ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2019年08月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリ
全て (683)
日本の政治 (618)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
最近の記事
09/22 23:25 最大の効率にして最大のダイナミズム
09/21 00:56 日本は確実に亡びると確信した記事
09/20 01:40 サウジ石油生産施設への破壊行為で浮び上がる日本でのポイント
09/19 23:55 無責任体制、日本
09/18 23:56 誰の得になるのか? そこがポイントで、その意図は一目瞭然
09/11 05:48 東アジアの歴史的分岐点――選択すべき方向は決まっている
09/11 05:23 東アジアの歴史的分岐点――選択すべき方向は決まっている
09/03 05:55 消費税増税をしたけれど失敗した国・日本
09/02 23:55 ディバイド・アンド・ルール(分断統治)
09/01 05:49 問題なのは思考
ブログ内検索

RSS
2019年8月10日 23時55分
問題なのは最低賃金の格差ではない
 
8月5日に日本経済新聞が報じた下記の記事は、2018年の実質賃金について、厚労省の発表では前年比0.2%増であるのに対して、衆議院調査局が行った予備的調査では前年比0.4%マイナスであったことが報じられています。衆議院調査局がこの調査を行ったのは、厚労省による毎月勤労統計の不正問題を巡り、立憲民主党など野党5党派が5月に同一事業所のみを比較した実質賃金を算出するよう求めていたことによります。

「18年の実質賃金、0.4%のマイナス 衆院調査局」(2019年8月5日 日本経済新聞)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年8月9日 10時55分
現在の実相
 
昨日の本ブログ「現在の実相 廖複横娃隠糠8月8日)の続きです。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (2)] [トラックバック (0)]



2019年8月8日 23時51分
現在の実相
 
財務省の発表によると、今年上半期の貿易収支が前年同月比で87.4%マイナスとなっています。明らかに日本の状況を示してています。昨日の「食料自給率――構造転換の必要性」(2019年8月8月7日)の続きとして、現在の実相を観ていきましょう。

「上半期経常黒字、10.4兆円 貿易収支は大幅悪化」(2019年8月8日 共同通信)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年8月7日 23時56分
食料自給率――構造転換の必要性
 
日本の食料自給率の低さは今に始まったことではありませんが、以下の共同通信の記事では、食料自給率(カロリーベース)が過去最低を記録したと報じています。

「食料自給率、過去最低の37% 18年度、小麦・大豆が減少」(2019年8月6日 共同通信)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]






2019年8月5日 23時51分
構造的な問題を解決しない限り復活はない
 
本ブログ「残された切り札は少ない」(2019年8月3日)では、メガバンクなど様々な大手企業のリストラを書きました。取り上げたメガバンクでのリストラとともに、ATM相互解放ということを観ると、力を落としているメガバンクが、提携関係を強化して生き残りをはかっていると考えるのが正しいと考えます。そこにはかつてのメガバンクの面影はすでにありませんし、ATM相互解放という表現も、言葉づかいの問題と考えます。
8月3日のブログでは以下のように書きました。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年8月4日 23時58分
批判される理由
 
国民民主党代表の玉木氏の発言が報じられていますが、同氏は政治家として国民と正面から向き合うことと、憲法について正面から議論することと、どちらを重視するのでしょうか?

「国民 玉木代表 改憲議論に前向きな姿勢強調 党独自の見解も」(2019年8月3日 NHK)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年8月3日 23時56分
残された切り札は少ない
 
安倍首相が、リーマンショック級のことは起らないとの見解を示し、予定通り消費増税をすることを説明したと8月1日の時事通信が報じています。

「安倍首相『リーマン級発生せず』=消費税増税、予定通り」(2019年8月1日 時事通信)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年8月2日 23時59分
根拠薄弱
 
8月2日、タイのバンコクで開かれた日米韓の外相会談で、対立が深まる日韓関係に対して、米国から仲介案は「示されなかった」と、下記のTBSの記事などは報じています。しかし、仲介案が「示されなかった」というのは、誤解を招く表現ではないでしょうか?

「日米韓外相会談、米から『具体的仲介案』示されず」(2019年8月2日 TBS)

「米、日韓に関係改善促す 3カ国外相会談」(2019年8月2日 共同通信)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年8月1日 23時53分
自ら危機をつくり出すことを忘れている
 
安倍首相は、リーマンショック級のことは起らないとの見解を示し、予定通り消費増税をすることを説明したと報じられています。

「安倍首相『リーマン級発生せず』=消費税増税、予定通り」(2019年8月1日 時事通信)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の10件
フリースペース
フリースペース
フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 205475
今日のアクセス: 179
昨日のアクセス: 140

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved