このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
qg2sghp さん
古い着物を買取サービスでリサイクル
地域:京都府
性別:女性
ジャンル:美容・健康 ファッション・ブランド
ブログの説明:
七五三や成人式の振袖など、着ることのなくなった古い着物を買取サービスで現金に換えました(^◇^)
カテゴリ
全て (10)
アクセス数
総アクセス数: 2508
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 0
RSS
リンク
和服・着物の買取価格相場
高価に査定される着物はどんな着物?
 
2015年10月29日 11時59分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは高級品に格付けされる産地の品です。大島紬や本場黄八丈に代表される、着物好きの方なら、その特長をよく知っている有名ブランドなら欲しい方が多いので高額買い取りもよく耳にします。



当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、証紙で産地や生産者を示すと高値がつきやすいことはくれぐれも忘れないでください。
着物の価値を評価してもらうために証紙を一緒に見せられるようにしてください。

証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで産地の基準に適合していることを証明として発行された独自の登録商標を指します。
これを捨ててしまったり所在不明という方も実際にいますが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので査定のときには揃えておいてください。昔の着物をどうしよう、と頭を抱えている方は時々見かけます。


着る機会はないし、捨てるのもどうかと思いますし、ただ捨てるよりは売って、いくらかでもお金に換えたいものです。その中で、着物の買い取りを考えているなら、専門店の一つ全国から買取をしている友禅市場はいかがでしょうか。

査定はもちろん無料、送料も無料なので安心です。価値を調べてもらい、その後で売るかどうかを決められます。この着物に、どれだけの価値があるかと思っている方はこの店のことを調べてほしいと思います。

普通、着物を売る機会って殆どないですよね。処分する際には、安値で買い叩かれないためにも和服買取店の評判のチェックぐらいはしておきたいものです。


たとえば送料や手数料が無料で使い勝手が良い買取業者を見つけたら、複数のところに査定してもらい、比べてみると一目瞭然です。
買取値や査定理由が明確なところを選ぶと損することなく良い売却結果につながると思います。宅配で着物を買取業者に送り、査定から買取まで行うのも当たり前になっていますが、できるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのは反物を買ったときか、仕立てたときについてくる切れ端や保証書を保管しておいたか、確かめることです。家電などの買取経験があればおわかりの通り、生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それが高級品であるほど、あるかないかによって査定には大きな影響が出ますので残っている限りのものを送るとき、相手にわかるように入れておきましょう。
質屋さんでは昔は和服を扱っていましたが、現在は取扱をやめた店も少なくないので、いきなり店舗に持参せず、先に電話などで聞いたほうが良いと思います。もし高く買い取ってほしければ、中古着物専門業者に依頼したほうが、高値で買い取ってくれますから、元が高価な着物でしたら尚更、良い結果が出ると思います。



近所に心当たりがないときは、ネットで調べるといくらでも見つかると思います。このごろ、着物専門のリサイクル業者の広告をよく目にするようになりました。着る機会もなく眠らせたままでいると、保管場所に気を遣ったつもりでも、染料そのものの劣化もあって着物そのものの価値が落ちます。状態が良く新しいものは、意外な高値になる場合もあるので、思い立ったが吉日で早めに査定を受け、買い取ってもらうと、着物も生き返ると思います。



初めてのお宮参りのために、訪問着を購入しました。
私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、周りからの、着物を買うのが当たり前というプレッシャーには勝てませんでした。でも、とにかく手入れが大変です。

周囲からのすすめもあり、きれいな柄の、素材も上等な着物にしたので保管もそれなりに大変なのは承知しています。
桐箪笥で保管したいとは思うのですが、どこに置くのかという問題があります。もうすぐ七五三で着ますが、その後、着物の買い取りに出そうとひそかに考えています。




このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/kimonor/337810

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved