このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
qg2sghp さん
古い着物を買取サービスでリサイクル
地域:京都府
性別:女性
ジャンル:美容・健康 ファッション・ブランド
ブログの説明:
七五三や成人式の振袖など、着ることのなくなった古い着物を買取サービスで現金に換えました(^◇^)
カテゴリ
全て (10)
アクセス数
総アクセス数: 2523
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 1
RSS
リンク
和服・着物の買取価格相場
着物もリサイクルの時代です。
 
2015年10月17日 12時52分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


リサイクルブームがひとつの契機となって、和服買取をしてくれる業者というのが増加する傾向にあります。業者はネットで簡単に探せますが、もっとも気になるのは、本当は営業実態がなくて、依頼者から送られてきた着物だけを騙し取るような詐欺まがいの営業をして問題になっているところもあるということで、評判の確認だけはしておくべきでしょう。
衣替えのたびに、納戸の桐たんすにある着物を整理したいと思うのですが、形見分けで思い入れもあるため、適当な処分先が見つからず放置してきました。
でも試しにウェブで調べたら、買取専門業者さんって多いらしいんですね。

内心おどろきました。

今はブームなんでしょうか。
状態次第では高額になるみたいですし、和服・和装小物専門を掲げるだけあって、丁寧に品物をみてくれるんだなと好感を持ちました。


そのうちの一社に、折をみて電話をかけてみるつもりです。


誰もがネットに接続できるようになった最近では、以前は知るのに苦労した情報なども思いつくままに検索することができます。ただし、それらをどう使うかは人によります。



品物と金銭のやり取りがある和服買取の場合は、業者のHPのほかに掲示板などの評価も参考にし、信頼できそうな業者に絞ってから、最低でも2社以上の業者に査定を依頼すると良いでしょう。単独査定だと高いか安いかわかりませんし、多少の手間は不可欠です。
着物買取の注意点です。
査定では着物としての素材や仕立ての良さだけでなく、新品に近いかどうかがシビアに問われます。着物としてどれほど高級だとしても、汚れがひどいもの、カビの跡が明らかなものだと絶対高値はつかないのがどの業者でも同じです。ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものならそれなりの値がつくこともあり得ます。
素人が決めるのは得策ではありません。

無料で査定も受けられるので、ぜひ利用してください。長い間着ることなく、タンスにしまったままの着物に困っていませんか?着物を着る機会が多い方はそうはいないもので、全く着ないとすれば、管理に負担を感じるばかりです。振袖は友禅などきれいな色合いのものが多く、お袖も長いため他の着物より格段に手がかかります。いろいろな理由で、着ることがない着物があればいっそのこと、買い取ってもらってもいいかもしれません。生地や色柄、仕立てがいいものなら、新しいものほど、また手入れのいいものほど高値がつきます。着物は日本が誇る美しい衣装ですが、お手入れするのは結構負担ですよね。
まず季節ごとに虫干し、和紙を入れ替え、元の通りに畳んで、桐箪笥での保管も必要と、十分手間をかけないと状態を保てません。



そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も買取を考えてもいいのではないでしょうか。眠っていた着物も、新しい持ち主のところに行けますし、お手入れもその分だけ楽になります。


ある年代の女子にとって振袖は正装で、大事な場面で着るものですが、そうそう何度も着られるものではありません。

ですから、管理が負担になるくらいなら、着物買取業者に引き取ってもらうのもせっかくの着物を生かす良い方法ではないでしょうか。

参考までに、価格は品質と現状をみられて数千円になる場合もあり、高級品で状態が良いと、数万円を超える値もつきます。大事な場面で着た思い出や思い入れもあると思います。持ち込みや宅配で無料相談や査定を行っているところも多いので時間をかけて調べ、自分が納得できるところで手放してください。着物を買い取ってもらおうと思い立って、業者のウェブページで買取のシステムを調べてみました。買取の流れは初めての人にもわかりやすく、その場で梱包してくれる業者、指定の箱に入れて宅配で送り、無料で査定してくれる業者も複数あるようです。自分に合った買取方法を調べると、持ち込むのも負担ではない枚数なので近くの専門店への持ち込みができそうなのでお金の受け取りまでできればいいかなと思いました。
要らなくなった和服を整理する際、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあり、箪笥の肥やしどころか業界ではお宝と言われています。一方で、合繊・化繊やウール着物については、本来の価格が低いですから、仮に買い取るとしても安かったり、値段がつかない(引き取れない)こともあります。
リサイクルチェーン店や街の古着屋なら、買い取ってくれる率が高いですね。



中古着物(和服)買取って、宅配便を利用するのが最近では多いらしいので、私も母や叔母から譲り受けた着物を、引き取ってもらおうと考えています。高級品や袖を通していないものもあるので、誠実な業者さんを探したいと思っています。中古品取扱の登録業者さんなら安心なので、まずそこを確かめてから査定依頼する予定です。

いろいろ思い入れのある織り着物を持っていて、大事に手入れしてしまっていたのですが、圧倒的に洋服で過ごすことが多くその着物を着る機会は今後なさそうなので思い切って処分しようかと迷いました。


ネットで「着物 買取」と検索したら、着物を引き取り、換金できる業者があることを知りました。

ゴミとして捨てるのは辛いし、他の誰かに着てもらえれば着物にとってもいいだろうと思い、思い切って売ろうと決めました。

これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服は注意しなければいけません。
普通のお店では喪服というのは扱っていないところが多いからです。和服の中古市場では、喪服に対する需要は少ないからです。
それを理解した上で、買取を希望するなら、ごく一部ですが、喪服を扱う業者がないわけでもありませんから、最初からそちらを頼ったほうが手間がなくて良いでしょう。
初めてのお宮参りのために、訪問着を購入しました。はじめはレンタルを考えていましたが、義母をはじめ、一緒に行く人たちはみんな自前の着物だったのです。
けれども、手入れも保管も結構な負担です。
どうせ買うならと、材質も良く、柄も美しい着物を購入したので保管も手がかかるのはよくわかっています。

桐箪笥で保管しなければならないのはわかっていますが、今のわが家では、場所に余裕はないのです。七五三で着た後はごめんなさいをして、黙って手放してしまおうと思うこの頃です。着なくなって久しい着物を処分するのに頭を悩ませている人は多いでしょう。

このところリサイクルブームで和服専門の買取業者が増えているのをご存知ですか。

ずっと寝かせていた着物類ですが、どこかで誰かが活用してくれると思うと嬉しいですね。査定やキャンセル料が無料のところも多いですし、依頼してみる価値はあると思います。正絹のものなど意外な高値がつくかもしれません。



たいていの着物は高価な買い物だったと思います。買取に出すときは、誠実で手慣れた業者に依頼しないと、相場より低い価格で、損をしてしまうこともあります。
着物買取でのトラブルというとやはり、買い叩きが最も多く、ほかには宅配便査定のキャンセル時に、返送されない・足りない・物が違うというのも多いです。

あらかじめ相手の評価をネットなどで調べ、ある程度選抜してから依頼すると安心です。



また、中身の写真を撮っておくというのも双方の思い違いも解消できるので、安心です。




このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/kimonor/337805

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved