ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2015年11月15日 0時5分
後ろ向きに生きる人、まだ来ぬ未来を心配する人、その誰もが”今”という一番重要なポイントにいません!
 
「”今”を感じる一番手っ取り早い波動は、”感謝”の波動であると、バシャールは話します。
感謝の波動は”無条件の愛”の中でも最高に高い波動であり、貴方を”今”へと引寄せる波動でもあるのです。」との「バシャール:前進」より。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本] [コメント (0)]




2015年6月4日 23時7分
目覚めるのは人類全てなのか?或はその一部なのか?;そして日本人の役割とは?
 
この宇宙は多次元です。
地球も多次元体です。
そして、私たちも多次元体です。
そうであれば、人類の全ては多次元体であるということになります。
この構造は人によって異なるものでは無く変わらないものであると思います。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本] [コメント (1)]




2015年5月26日 23時29分
私たちは、この意識(自覚的意識)で私たちの多次元意識と融合し一体となる大仕事を成し遂げようとしています!
 
そして、このことは、このサブ宇宙(物質宇宙)の創生以前から計画されていたことであるのではと前記事でお伝えしました。
このことは、この多次元宇宙の仕組みを根底から変える奇跡的なことであるともお伝えしました。
その先駆けとなるのが、私たちのこの意識での私たちの多次元意識との融合であり一体化です。
その奇跡を行うのが私たちです!
[続きを読む]
[カテゴリ:日本] [コメント (0)]




2014年12月17日 23時51分
南京大虐殺は共産党軍による南京市民大虐殺のすり替えであり;従軍慰安婦問題は嘘のでっち上げ!
 
しかし、これらの大嘘を中国と韓国の元首が堂々と自国民や外国に対して宣言しているのですから、結局、彼らも狂った連中に支配されているということなのでしょう。
もちろん、「スピリチュアル情報」などから人類の将来を真摯に見出そうとされている皆さんは、これらのことが大嘘であることを知っていると思います。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本] [コメント (0)]




2014年12月4日 0時12分
この宇宙の創造に関わった「古い魂」を持ったものが「日本語脳」で「言霊」を発する役目を担っている???
 
皆さんにお伝えしなければと思える「スピリチュアル情報」が今日も無いので、私が感じたり想ったりしていることを書きます。
いつもの私の大妄想が含まれていますので楽しんでいただければと思っています。
そして「日本を自由にするために古代の隠されたひとつの渦を復活する」との情報も伝えられています。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本] [コメント (2)]




2014年12月3日 0時23分
日本語をしゃべる日本人は脳構造上「空」になるのが得意!;その高い次元状態から「言霊」を発し現実化する!
 
人間は全て、元々、高次元意識に繋がる能力を備えており、睡眠時やぼーとしている時にその域に達しており、その体験を何時もしているが、課題は高次元に繋がろうという意識を持って繋がることが出来るかどうかである。
ということを前回記事に書きました。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本] [コメント (0)]




2014年11月30日 18時43分
解散総選挙は、国民VS官僚&マスコミ(その背後の連中)の戦いです!
 
そうであることを読者のみんなさんは充分に認識されていると思います。
そしてこのような戦いは日本の近代史上ではあまり無かったのではと思います。
表向き、「消費税増税の延伸を国民に問う」と言うことになっていますが、しかし、このことですら「大義なき解散」というようにしてマスコミと野党の一部が隠そうとしています。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本] [コメント (2)]




2014年9月5日 0時11分
思へばこの世は常の住み家にあらず;草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし;目覚めよ日本人!
 
「金谷に花を詠じ、榮花は先立つて無常の風に誘はるる
南楼の月を弄ぶ輩も月に先立つて有為の雲にかくれり
人間五十年、化天[1][2]のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか
これを菩提の種と思ひ定めざらんは、口惜しかりき次第ぞ」との「敦盛 (幸若舞) ウィキペディア」より。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本] [コメント (0)]




2013年11月21日 23時21分
日本人よ目覚めよ! なぜ私たちは今このような時代に存在するのか?
 
この表題は、旧ブログ「美しい地球と伴に」の2年前の記事に用いたものです。
しかし、昨日の記事「われわれが人類の自由のために、一緒に何ができるかを問うてほしい」とのケネディ大統領の志を継いだキャロライン・ケネディ大使が日本人を代表する天皇陛下と握手することで、その志が日本に繋がった。
それを受けて、私たち日本人が目覚める時が来たのでは、この大きなパラダイムシフトが始った、今、必然として起きたことなのでは、と思っています。

[続きを読む]
[カテゴリ:日本] [コメント (5)]




2013年7月14日 0時11分
地球上の真のエデンの園は、あなた方が日本と呼ぶ神聖な場所にあり、あなた方にとって非常に深遠であることが私たちにはわかりますが・・・
 
「エデンはエネルギー的な場所であり、この神聖な寺院はエーテル的でもあったのですから、この時点でこれをあなた方に明らかにすることが適切なのです。

あなた方はそれを除外することがなかったので、文化及び人々としてこれに対する理解を得るための準備が単純に出来ていなかったのです。
日本の美はそこに旅をしたことがある人にとっては絶対的なものであり、ヒーリングエネルギーと、そこにある強力なハートチャクラの効果を感じました。」との「プレアデス」さんからのメッセージです。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本] [コメント (0)]





  次の10件
くる天
最近の記事
01/28 16:26 貴方の意識が覚醒してゆくと、それと同じように五感も敏感に覚醒してゆくようになります!
01/19 12:06 超感覚的能力を高めるには、瞑想したり沈思黙考するだけでなく、沈黙することが極めて大切です!
01/01 22:53 ”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!
12/29 22:51 高波動の愛の波動に”気がつく心”を育ててゆきましょう;そして、高みへ向けて一緒に歩んでゆきましょう!
12/16 22:25 2016年のエネルギーは、社会のあらゆるレベルで大きな転換が起こるエネルギーになります!
12/12 01:15 悩める人達は皆、自分を愛せてはいません信頼もしていません;それはつまり、宇宙と繋がってない事になります!
11/30 22:04 多くの人達は2015年12月21日〜12月26日の間のいつの日にかに、自分の中で光の爆発を経験するでしょう!
11/25 22:34 シフトの時期に生まれでた私達は、この古いサイクルを壊して新しいサイクルを創る目的を持っています!
11/22 23:49 私たちのこの意識が自ら気づき、その制限を取り払い解放すると、何故?波動が上がるのでしょうか?
11/21 22:08 私たちのこの意識の素晴らしさ、その現実と真実を知り日々「感謝」しながら暮らして行きましょう!
最近のコメント
自己実現から自己超越へ!;「和の成功法則」;五次元へワープしよう!(川原光#57917)
背中から強烈なエネルギーが入ってきました!:「瞑想」の勧め!(あかね)
”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!(ニジノヒト)
”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!(yuji-t)
私たちの大半はアセンション(次元上昇)するのではなく、この意識が高次元意識と繋がり「地上で暮らす神」となるようです!(mannma)
世界のカバールメンバー1万人の逮捕?:本当に実現するのか?:しかし、時期は熟しているかも(中山城治)
間もなく、あなたはハイアーセルフと一緒になります、そして創造主と繋がり始めます!(9月28日ですって!)
現在もアメリカの所有者はヴァチカン?:アメリカ各州の独立はヴァチカンから?(美しい私の記憶)
真の多次元自己の形成には、まず「ハイアーセルフ」に繋がることです(hamagong)
自己疑念、それはあなたが体験しているこの変化しつつある世界においては、極めて危険なものです!(nyan)
カレンダー
<<2020年06月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
カテゴリ
全て (1354)
人間の本質 (501)
宇宙 (201)
アセンション・テレポテーション (429)
未来 (69)
世界情勢 (92)
日本 (28)
金融経済 (11)
その他 (6)
ブログ内検索

携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
RSS
プロフィール
勝寛舟 さん
ピュア・インスピレーション
地域:徳島県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
人類の新しい旅立ちを目指して、洗脳の殻を破り、宇宙の法則に近づくため純粋な直感を育てましょう!
アクセス数
総アクセス数: 2278891
今日のアクセス: 63
昨日のアクセス: 88

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved