このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
知って得する金買取-ブロくる
just999 さん
知って得する金買取
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:仕事 金融・資産
ブログの説明:
最近、流行の金(ゴールド)の買取について詳しく解説していきます!
カテゴリ
全て (415)
アクセス数
総アクセス数: 15662
今日のアクセス: 55
昨日のアクセス: 55
RSS
不要な金を買い取りますという電話を先日受けま
 
2019年6月14日 18時24分の記事

不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。


勧誘の電話にも色々あるとはいえ、そういう電話は初めてだったので、続きを聞いてみたくなりました。


その業者によれば、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、今は使っていないものがあったら買い取ってくれるという内容でした。


丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。


ここのところ、金相場の高騰に伴って、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容のテレビCMをよくやっている印象です。


実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、多くのヒットがあり、いかにそういうお店が多いか思い知らされます。


要らないものを買い取ってもらえるのだから、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金の価格は相場によって変わります。


それに伴って買取価格も変わるので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。


最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。


一般に流通している金製品には、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


数値が大きいほど、純度の高い金です。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。


もちろん、この純度が何%であるかによって買取額は大きく変動してきます。


純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。


カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。


合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、18Kなど、数字が24以下になります。


この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。


買取店に金製品を持ち込む際に、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。


家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、多くの方が思い浮かべるのは、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。


そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方が少なくないと思われます。


そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。


デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。


一般の買取ショップと比べると安心感があり、初めての方でも利用しやすいでしょう。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/kinkaitori/429040

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved