ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2016年8月12日 16時19分
エボリューショントイバルキリー?スーパーアームドパックその2
バルキリー?のスーパーアームドパックの続編です。外箱のデザインはなかなかいいセンスしていますが、中身は・・・^_^;です。
まあ、最初からバンダイやアルカディアのレベルは無理でしょう。マクロスファンのみなさんの御布施を元に、次の機体をリリースしてもらいたい。せっかくのマクロス?なので、メタルサイレーンなど頑張ってもらいたいですな。
ところで画像3は前回紹介した「こっちを使ってね。」となる同じ形状のパーツです。確かに一方(写真左側)はとにかくひどい造り。なにせ、開いてみたらプランプランになるし、そもそも閉じても固定しないし。
このメーカーさん、いい商品も出しているところなので、発注しているであろう中国の工場がひどい商品管理なんじゃない?
次はよろしくお願いしますよ。
[カテゴリ:超時空要塞マクロスII 〜LOVERS AGAIN〜] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年8月7日 15時12分
エボリューショントイバルキリー?用スーパーアームドパック
最近届きました。バルキリー?用のスーパーアームドパック単品です。実は本体のバルキリー?(既に紹介済みのレッドラインのシルビージーナ機)の発売が延び延びになったため、機体が発売される前に機体(ブルーラインやイエローライン)とアームドパック同梱のすっごい高価なやつの発売が発表された。メーカーの試作品の写真を見ると、なんかよく出来ているように見えたので、迷うことなくショップに予約しました。
ところが、ジーナ機が届いてみると、過去ブログに記載のとおり、ハリボテ感満載のすっごい安っぽく、持ってみてびっくりのすっごい軽い期待はずれの商品でした。
1機はメーカーさんへの「お布施」として諦めるとしても、2機めは絶対にいらん。・・ということで、ショップさんにメール送ってなんとかキャンセルさせてもらい、アームドパック単体のみの予約に切り替えてもらったのです。
届いて開けてみると、やはり機体と同様「うーん(ーー゛)」となる商品。画像3は同じパーツ(バトロイド時には腕に付いているパーツ)が同梱されており、「こっちをお使いください。」とな!なんだsりゃ。続く。。
[カテゴリ:超時空要塞マクロスII 〜LOVERS AGAIN〜] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年2月28日 8時7分
続々VF−2SS これはちょっと
計測が終わったところで、実際に手に持ってみたら、「かっ軽い。」要所要所に金属を使用しており、ずっしり重いやまと版旧VF−1(大きさ比較用)を手にした後だからだろうか?と思いつつ、裏返して見てみると、これがびっくり。画像2をご覧ください。機首の付け根あたりがスカスカじゃん。
過去ブログで、マクロス7放映時のバンダイのおもちゃのバサラ機をさんざんハリボテと酷評しておりますが、それにも優る(劣る?)ほどのハリボテ感^_^;
VF-1とほぼ同じの変形機能とは言え、ガウォークとバトロイドのスタイルを保持するため、かなり無理なことをしているのだろう。金属の支柱が丸見え、その動きを確保するためにこの辺にスペースを空ける必要があるのは仕方ない。しかし、外から見える部分は何らかの後処理をしておく必要があるのではないか。
簡単に言えば、「このトイを買う人たちは、みんないい歳こいた大人なので、ちっとは見栄えを良くしてくれ。」ということである。決して安い商品ではないのだから。
そこで、当方の脳内置換におけるこの機体の立ち位置が決まった。そもそも原作アニメがマクロス世界では異端なので、第一次星間戦争(超時空要塞マクロス)から約100年後という設定はこの際完全に無視し、VF−1バルキリーをベースに火器搭載能力をアップさせようと大型化を試みたものの、残念ながら期待するほどの性能を発揮できずに少数生産にとどまった悲運の機体・・とでもしときましょうか・・・(ーー゛)
[カテゴリ:超時空要塞マクロスII 〜LOVERS AGAIN〜] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年2月27日 23時40分
VF−2SS バルキリー?の続編
バルキリー?の続編です。
まずは計測すると、結構デカイ。27センチメートルもある。すると、設定上16.2メートルとなる筈だ。そこで、週刊マクロスを開いて確認すると、ぬぬぬわんと「調査中」と書いてる(画像2参照)。なんじゃそりゃ。でも画像2の右下にVF−1との大きさ比較図があるところ、画像1はお馴染大きさ比較の基本となるVF−1フォッカー機とのツーショットと見比べると、これはなかなかいい感じ。
調査した結果、「16.2メートルでした」でいいんじゃないか。
プラの質と成形色はちょっとどうかなという印象だが、個人的には及第点。純白が美しい。
さあさあ、いろいろチェックしてみると・・・。ええーなんじゃこりゃー(@_@;)。
次回に続く。
[カテゴリ:超時空要塞マクロスII 〜LOVERS AGAIN〜] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年2月26日 21時16分
エヴォリューショントイ 超時空要塞マクロスII VF-2SS バルキリーII シルビー・ジーナ機
今週届きました!バンダイ、やまと、アルカディアに続く第4の60分の1スケールバルキリーをリリースするエヴォリューショントイさんのバルキリー?。
いやー待ちました。最初は昨年の11月発売だった筈なのに、今年の2月に延び延び。それでも出してくれたんだから文句は言えません。ほんま出るのか不安でした。
レビューや本ブログの発端となったアニメ設定と実測の比較は次回以降に譲るとして、実際目にすると感動です。まさかこのドマイナーな機体を出してくれるなんて。

しっかーし、リリースが延び延びになった余波で、既に同社からスパパク付き機体の予約が始まってたりするじゃんか。
なんじゃそりゃー(怒)。そっちだけ買うんんでいいんじゃん。今回はキャンセルするか、金振り込まんでおこうか、庶民にとってどんだけ高いと思うとるんじゃい、別にブラックリストに載ってもかまわんじゃないかー、などど悩む私だったのですが・・やはり主役機のシンボル赤ラインの魅力にはかなわん!素直に振り込んじゃった私なのでした。
しかもイエローライン、スパパク付きも勢いでポチっとしてしまいました^_^;。完全にメーカーさんの思うつぼにはまり込んでおります。
[カテゴリ:超時空要塞マクロスII 〜LOVERS AGAIN〜] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





くる天
プロフィール
60分の1スケールVFバルキリーの独り言-ブロくる
きよぽん さん
60分の1スケールVFバルキリーの独り言
地域:香川県
性別:男性
ジャンル:趣味 おもちゃ
ブログの説明:
ついに50代に突入。高校時代にマクロスを見て・・などと書いていたら、いつの間にかもう52歳。老眼が進むなか、今もはまっているおやじです(^_^;)。
カテゴリ
全て (227)
超時空要塞マクロス (11)
マクロス愛おぼ (8)
フラッシュバック2012 (2)
超時空要塞マクロスII 〜LOVERS AGAIN〜 (5)
マクロスVF−X2 (2)
マクロスプラス (12)
マクロス7 (30)
マクロスダイナマイト7 (3)
マクロスZERO (16)
マクロスF(TV版) (22)
マクロスF(劇場版) (38)
マクロス30周年 (17)
マクロスΔ (13)
マクロス映像、音楽、ゲーム、その他 (46)
アクセス数
総アクセス数: 132074
今日のアクセス: 48
昨日のアクセス: 58
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved