このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
qg2sghp さん
古い着物を買取サービスでリサイクル
地域:京都府
性別:女性
ジャンル:美容・健康 ファッション・ブランド
ブログの説明:
七五三や成人式の振袖など、着ることのなくなった古い着物を買取サービスで現金に換えました(^◇^)
カテゴリ
全て (10)
アクセス数
総アクセス数: 2522
今日のアクセス: 1
昨日のアクセス: 1
RSS
リンク
和服・着物の買取価格相場
着物の買取価格は妥当でしょうか?
 
2015年10月2日 19時39分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


大切な着物を処分するときは、元の価格を考えたら、それなりに信頼できる業者さんにお願いしないと、相場より低い価格で、損をしてしまうこともあります。よくトラブルで耳にするのは、不当な安値での買取りが一番多いです。また、宅配査定関係も増えました。

対面と違って「入れた・入れていない」の押し問答になりますね。

最初にウェブ上で業者の評判をチェックし、査定依頼すると良いでしょう。



それと、封入前に着物の写真を撮っておくと、良いかもしれません。発送伝票も大切に保存しておいてください。
思い入れのある織り着物を持っていたのですが、大切な着物としてきちんと保管していましたが、いつも洋服の生活ですからこの先、その着物を着る機会がないと気づきいろいろ考えた末、処分しようと決心しました。ネットやタウンページで調べたところ、着物買取専門の業者もあることがわかりました。誰か着てくれる人がいるなら大事な着物を生かせると思い、思い切って売ろうと決めました。

着物の宅配買取は、多くの業者が無料で行っていますができるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのは多くの着物についてくる反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。
リサイクルショップに家電を売るときと同じく、品質を示すためにこうしたものがあるわけで、高級品であるほど、あるかないかによって買取価格が大きく左右されます。取っておいたものを全部、一緒に送るのが、かなり大きなポイントです。着物の買取を思い立って、それならと査定額は何で決まるのかいくつかの業者のサイトを見て、共通点を調べました。

そもそも高級な品であることは欠かせない要素ですがその他に、シミがなかったり、傷がなかったりという使用状況も買取価格に響くようです。元々の品質は良かったものでも傷があることがわかると査定額は大幅に下がるようです。和服を売却する機会はそうそうないでしょう。



もし処分するなら、良い値段で買取してもらえるよう、中古着物買取業者のクチコミぐらいはチェックしておきましょう。

買取実績もあって評判も悪くない業者さんにあたりをつけたら、2社、もしくは、3社に見積もらせ、その査定結果を比べてみると一目瞭然です。

買取額の多寡だけでなく業者の応対の良し悪しも分かりますから、結果的に良い取引ができるでしょう。
質屋さんでは昔は和服を扱っていましたが、現在は扱うところとそうでないところがあるので、持参する前にあらかじめ問い合わせたほうが良いですね。買取なら、中古着物専門の業者のほうが、プロの目で査定してもらえ高値がつきやすいので、良い着物を持っている方ほど専門店がおすすめです。

わざわざ遠くの専門店に行かなくてもネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。着ないで場所ばかりとる着物類。

買い取りに出して片付けたいと思っても、着物とその付属品が大量だとか、お店が遠いときには、持っていくだけで大仕事になってしまいます。そんなときこそ、自宅への出張買取を頼むと良いでしょう。


電話するだけという手軽さが魅力ですが、ただし、それなりの量に満たなければ受け付けないこともあるので、連絡するときに確認しましょう。



量がたいしたことなければ、着物買取店に自分で持ち込むのが一番だと思います。第一、持ち込むのなら、業者の提示額と自分の希望に差があっても、買い取りを断ってしまえばいいのです。対面ですからわからないことも聞けますし、価格面でも納得がいきやすいでしょう。
もし、分量が多くて持参できないときは、1点か2点を持込査定してもらい、見込みのありそうなお店に出張査定を依頼すればよいのではないでしょうか。初めてのお宮参りで、着物を新調しました。はじめはレンタルを考えていましたが、周りから、これから着る機会が何度もあるからといわれたのです。けれども、手入れも保管も結構な負担です。周囲からのすすめもあり、きれいな柄の、素材も上等な着物にしたので保管も手がかかるのはよくわかっています。

とはいえ、桐だんすを購入するにも着物が一枚しか入っていないタンスを置く場所なんてありません。
この先、七五三で着れば良しとして黙って手放してしまおうと思うこの頃です。誰も着ないまま、長い間しまわれている着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。着物は着るべき時に着るもので、良いものであればあるほど、保管や手入れは大変です。

中でも、振袖はお袖が長い分だけ、管理も他の着物に比べ負担感が増します。今後着ることがなく、受け継ぐ人もいない着物があれば買い取りしてもらうと、楽になれるのではないですか。



仕立てなどがいいものであれば新品に近く、良い状態で保管されたものは高く売れます。

着なくなった和服を買取に出そうと思っていたら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。

状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが良い値段がつき、汚れや傷みがあると、元が良い着物でも査定額は落ち、買取を拒否される場合もあるのだそうです。

シミは業者側がきれいにすることもあるとか。



値段がつかないというものはさすがになさそうだし、査定だけでもお願いしてみようかなと思います。祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、着物や帯、小物を合わせると結構な量なので処分に困りました。


専門の業者に売るのが一番いいだろうと、調べてみると連絡すれば、こちらで箱詰めしなくとも、無料で梱包する業者も何軒もあってびっくりしました。売りたいものを全部まとめると大変な数でひとりでお店に運ぶなんてありえないと困り果てていたところで、それだけでもこちらは助かります。



どんなものの買取でもそうですが、皆さん買取業者を決めるときにどのように決めたらいいか、迷うでしょう。

今はネット検索すれば多くの業者にヒットするご時世なので迷うのが当然だと思います。



よく見かける町の古着屋でも、着物を買い取る店が多いでしょうが、浴衣や安い着物ではないというなら、着物専門の買取業者に持って行くのが賢明です。



専門のお店だからこそ、着物についてよく知っている鑑定士の査定を受けられるので、着物の価値を正当に認めてもらえるでしょう。


不要な着物を処分した結果、総額で結構な値がつくこともありえます。一度にまとまった額が手に入れば、気になるのは税金、確定申告です。考え方としては、衣類は生活必需品なので有償で譲渡しても課税されませんが、もし美術工芸品とみなされれば売れた額に課税されることもあり、いろいろなケースが考えられます。
不安を取り除くためには申告漏れのトラブルを避けるためにも時間を作って税務署の相談窓口に問い合わせましょう。箪笥の中の古い着物の処分に困って、そのままという人も多いでしょう。
このところリサイクルブームで和服専門の買取業者が増えてきて、ネットや電話一本で査定依頼できるようです。


大事に保管してきた着物でも、着る人がいてこそ活きてくるとは思いませんか。査定やキャンセル料が無料のところも多いですし、宅配便も利用できるなど昔よりだいぶ便利になっています。正絹のものなど意外な高値がつくかもしれません。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/kimonor/337800

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved