このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
qg2sghp さん
古い着物を買取サービスでリサイクル
地域:京都府
性別:女性
ジャンル:美容・健康 ファッション・ブランド
ブログの説明:
七五三や成人式の振袖など、着ることのなくなった古い着物を買取サービスで現金に換えました(^◇^)
カテゴリ
全て (10)
アクセス数
総アクセス数: 2528
今日のアクセス: 1
昨日のアクセス: 0
RSS
リンク
和服・着物の買取価格相場
祖母の形見の古い着物がたくさん見つかりました。
 
2015年9月30日 19時6分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


仕立ができる祖母がいたせいか、古い着物や袖を通したことのない着物が、うちの納戸には山ほど保管されていました。


中には保存状態があまり良くないものも混じっていましたが、それなりの値段がついたので良かったです。なんでも昨今は、正体のわかっているシミ程度なら会社お抱えの染み抜き専門家が対応するそうで、買い取るパターンのほうが多いそうです。
とはいえ、査定額はそれなりです。



でも自分でシミ抜きする手間を考えたら気楽ですね。

自宅をリフォームすることになり、ためこんでいたものを整理していると仕立てる前の反物が見つかりました。

奥に隠れていた割には、きれいに保管されており目立った傷みもなく買ったときとほとんど変わらないでしょう。

ネットで着物買取業者のサイトを調べてみると、多くは反物も買い取っていることがわかりました。
今後もこの反物を使うことはなさそうなので、次に必要とする人のために、手放した方がいいと思いました。かさばる着物をなんとかしたいと考えていても、処分先をどうするか考えこんでしまって放置している人もいらっしゃるでしょう。それならネットの和服買取業者を利用すると一気に悩みが解消できると思います。ネットで査定・買取依頼をすると、着物を送るときの宅配便代や手数料がタダになるところもあるようです。


元が高額な着物の場合は、品物と相場の両方がわかる査定士さんがいる店を選ぶことが大事なポイントです。私の友達が、亡くなったおばあさんから譲り受けた着物があるけど、自分では着ないので、業者に買い取ってもらおうかといろいろな人に聞いていました。

ものはいいそうですが、すれたりほつれたりもあるようで査定しても値がつかないかもしれないとあれこれ心配しています。


そうですよね。



次に売れるものを買い取るわけだし、できるだけ新品に近い、傷みのない着物を買い取るのが当たり前ですよね。何人かの話を聞いて、友達は買取をもういいと思ったようです。中古着物がブームのせいか、和服専門の買取業者の広告をよく見かけるようになりました。箪笥の肥やし状態で放っておくと、きちんと管理しているつもりでも、わずかに残った皮脂汚れでシミが浮いたりして着物本来の値打ちが下がってしまいます。
大事に保管してきたものは意外な高値になる場合もあるので、思い立ったが吉日で早めに査定を受け、買い取りしてもらったほうがいいでしょう。
持っているけれど着ない着物はうちにもあって、買い取りしてくれるお店まで持って行くのも面倒で、手間をかけて持ち込んでも、それに見合った買い取りをしてくれるのか自分で調べる余裕もなく全く動けないままでした。店舗への持ち込みだけでなく、宅配で買い取りできるお店もちょっと探せばあるようです。ネットなどで口コミや評価を調べ、できるだけ多くの人が高く評価するところをじっくり探していきます。

自分が以前から、大事にしている織り着物がありましたが折々の手入れも欠かさず、大事に保管していましたが、洋服しか着ない毎日ですし、この先、その着物を着る機会がないと気づき思い切って処分しようかと迷いました。
ネットで「着物 買取」と検索したら、着物買取専門の業者もあることがわかりました。ゴミとして捨てるのは辛いし、他の誰かに着てもらえれば人の役に立てると考えていつ、どこに売るかを検討しはじめました。



着物専門の買取業者さんというと、宅配便を利用するのが最近では珍しくないようなので、自分も結婚前に仕立てたものなどを引き取ってもらおうと思っています。
サイズが合わないから着ないだけで、元は高級な品ですから、できるだけ信頼できる業者さんにお願いしたいですね。古物商の認可が必要らしいので、とりあえずそれを確認してから問い合わせしてみようと思います。
着ない着物を買い取り出すつもりでいたら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。
新しくて着ずれ感がない着物などが良い値段がつき、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、元が良い着物でも査定額は落ち、買い取ってくれなかったりすることもあるようでした。
シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。

質屋では以前は和服の取扱いが一般的でしたが、いまは扱わない店も増えていますから、あらかじめ持ち込む前に聞いたほうが良いですね。買取なら、中古着物専門の業者のほうが、プロの目で査定してもらえ高値がつきやすいので、そちらの利用を考えてみてはどうでしょう。
どこにあるか知らなくても、ウェブ検索で見つけられます。
手間をかけるだけの価値はあると思います。形見分けなど、着物の処分も量がまとまると、思いの外いい値段で売れるかもしれません。確定申告は必要なのか、気になるところです。

普通、着物は生活必需品とみなされ、その譲渡には課税されないのが普通ですが、美術工芸品とみなされる場合は課税されることもあり、税法上も案外複雑です。不安を取り除くためには後から申告漏れで追及されるのは誰でも嫌なので、時間を作って税務署の相談窓口に問い合わせましょう。最近多い和服の買取で、いくつかのトラブルが報告されているので、査定依頼するときは注意しましょう。



トラブル例を挙げると、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、アポ無しで来て、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例があるようです。
悪質なごく一部の業者とはいえ、怖いですね。警察に古物商の届出を出しているような業者なら、このような行為は無縁でしょう。
要らなくなって場所をとるばかりの和服の処分に困っている人は少なくないでしょう。



ただ、最近はネットで和服買取をする業者が増えてきて、ネットや電話一本で査定依頼できるようです。

ずっと寝かせていた着物類ですが、着る人がいてこそ活きてくるとは思いませんか。査定料や相談料が無料の業者さんも多く、宅配便も利用できるなど昔よりだいぶ便利になっています。
それに、丁寧に保管していたものは意外と良いお値段になることもあるようです。着物の買取ではじめに突き当たる壁、それはどの業者を選べばいいのか、何を判断材料にしたらいいか、です。
今は、ネットで全国の業者を探すことができ、宅配で買い取ってもらえるので決め手がなければ選べないでしょう。

着物の買取を行う町の古着屋もたくさんありますが、ある程度着物としての価値があれば、着物買取の専門店に持ち込んだ方がいいのです。専門店ならば、着物の価値を十分知っている鑑定人が見てくれるので価値を十分に評価してもらえるでしょう。タンスの肥やしになっている着物を、高く買い取ってもらえれば片付けもでき、お金にもなってありがたいですよね。
新品に近い見た目であれば、高く買い取ってもらえる期待も持てます。
加えて人気の柄だったり、素材が良かったり、ブランド品だったりすると査定価格にびっくりすることもあるかもしれません。



反物の状態であっても大抵の業者では買い取ってくれます。仕立てる予定のない反物も無料査定や相談を利用してみてください。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/kimonor/337799

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved