このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
「不思議すぎる話」を当たり前のように毎日お伝えしている当ブログですが・・・
[人間の本質]
2014年2月3日 22時17分の記事

この「不思議すぎる話」というのは、谷村新司さんが最近出された本の題名で、「谷村新司の不思議すぎる話」というものです。
昨日、この本を読んで、「不思議すぎる話」を当たり前のように毎日記事にしている私ですが、非常に面白かったので一気に読んでしまいました。
その面白い内容の一部を紹介します。


【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


この本を知ったのは、「くる天」の方の「ピュア・インスピレーション」の読者さんからのコメントからです。
以下のものです。

「2. haru 2014年2月2日 10時33分 [返信する]
昨日本屋で「谷村新司の不思議な話」という新著が目立つところに平置きされていました。

谷村さんの「昴」が自動書記のように作られたのは知っていましたが、プレアデスからのチャネリングを直接受けるようになったのは創作後だったそうです。

谷村さんが言うには、昴は財の星。
ゆえに「さらば昴よ」という歌詞は、物質社会との決別を意味することばだったと。

>私たちはこのメッセージに
>「光」の種を植えているのです。
>本を書く人が大勢出てくるでしょう。
この本の刊行は1/30。
全国区で有名なアーティストが堂々とカミングアウトしたことで、大きな流れが起こるといいですねぇ。」


というコメントをいただきました。


私は谷村新司さんの歌は好きですので良く歌っています。
そして「昴」は、宇宙から伝えられた詩なのでは、と思っていました。
それは、通常の発想からはなかなか出てこない詩であると感じていたからです。
この本を読んで、やはり、宇宙から伝えられた詩であることが分かりました。

谷村さんの作詞作曲の手法は、ほとんど「インスピレーション」によるものだそうです。
この「昴」を作った時は、まさに、その典型的なものであったようで、ご本人も、この詩の意味が分からないままに書き綴ったそうです。

「『昴』の場合、メロディと歌詞が同時に、そして極めて鮮明にやってきました。
長いミュージシャン生活で、後にも先にも『昴』ほど鮮明なイメージが一挙に降りて来た経験はありません。
「ん?『さらば昴』って何?」と歌詞の意味もわからないまま、手が自然に動いて歌詞を書き留めたのです。」

「そして『昴』がやってきたのは、なんと引っ越しの最中でした。
引っ越し会社のスタッフたちと必死に荷造りをしていて、うちの中は荷物を詰めた段ボールでいっぱいという慌ただしい状況下で、突然メロディーと歌詞が同時に降りて来たのです!」

とのことです。

そして、20数年たって57歳の時に『昴』との不思議な出会いがあったそうです。
真夜中に『昴』について考えてみたいと思い、「プレアデス星団」というキーワードでネット検索すると、「プレアデスからのメッセージ」というサイトを見つけ、その膨大なテキストを読み進め最後の所で、「我々からのメッセージは、すべてこの歌詞に込められています」となっており、そこに私が書いた『昴』の歌詞が掲載されていたそうです。
この時に思わず鳥肌が立ったそうです。
そして、夜更けだったのでブックマークを付けて翌日に見ようと床につき、翌朝に検索しましたが、そのサイトは削除されていたそうです。

「この奇妙な出会いは「『昴』についてもっと勉強しなさい」という暗示だと思い、私は改めて『昴』と向き合うことにしました。」

とのことです。

そしてその2年後、中国での各地の公演の途上のあるホテルで・・・
「突然頭の中で声が聞こえてきました。日本語で「これからダイレクトですよ」と言われたのです。」

「プレアデス星団からの問いかけは、性別や国籍を超えたフラットなトーン。
私の頭の中で鳴り響くだけで、もし隣に座っていたとしても、私以外の人には聞き取れません。問いかけに対する私の返答も、言葉に出すことなく、頭の中で行っています。」

「それから彼らは私の問いに何でも答えてくれるようになりました。」

とのことです。

へぇーーー
谷村新司さんは数年前に「プレアデス星団」のチャネラーになっていたようです。

そして、さらに『昴』を巡る谷村さんの旅が始まったとのことです。

「「さらば昴よ」というフレーズに込められた本当の意味とは?」
これは「haru」さんのコメントにありましたように・・・

「もしも昴が「財の星」だとしたら、現代風に言うならばそれはまさしく物質文明のシンボル。その「昴」に「さらば」と告げるのは、物質文明にサヨナラを告げようという意味に他ならないのです。」

とのことです。


そして、「ガンジス河のほとりで「昴」が伝えるべき啓示を得る」のところでは・・・

「雨粒がもたらした衝撃が収まった頃、深呼吸をしてから生と死をあわせ飲むガンジス河に向き直り「昴」をアカペラで歌いはじめた瞬間、この歌で伝えたかった物語がありありと見えてきました。
それがすでにお話ししてきた「さらば昴よ」が意味すること。
目に見えるモノだけに縛られる物質的な生き方に別れを告げ、目に見えないモノを大事にする精神的に豊かな生活を選ぼうという隠れたメッセージだったのです。

同時にそのとき、「昴」の冒頭にある「目を閉じて 何も見えず」というフレーズの真意もわかってきました。
普通に考えると、目を閉じたら、何も見えないのは当たり前です。
でも、その感覚がすでに物質文明に毒されている証拠。
目に見えないモノをきちんと見ようとする姿勢があるならば、目を閉じてから、見えてくる景色があります。

それは「故郷の景色」だったり、「両親や兄弟の顔」だったりしますが、それがその人の原風景なのです。
その景色こそ、目に見えるモノだけに囚われない、新しい生き方のヒントが隠れています。
それを「目を閉じて 何も見えず」という歌詞は暗示していたのです」

と。
昨日、私が書いた記事のようなことを言われていますね。
長くなりましたが、もう一つだけ紹介します。

「「蒼白き頬のままで」というナゾの歌詞が意味しているモノとは?」の所で・・・

「世界が終ろうとするとき、いまの古い世界を破壊して次の新しい世界の創造に備えるのが、シヴァの役割。
つまりシヴァは「再生のための、破壊の神」なのです。
「我は行く 蒼白き頬のままで」というのは、「目に見えないモノを大切にする」という新しい価値観に基づいた世界を作り上げるために、「目に見えるモノしか信じない」という古い価値観に基づいた世界を、シヴァの精神に則って一度壊してみようという宣言だったのです。

1番の歌詞の中ごろには、次のようなフレーズが出てきます。
「ああ 砕け散る宿命の星たちよ せめて密やかに この身を照らせよ」
それに呼応するように、2番には次のような歌詞があります。
「ああ さんざめく 名も無き星たちよ せめて鮮やかに その見を終われよ」
このフレーズでいう、「星」とはひとのこと。
「砕け散る」というのは、新しい価値観を創造するための破壊を指しています。
そして「せめて鮮やかに その身を終われよ」と告げているのです。」

とのことです。

まだまだ、興味深い面白い話が満載です。
そして、谷村さんはスーパーアーティストと言われるだけに、猛烈な勉強家です。
このわずか221ページの本を書くための参考文献として70数冊が載っています。
そして、その分野も歴史から量子力学まで多岐にわたっています。

天才や発明家、芸術家、音楽家などは「インスピーレーション」で素晴らしいものを作り出しているということは何度も記事にしてきましたが、谷村新司さんは、その典型的な方であるようです。
そして「インスピレーション」から「チャネラー」に成長されているようです。

私のような一般人がブログで「不思議すぎる話」を毎日書いても、社会的なリスクはほとんどありません。
しかし、谷村新司さんのようなスーパーアーティストが「不思議すぎる話」を書けば、その社会的なリスクは大きいと思われます。
「あの人最近ちょと頭がおかしくなったのでは?」と思われるリスクは当然あります。
このことを恐れて、谷村さんのような経験があっても黙して語らずという有名人も多くいるのではと思っています。

しかし、そのリスクを恐れず、厭わず、堂々と本に書かれたことの意味は大きいと思います。
これから、谷村さんに続いて多くの有名人が書き始めることを期待したいものです。
それにより、まだ眠っている多くの人々が目覚め始めるかもしれません。


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(新着順)
1. 桜子 2014年4月5日 0時43分 [返信する]
谷村のファンです。しかし、昴は石川啄木の悲しき玩具の詞が引用されてると新聞に叩かれかけたときに、啄木の身内のかたが埋もれてた詩が谷村さんによって聞いて貰えたのは良かった事とコメントされてました。谷村も素敵な言葉があればメモをとります。何処かに自分の中に残ってたのかもしれないと肯定も否定もしなかったです。谷村命と言っていた私はみんなからつつかれましたけど。でも素敵な人生のうたにはかわりありませんよね!(^o^)v

 

2. Сознательность 2014年2月8日 17時21分 [返信する]
【取り急ぎ用件まで…】

<私は谷村新司さんの歌は好きですので
 良く歌っています。
 そして「昴」は、宇宙から伝えられた
 詩なのでは、と思っていました。
 それは、通常の発想からはなかなか
 出てこない詩であると感じていたからで  す。

 この本を読んで、やはり、宇宙から
 伝えられた詩であることが分かりました。


谷村さんの本は知りませんが、「すばる」
に関しては、とんでもない衝撃の事実を
発見しましたので、とりあえず用件まで。

http://hexagon.inri.client.jp/floorA3F_hb/a3fhb301.html

詳細は本文に譲りますが、終戦直後に
GHQが徹底して梵書に指定した文献が、
その措置を受ける前に100万刷も増刷
されていたということこそ…?

「すべてを物語っている」、のでは
ないのですかね?

原発を破壊して放射能塗れにしてでも
日本人をこの地球から抹殺した真の
理由…。

星々にその起源があるんです。
そして、この国は、この地上に対して
奇跡の統治を行える国なんです。

みなさん、頑張ってください!
決して怯まないでください!

そしてこのリンクを精読してください。




 

3. haru 2014年2月4日 21時34分 [返信する]
「谷村新司の不思議すぎる話」でしたね。最初の投稿で本のタイトルを間違えていました。
ワイドショーあたりで取り上げてもいいのに今のところスルーですねえ。

本の感想などを検索していたなかで出てきた
旧約聖書「ヨブ記」第38章31節
「あなたは、プレアデスの鎖を結ぶことができるか。 オリオンの綱を解くことができるか。」
という言葉に興味を持ちました。

いろんな解釈があるようですが、
プレアデスの鎖は、人類のDNAを指している気がします。

 

4. 自分自身 2014年2月4日 10時33分 [返信する]
アリスから聴いているチンペイさん。
当時でも、昴はスーッと入って来ました。
この2月。新しき誕生を望みます。

 

5. もりのみどり 2014年2月4日 3時40分 [返信する]
谷村新司さんのおかげで、人々の目覚めがさらに加速するかもしれませんね。

ユーチューブで、谷村さんの「昴」を改めて聞いてみました。
まさに私たちライトワーカーのための歌だったのですね。なぜか涙が出てきました。

心が傷だらけになったこともありました。
それでも先駆者として道なき道を切り開いてきました。
“嗚呼いつの日か誰かがこの道を”進んでくれることを願って…。

それが報われる時代がやっと来たようです。

素敵な記事をありがとうございました。

 

6. わたし 2014年2月3日 22時34分 [返信する]
素晴らしいですね。やっと、こういう時代が来たのですね。素晴らしいです。おめでとう。

 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


くる天
最近の記事
01/28 16:26 貴方の意識が覚醒してゆくと、それと同じように五感も敏感に覚醒してゆくようになります!
01/19 12:06 超感覚的能力を高めるには、瞑想したり沈思黙考するだけでなく、沈黙することが極めて大切です!
01/01 22:53 ”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!
12/29 22:51 高波動の愛の波動に”気がつく心”を育ててゆきましょう;そして、高みへ向けて一緒に歩んでゆきましょう!
12/16 22:25 2016年のエネルギーは、社会のあらゆるレベルで大きな転換が起こるエネルギーになります!
12/12 01:15 悩める人達は皆、自分を愛せてはいません信頼もしていません;それはつまり、宇宙と繋がってない事になります!
11/30 22:04 多くの人達は2015年12月21日〜12月26日の間のいつの日にかに、自分の中で光の爆発を経験するでしょう!
11/25 22:34 シフトの時期に生まれでた私達は、この古いサイクルを壊して新しいサイクルを創る目的を持っています!
11/22 23:49 私たちのこの意識が自ら気づき、その制限を取り払い解放すると、何故?波動が上がるのでしょうか?
11/21 22:08 私たちのこの意識の素晴らしさ、その現実と真実を知り日々「感謝」しながら暮らして行きましょう!
最近のコメント
自己実現から自己超越へ!;「和の成功法則」;五次元へワープしよう!(川原光#57917)
背中から強烈なエネルギーが入ってきました!:「瞑想」の勧め!(あかね)
”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!(ニジノヒト)
”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!(yuji-t)
私たちの大半はアセンション(次元上昇)するのではなく、この意識が高次元意識と繋がり「地上で暮らす神」となるようです!(mannma)
世界のカバールメンバー1万人の逮捕?:本当に実現するのか?:しかし、時期は熟しているかも(中山城治)
間もなく、あなたはハイアーセルフと一緒になります、そして創造主と繋がり始めます!(9月28日ですって!)
現在もアメリカの所有者はヴァチカン?:アメリカ各州の独立はヴァチカンから?(美しい私の記憶)
真の多次元自己の形成には、まず「ハイアーセルフ」に繋がることです(hamagong)
自己疑念、それはあなたが体験しているこの変化しつつある世界においては、極めて危険なものです!(nyan)
カレンダー
<<2014年02月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
カテゴリ
全て (1354)
人間の本質 (501)
宇宙 (201)
アセンション・テレポテーション (429)
未来 (69)
世界情勢 (92)
日本 (28)
金融経済 (11)
その他 (6)
ブログ内検索

携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
RSS
プロフィール
勝寛舟 さん
ピュア・インスピレーション
地域:徳島県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
人類の新しい旅立ちを目指して、洗脳の殻を破り、宇宙の法則に近づくため純粋な直感を育てましょう!
アクセス数
総アクセス数: 2366620
今日のアクセス: 92
昨日のアクセス: 185

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved