このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
qg2sghp さん
古い着物を買取サービスでリサイクル
地域:京都府
性別:女性
ジャンル:美容・健康 ファッション・ブランド
ブログの説明:
七五三や成人式の振袖など、着ることのなくなった古い着物を買取サービスで現金に換えました(^◇^)
カテゴリ
全て (10)
アクセス数
総アクセス数: 2523
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 1
RSS
リンク
和服・着物の買取価格相場
喪服の着物は買取してもらえるでしょうか?
 
2015年10月20日 14時54分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服だけは気をつけなければいけません。
一般的には喪服の買取はそう広く行われていません。



中古の着物を扱っている店舗では、喪服に対する需要は少ないからです。それでもなお、買い取ってくれる業者を探したいのであれば、ほんのひとにぎりとはいえ、喪服を買ってくれる業者さんもありますから、まずはそこに確認してみると良いでしょう。一般的に質屋さんはなんでも扱うと思われがちですが、和服を行わないところも少なくないですから、あらかじめ持ち込む前に確認したほうが無駄足にならずに済むでしょう。
また、着物買取を専門にした業者もあり、より高い価格で買い取ってくれるので、良い着物を持っている方ほど専門店がおすすめです。近所に心当たりがないときは、ネットで検索すれば簡単に見つかります。



いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。
着物そのものの品質もさることながら、状態の良し悪しはかなり重要です。


もとは最高級の着物だったとしても、汚れがついているものや、カビの跡が見られるものはほとんど値がつかないというのがごく当たり前です。

とはいっても、跡を残さず汚れを落とすことが可能なら、買取できるかもしれません。どんな場合も、安易に決め込むのではなく、とにかくプロに見てもらわないと、最終的な価値はわかりません。



タンスの奥には何枚も着物がしまわれていて、買い取りしてくれるお店まで持って行くのも面倒で、手間をかけて持ち込んでも、それに見合った買い取りをしてくれるのかさっぱり見当もつかず、ずいぶん長い間放っておいたのです。最近聞いたのですが、宅配で買い取ってくれる業者もちょっと探せばあるようです。
ネットなどで口コミや評価を調べ、細かいところまでサービスを調べて何とか見つけたいと思っています。
思い出や思い入れの詰まった着物を少しでも高値で買い取ってもらいたいと思うのは当たり前です。

複数の業者から査定を受けどの業者が一番高く買い取ってくれるか調べましょう。そのためにも、査定後にキャンセルが可能な業者を利用した方がいいでしょう。査定額の比較を終えて、一番高値の信頼できる業者に買い取ってもらえるように査定時に条件を提示された場合は、そこを十分確認してから決めましょう。仕立てたまま一度も着たことがない着物であっても無条件で付加価値がつくとは限りません。


一度も着用されないものであっても生地や糸は徐々に劣化していくものでもろくなるなど、状態の悪化はどうしても起こります。

未使用かどうかは必ずしも関係なく、査定したときの状態が悪ければ価値はありません。未使用で着るあてもなく、保管状態も悪くないといった着物がご自宅にあれば、査定は無料のところが多いです。
早く業者に持って行きましょう。



振袖を仕立て、着るのは人生でも大事な場面ばかりです。ということは、それ以外に着る機会はありません。
着られる時期にも限りがあります。
着る時期を過ぎ、譲るあてもなければ、買い取ってもらってお金に換えるのも自分にも、次に着る人にも良いことでしょう。



いくらで買い取るかは気になるところですが、保管状態があまり良くないと数千円ぐらいで、仕立ての良い高級品なら数万円で買い取られることもあります。



女子の人生では大事な着物でしょうから、無料相談や査定を行っている業者も多いので、何軒かの業者にあたり、自分の気持ちに区切りがついたところで手放すのがいいでしょう。

古着を売ったことはあっても和服を売ったという人は少ないので、もし売却を考えているなら、高値売却のためにネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。たとえば送料や手数料が無料で使い勝手が良い和服専門業者を見つけ出し、その中から2社以上に査定させ、額や評価を比較します。買取額の多寡だけでなく業者の応対の良し悪しも分かりますから、結果的に良い取引ができるでしょう。
誰も着ないまま、長い間しまわれている着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。着るべき時があれば着物を管理する意味もありますが、虫干しだけでも結構な仕事なのは確かです。しかも小袖類に比べて、振袖は虫干しだけでも手間がかかり、細心の注意を払わないといけないですね。


振袖など、着る機会が限定される着物は特に、専門の業者に買い取ってもらうことを検討してもいいでしょう。いわゆる高級品であって、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。着なくなった、でも捨てるには惜しい着物が、高値で売れればタンスの中も片付き、お金も手に入って一石二鳥ですね。

新品に近い見た目であれば、高く買い取ってもらえる可能性がぐっと高まります。
加えて人気の柄だったり、素材が良かったり、ブランド品だったりすると予想以上のお金が手に入るかもしれません。

反物も一反あれば買取可能なのが普通です。反物も着物と同様に考え買い取ってくれるかどうか聞いてみるといいでしょう。

着る人のいない和服を処分するとき、引取り額がわからないと不安になりますね。だいたいでいいから相場を知りたいという人は多いです。ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは保管状態だけでなく、元々の品物の良さ、素材や汎用性(希少性)でも値付けが異なるので、例を挙げるのが困難な商品です。姉妹で同じ着物を売ったとしても、サイズが小さいほうより大きいほうが高値がつくことがあります。

街の古着屋ではわかりません。
価値のわかる専門業者に見てもらうのが高値売却のコツだと思います。



着物の買取を思い立って、それならと査定で高く評価される点を調べてみると、共通点がありました。素材や色柄、仕立てが上等であることが高値がつく最低条件ですが、その他に、シミがなかったり、傷がなかったりという使用状況も査定のチェックポイントだそうです。どんな高級品だとしても査定で傷を発見されると大きく価値が下がってしまう感じです。祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。処分を決め、買取業者を探してみると電話でのやりとりだけでどこまでも買取の車を出してくれるところもあることに驚きました。

整理して箱詰めするのも大変な量で、とうてい自分ではお店まで運べないと困り果てていたところで、こういうサービスが欲しかったと思いました。
常々、着物を買い取りに出したいと考えていても、気軽に持ち運びできる分量でなかったり、お店が近所になかったりすると、持っていくだけで大仕事になってしまいます。どうしようかなと迷ったら、出張買取サービスを利用してはいかがでしょう。電話かネットで依頼すると自宅に査定士さんが来てくれます。その代わり、まとまった量であることが必須で、少ないと利用できないこともあるので、あらかじめ電話で確認しておくと良いですね。着物買取の案内をよく読むとわかりますが、業者では着物だけでなく和装小物も売るように勧められると思います。そのことを考えれば、小物まで合わせて買い取ってもらうことで着物に合った小物も買い取れるので査定価格を高目におまけしてくれるといった裏技があります。


着物と一緒に買った小物類で、着物同様もう使わないのであればこの際なので全部まとめて、着物と合わせ無料宅配査定をありがたく利用させてもらうといらない小物を手放せるだけでなく、お得にもなるでしょう。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/kimonor/337806

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved