ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2013年5月6日 7時11分
「神」やまと最後の再販 VE‐1エリントシーカー
昨年の秋〜冬にかけてエリントシーカーが再販されることになりました。マクロス世界では、映画にほんの数コマしか登場しないようですが(当方、登場シーンを探したことがない(^_^;))、その強烈な佇まいから、人気の高い機体です。再販前はヤフオク価格相当高騰しており、欲しかったけど入手を諦めていたところ、再販の情報が・・。大手ショップから手に入れました。箱には再販のシンボルであるマクロス30周年のロゴとたすきのシール(画像2)。ボーナス特典として、バトロイドの首のところから2座席分のエレベーター(画像3の中央上部の小袋)。長年やまとさんとお付き合いさせていただいたお礼として私のところに来てくれたのかな(T_T)。
大きさはもちろんベースとなるVF‐1と同じ。でも複座だし、写真では見づらいけど主翼の先端の形状も専用となっています。どこまで造り込んでいるんだ。どこまで設定に忠実なのだ。「神」やまとの真髄を見た!
明らかに頭部の小さいパーツの取りつけ方向を間違っているのに「仕様」と言い切るYF‐29デュランダルの超大手メーカーさん。聞いていますかぁ。
また、エースフォッカーの機体番号が001、エリントが071。70機編隊の大トリが索敵哨戒機の本機ということか。どこまでも泣かせます。
[カテゴリ:マクロス愛おぼ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2013年5月1日 21時10分
やまと新旧対決VF-1バルキリー
今日もご覧いただきありがとうございました。さて、新版のやまとVF-1ですが全くの新規造り直しであり、流用パーツは一つとしてないでしょう。微妙にノーズの鋭さも違うし、脚部(エンジン部)の長さも細さも全く違います。ディテールに至っては別物です。でも大きさはほぼ同じに造られており、新版も23.7センチメートル。ホント素晴らしい(画像1)。ところで、新版の魅力はストライクパックとスーパーパックの2種を再現できるところもありますが、画像2をご覧ください。旧版では、通常兵器と反応弾を揃えるにはこのとおり2箱買わなくてはならなかったところ、新版はまさにオールインワン。お買い得です。最後の写真は旧版のアーマード。なまじっかこれを持っていたために新版アーマードの購入を躊躇し、買うタイミングを逸するという最悪の事態に・・(-_-)。
[カテゴリ:マクロス愛おぼ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2013年5月1日 20時36分
ここでVF-1に戻ります。
ここで、VF-1に戻ります。写真は新版のやまとVF-1S。旧版は変形の際に脚部を差し替える必要があるのですが、新版は完全変形。旧版は結構金属を使用していてずっしり重量感がある一方、新版は全部プラ製でむちゃ軽。
この新版ストライクパックを買う時には悩みました。好きなフォッカー機を買うべきか、でも旧版持ってるし・・。コレクターさんの中では、柿崎機やミリア機、それも劇場版とTV版を揃えるという猛者もおられるようですが、とてもそんな財力ないし、置き場も大変。さてどうするか。そこで決定打となったのはアーマードパック。新版専用のアーマード、これを買い足すことを考えると色のマッチングは赤の一条機だなと。
ところがやっちまいました。アーマード買う前にやまとさんがまさかの倒産(秋葉原のオフィスがもぬけの殻だそうな。)。結局買うことができませんでした(-_-)。ショック
[カテゴリ:マクロス愛おぼ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





 前の5件
くる天
プロフィール
60分の1スケールVFバルキリーの独り言-ブロくる
きよぽん さん
60分の1スケールVFバルキリーの独り言
地域:香川県
性別:男性
ジャンル:趣味 おもちゃ
ブログの説明:
ついに50代に突入。高校時代にマクロスを見て・・などと書いていたら、いつの間にかもう52歳。老眼が進むなか、今もはまっているおやじです(^_^;)。
カテゴリ
全て (249)
超時空要塞マクロス (11)
マクロス愛おぼ (8)
フラッシュバック2012 (2)
超時空要塞マクロスII 〜LOVERS AGAIN〜 (5)
マクロスVF−X2 (2)
マクロスプラス (16)
マクロス7 (30)
マクロスダイナマイト7 (3)
マクロスZERO (18)
マクロスF(TV版) (22)
マクロスF(劇場版) (38)
マクロス30周年 (17)
マクロスΔ (27)
マクロス映像、音楽、ゲーム、その他 (47)
アクセス数
総アクセス数: 195741
今日のアクセス: 59
昨日のアクセス: 134
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved