れば、やはり平成の御代に対して深い感謝の念しかございません。

「陛下が最後のおことば『国民に心から感謝』 退位の儀式」(2019年4月30日 朝日新聞)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年4月22日 22時7分
最も注目すべき選挙結果とは?
 
統一地方選挙後半戦や注目された衆院補選が終了しました。衆院補選に関して、自民党の二敗と評価されていますが、果たしてそうなのでしょうか? 確かに自民党にとっては二敗ですが、厳密に言えば、安倍政権にとっては一勝一敗なのではないかと考えます。つまり二敗と一勝一敗と立ち位置によって評価が異なるのは、政界の将来の動きにおいて、既に新たな状況が出現してることを示しています。
統一地方選については、まだ分析が終わっていませんが、票の流れが変っているのではないかと考えます。地域によっても違いがあるので、一概には言えませんが、投票と受け皿ということにおいて、新しい状況が出現してるように考えます。その中で今回、立場を強くしているのは共産党と考えます。
株価は高いが経済は明らかに悪いと言うことをかなりの人が実生活の場面として感じてると思います。それだけでなく、国政における安倍政権の政治手法に疑問を感じる向きも日増しに増えています。これは減ることがありません。
黒田日銀総裁が日銀のETF購入を株価安定のためと思わずいってしまい、物価目標実現のためと言い直しました。しかし、そのどちらの発言も実生活に何のプラスもない、むしろ収入が増えないなかで物価があがってもらっては困ると思う人が現実に増えていると考えます。経済の先行きに希望が持てないし、実際、良くない。黒田日銀総裁の物価目標実現のためのETF購入という言葉から言えるのは、もはや株高は庶民生活の明らかな敵となっているということです。それは株価が上がれば物価が上がり、それが収入増、可処分所得が増えない中で起るのですから当然でしょう。このことはいずれ言われるでしょう。
このような目茶苦茶な金融政策やアベノミクスなどの経済政策に対して、切り込めるのは共産党だけという側面が強くなっていると考えます。立憲民主党もイメージとしてそのような方向性がまだあるとしても、イメージであって実感はないというところに行きつつあります。
保守系の票は、様々に分散の方向性が出てきていて、それは上述の衆院補選にも言えるでしょう。このように観ると票の流れにおいて共産党が強くなっているものと考えます。これはかすかな徴候かもしれませんが、その徴候は現在の安倍政権がつくりだしている構造が主因なので、今後、この新たな方向性は大きくなっていく可能性は高いと考えます。構造的なものですから、こちらの方向性に動きに主点が移っていると言えます。そして、保守が分散してるという状況がすでに生じ始めていると考えます。

ただ、本当の意味で大変にインパクトがある選挙結果は、以下のものなのです。そしてこのことは、本ブログ「本当のポイントは経団連そのものではないのか?」(2019年4月22日)に繋がっていくのです。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年4月22日 18時28分
本当のポイントは経団連そのものではないのか?
 
経団連の中西会長が、終身雇用を続けていくことが難しいと述べたと以下のように報じられています。
ただ、この記事を見て、本質的なポイントは終身雇用ではなく、経団連こそが時代の趨勢において既に役割を終えた存在ということではないかと考えます。むしろ、経団連の存在自体が、日本経済の足枷になっているということが実相ではないかと考えます。だからこそ、実はこれまで経団連を中心に回ってきた日本の経済は、新しい方向性をその存在抜きに、本当の経世済民を考えて行かなくてはならない時期がすでに始まっていると考えます。このことの本因は時代の転換です。この終身雇用発言はその時代遅れとなり、今や日本の足枷となっている経団連の生き残りこそがその本質と考えます。

「経団連会長“終身雇用を続けるのは難しい”」(2019年4月19日 日本テレビ)
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の10件
フリースペース
フリースペース
フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 199755
今日のアクセス: 126
昨日のアクセス: 168

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved