このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
qg2sghp さん
古い着物を買取サービスでリサイクル
地域:京都府
性別:女性
ジャンル:美容・健康 ファッション・ブランド
ブログの説明:
七五三や成人式の振袖など、着ることのなくなった古い着物を買取サービスで現金に換えました(^◇^)
カテゴリ
全て (10)
アクセス数
総アクセス数: 2527
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 0
RSS
リンク
和服・着物の買取価格相場
形見や譲られた着物で着ないものがありませんか?
 
2015年10月14日 14時50分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。私たちが何度も着るような着物はなく、ただタンスの奥で眠らせておいても着物にとっていいことではないだろうし、次に着てくれる人に譲りたいと思うからです。何軒かの業者で相談しましたが、有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。



でも、全て買取可能ということで、値段にも納得できたので売ることを決めました。

自分でも忘れているくらい、着物は結構持っているもので着物の買取サービスを利用される方もどこかで聞いたことがあるでしょう。
着物の中でも、需要が多くて売れやすいのは何かと手持ちの着物を見ながら考えてしまう方もいるでしょうが、需要が多いのは何といっても訪問着です。
訪問着であれば同じ着物を長年にわたって着られるし、未婚、既婚を問わず、幅広い場面で着られるからです。

手持ちの訪問着で思い当たるものがあれば、ぜひ無料査定や相談を利用してみましょう。

最近、和服の買取専門業者のWEB広告を目にする機会が増えました。
もったいないからと手放さないでいると、クリーニングして袖を通さないでいても、染料そのものの劣化もあって着物本来の値打ちが下がってしまいます。品質が良い着物は、新しいほど意外な高値になる場合もあるので、思い立ったが吉日で早めに査定を受け、買取してもらうと良いですね。

高かった和服を業者に引き取ってもらう際は、誠実で手慣れた業者に依頼しないと、相場より低い価格で、損をしてしまうこともあります。
私がよく聞く買取に関するトラブルは、買い叩きが最も多く、ほかには査定依頼した着物が返ってこない系(遅延や不足)も少なくないです。あらかじめ相手の評価をネットなどで調べ、査定依頼すると良いでしょう。



梱包前に写真を撮っておくのも双方の思い違いも解消できるので、安心です。


タンスに眠っているだけの着物を、買い取ってもらって手放したい。



だけど値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。
そんな方もいるでしょう。

振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。

また素材や技法によって価値が変わるので、買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。


ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば査定で高値がつく可能性も十分あります。現代の有名作家の作品なら、裄丈など、サイズが大きめに作られているので高値で転売できる可能性があるからです。
ある年代の女子にとって振袖は正装で、大事な場面で着るものですが、それ以外に着る機会はありません。着られる時期にも限りがあります。
そう考えると、保管が大変で持てあますくらいなら、着物買取業者に引き取ってもらうのもタンスの肥やしになるよりは良いといえるでしょう。

買取価格は業者次第ですが、もともとの生地や仕立ての良さ、保管状態によって数千円から仕立ての良い高級品なら数万円で買い取られることもあります。どんな着物でも、仕立てたときや着たときの思い出がたくさんあるでしょう。



持ち込みや宅配で無料相談や査定を行っているところも多いので時間をかけて調べ、自分が納得できるところで手放してください。最近多い和服の買取で、いくつかのトラブルが報告されているので、依頼する側でも注意が必要かもしれません。

トラブル例を挙げると、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もあります。詐欺的な業者には、当たらないようにしたいものですね。
きちんとした古物取扱商であれば、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。着物のブランドはたくさんありますが、買い取るとき、高値をつけられるものといえば産地の名を冠するブランドものです。



代表的なのは大島紬、本場黄八丈ですが、着物好きなら持っていて当然と言える有名な産地の着物は古くても価値があるので高額買い取りもよく耳にします。


査定時の状態は良くないといけませんし、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことはいろいろな品の買い取りと同じく、当たり前のことです。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/kimonor/337803

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved