このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
知って得する金買取-ブロくる
just999 さん
知って得する金買取
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:仕事 金融・資産
ブログの説明:
最近、流行の金(ゴールド)の買取について詳しく解説していきます!
カテゴリ
全て (788)
アクセス数
総アクセス数: 42717
今日のアクセス: 53
昨日のアクセス: 63
RSS
買取店の鑑定士は常に偽物の可
 
2020年7月8日 20時12分の記事

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。


素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。


対して、偽物を見抜く方法も色々あります。


磁石、刻印の入り方に加え、比重計があれば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


買取サービスには昔から色々なものがあります。


最近人気なのは、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による金買取サービスです。


これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、数日で査定結果が出るのを待ちます。


買取金額の連絡が来たら、承諾の返事をし、取引成立になります。


もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。


営業時間の制約がある店頭買取と違い、ネットで24時間いつでも申し込めるので、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方から好評を得ています。


少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。


生命保険や、子供の塾の勧誘ならよくありますが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。


その業者によれば、貴金属製品で今は使っていないものがあったらその業者に売却できるという話でした。


そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。


税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。


もちろん、買取業者の方では、取引の量が個人とは違いますから、所得額の申告を行い、多額の税金を納めていることと思います。


しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。


そうは言っても、法律が変わることもあるので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるのが得策ですね。


買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、もう全然使っていない、さりとて捨てるのも憚られるという貴金属類を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。


心当たりのある方は、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。


一例として金の買取の場合を考えてみます。


最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段で手放すことができるでしょう。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/kinkaitori/446856

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved