ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2016年9月22日 11時10分
やまとクアドランローその5 搭乗車編3 あっちの世界へ
クアドランの搭乗者編です。実測10センチのミクロマンヴォルターは、ゼントラ人ではない。すると、クアドランの立ち位置がおかしくなる。
そこで、閃いた。逆転の発想で、今のところリガードやグラージなどのゼントラ兵器は収集する予定が全くないから、クアドランはヴォルターさんにあげちゃえ。
そこでほぼほぼミクロマンと同じ人間サイズスケールで、ちょっと大きいロボットメカと言えば、そうテッカマンのペガス。バンダイさん魂スペックのブレードと新ペガス、それに今はなきシーエムズさんブレーブ合金の元祖テッカマンと旧ペガスを並べてみました。
なんとしっくりくることか!
画像2、3は調子に乗って他のミクロマンであるウイングマンやポリマーも並べた。カッコいいね(旧テッカマンが2人いるのはご愛敬。右はタツノコミクロマンで左はブレーブ合金同梱です。)
ところで、タツノコ作品ってよく考えると、メカやロボットも出るけど、結局は人間が主人公なんだよね。ペガスは乗り物兼変身装置。脇役です。ゴワッパー5のゴーダムもロボットアニメっぽいけど、決してゴーダムはマジンガーのように「主役」じゃない。そのため、わざとカッコ悪い体型(でぶっちょい体型)にしているんだろう。でもそれがムチャカッコいいと思う。
さて、何回か前にマクロスΔの大胆予測をしましたが、最終回目前になって、総ハズレっぽいことが判明しました^_^;。でも何週間かいい妄想させていただきました。
レディM、メガロード型の話からすると早瀬総督なのか、それともミンメイちゃんなのか?
往年のおっさんファンの夢を壊すことだけはご勘弁(ーー゛)
[カテゴリ:マクロス愛おぼ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年9月18日 20時13分
やまとクアドランローその4 搭乗者編その2
電光石火ヴォルター編の続き?いやいやクアドラン編の続きです。
いいじゃんタツノコとミクロマンのコラボ。クアドランとのマッチ感は純正のミリアさんを大きく上回ります。ここはヴォルター君をゼントラにすることを考えた。
そこで、画像2をご覧ください。ちっちゃいのが標準的な60分の1スケールのパイロット。こりゃやはりゼントラ巨人だと思うでしょ。
しかし、画像3で確認すると、VF-1バルキリーとの比較ではとても小さすぎて、話にならん^_^;。ゼントラとの白兵戦をするために生み出されたのがバトロイド。これじゃ白兵戦にやならんじゃん。特に、ブリタイはあのこん棒でバトロイドのヘッドをぺしゃんこにしたんですぜ。
ウィキで調べると、ゼントラの身長は約10メートル前後だそうな。
ヴォルター君を物差しで測るとジャスト10センチメートル。即ち、60分の1スケールだと6メートルだ。小さすぎてとてもゼントラの仲間入りはできないことが判明しました。残念!どうしょ。えええまだ続くの・・
[カテゴリ:マクロス愛おぼ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年9月10日 9時50分
やまとクアドランローその3搭乗者編
前回、やまとクアドランに乗せるべきミリアさんがいないので、何か代わりの者はいないかと家探ししたところからの続きです。ミクロマン・・いいとこまで行きました。10年位前に某大手おもちゃ屋さんで投げ売り状態だったヤツを何体か持っている。関節の可動域は申し分なし。恐らく本来同梱していたであろうミリアさんよりもずっと動くだろう(いや、そもそも動くように造られているのか。)。しかし、ミクロマンは顔全体がメッキなので、ちょっと印象違うと思っていたら、おっいいやつがありました。
「電光石火ヴォルター」 ヘルメット被っているし、ボディスーツ着ている。ばっちりじゃん。でもヴォルターって誰よ?
そもそもこの商品は、ミクロマンのタカラとタツノコプロがコラボして10年位前に出た商品。他にもテッカマンとかポリマーとかガッチャマンが出されており、買った中にこいつがいた。他のタツノコのビッグネームに混ざって、全然知らないのがヴォルター。ウィキで調べると、プレステのタツノコファイトというゲームのオリジナルヒーローらしい。そりゃ知らんわ。
でも、搭乗させるとこれが凄いフィット感。とりわけ上半身の色をご確認ください。色合いといい、光沢といい、クアドランのために造られた商品と言っていいレベルだ。また、画像3にあるとおり、色々な手が付いているので、握り手のほかにも、さまざまな表情をつけて楽しむことができる。こりゃいいもの見つけた。彼は新手のゼントラ兵なのか・・。続く
[カテゴリ:マクロス愛おぼ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年9月6日 16時37分
やまと60分の1クアドランローその2
やまとさんのクアドランその2です。ギミックとすれば、ゼントラミリアが操縦するコックピットが開閉する(前回の写真参照)以外に、画像1,2のとおり、マイクロミサイルハッチが開閉するんですな。
こうやって見ると、ゼントラの技術がバルキリーやデストロイドに還元していることがよく分ります。
この商品、パーツ欠品と書かれていました。ミリアフィギュアは再販版には付いていないようなので、それ以外に何が欠品パーツなのかネットで調べると、足の膝の部分のマイクロミサイルハッチを差し替えで付け変えられるそうな。残念だけど仕方ない(800円なので)。
さて、ゼントラミリアさんを持っていないが、何かミリアの代役として搭乗できるやつはいないかな。
いろいろ家内を探してみると、うーんミクロマンか・・惜しいけどちょっと顔がメッキだから印象が違うんだよね。
おっ意外にも結構面白いやつがいた!
次回に続く・・。
[カテゴリ:マクロス愛おぼ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年9月3日 20時51分
えええーまたまた最後のやまと・・クアドランローその1
最後のやまと・・これまで何度使ったフレーズだろうか!
また買っちまいました^_^;。でもこれは本当に買うつもり全くなかった。今日、よく行く近所のお馴染みの中古ショップに立ち寄ったら・・やまとさんの深紅のミリア用クアドランローがなんと!たった800円だと。お隣にブルーのマックス機があるが7800円だ。ミリア機は「箱なし、取説なし、パーツ欠品、関節ゆるい」との記載であるが破格の800円とは買うしかあるまい。
しかも2000円の買い物で500円引きのサービス券を持っている。他の商品と併せて買うと500円引きで実質300円か!あんた食玩以下か。こりゃたまらん。
ということで、搭乗させるミリア639は付いていないけど(初版はゼントラミリアが付いていたけど、再販は付いていないらしい。)ゲットせねば。

ところで、昨日に続きマクロスΔについて一言。レディMの正体とはなんぞや。ネットでは、マオ、未沙、ミンメイ、ミリア、ミュン、ミレーヌ、と各説あり。いっぱいMの人おりまんな。ここはミリアであってほしいことを願い・・クアドラン買ってミリア祭だ!

なんでミリアって?ミリアだけでしょが。中年(失礼!)になってからもレギュラーで再登板したのは。あとの方々はせいぜいお写真程度でっせ。しかも、レディMっちゅう位ですから相当な実力者兼権力者。過去歴史の整合性からして、行方不明や生死不明とされる方々にポッと出てきて出しゃばってほしくないわけだ。なおかつ、おばさん姿を見せてほしくない(正直、マオ・ノームが科学者だし設定的は適任なのだが、Fの時代でもう死んでいたんじゃなかったか。しかもレディMじゃなくてドクターマオが通称でしょ。)。

話戻ってクアドラン相当デカイです。久方ぶりに初心に帰ってメジャーで大きさ測りました。全高29センチメートルもあります。いつもの比較用フォッカー機が子供のようだ。ウィキでクアドランの大きさを調べると16.75メートルとある。60分の1だと28センチメートル弱。公式設定より1センチほどでかいけど、この頃のやまとって全般的にでかいんですよね(過去ブログ参照)。いいじゃないですか。これに乗せるゼントラミリアが欲しくなりました。

さてさて、昨日に引き続き、期待を込めてセリフ大予想いきますか。
美雲さんがいなくなった・・からの続きです。

シェリルさん、美雲さんを助けてくれてありがとう(ハヤテ)
お礼を言うのはこっちよ。おかげでもうニ度と会えないと思っていたあのバカ(アルト)と会えたわ(シェリル)
でも、あんた美雲さんに自分の血を半分も。普通死ぬだろ(ハヤテ)
私は死なないわ。お腹のバジュラが守ってくれているの。それに私は銀河の妖精シェリルよ。本物の実力をあの子(美雲)に見せないまま死なせるなんて癪じゃない(シェリル)
あんた最高だよ(ハヤテ)

こうなってくれたらシェリルファンとして本懐なんですが(^_^;)。
[カテゴリ:マクロス愛おぼ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の5件
くる天
プロフィール
60分の1スケールVFバルキリーの独り言-ブロくる
きよぽん さん
60分の1スケールVFバルキリーの独り言
地域:香川県
性別:男性
ジャンル:趣味 おもちゃ
ブログの説明:
ついに50代に突入。高校時代にマクロスを見て・・などと書いていたら、いつの間にかもう52歳。老眼が進むなか、今もはまっているおやじです(^_^;)。
カテゴリ
全て (247)
超時空要塞マクロス (11)
マクロス愛おぼ (8)
フラッシュバック2012 (2)
超時空要塞マクロスII 〜LOVERS AGAIN〜 (5)
マクロスVF−X2 (2)
マクロスプラス (16)
マクロス7 (30)
マクロスダイナマイト7 (3)
マクロスZERO (16)
マクロスF(TV版) (22)
マクロスF(劇場版) (38)
マクロス30周年 (17)
マクロスΔ (27)
マクロス映像、音楽、ゲーム、その他 (47)
アクセス数
総アクセス数: 175709
今日のアクセス: 20
昨日のアクセス: 99
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved