このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
知って得する金買取-ブロくる
just999 さん
知って得する金買取
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:仕事 金融・資産
ブログの説明:
最近、流行の金(ゴールド)の買取について詳しく解説していきます!
カテゴリ
全て (620)
アクセス数
総アクセス数: 30321
今日のアクセス: 15
昨日のアクセス: 91
RSS
最近、金の価値が上がっています
 
2020年2月14日 9時24分の記事

最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。


それが本当に金製であれば、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントと解釈してください。


もちろん、この純度が何%であるかによって販売や買取における価格が大きく変わるのです。


金のアクセサリーを買取に出そうという際に、多くの方が思い浮かべるのは、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。


しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人も一定数いるでしょう。


さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。


催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、初めての方でも利用しやすいでしょう。


この前、身内が他界して、金の指輪を遺産として相続しましたが、傷物や色褪せているものも中には混ざっていました。


買い取ってもらえると噂に聞いたものの、これまで経験がなかったので、初めてなので不安も大きかったですが、金買取は怖くないと知人から聞いていたので、利用してみることにしました。


そうしたら、古い品物でも誠実な査定をしてくれ、気持ちよく買取手続を終えることができました。


買取金額もそこそこの値になったので、利用してみて正解だったと今では思います。


ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かはあまり知られていないのではないでしょうか。


プラチナの方が原則的には高価です。


一時期は金の3倍ほどしたのです。


理由としては、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさを抜きにしては語れません。


プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。


金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、生産量や流通量のあまりの少なさが、価値の根底にあるわけです。


ずっと前から使わなくなってしまった貴金属があれば、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。


ただし、同じ量の金でも店によって価格は変わるので、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


売却する品物の総量が多ければ、買取総額はかなり変わってきますから、店の選択には注意しましょう。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/kinkaitori/440538

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved