ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
くるりくるくる-ブロくる
くるりくる さん
くるりくるくる
地域:東京都
性別:女性
ジャンル:日記 一般
ブログの説明:
ころころと変わる毎日の記録日記
カテゴリ
全て (6)
アクセス数
総アクセス数: 1845
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 1
RSS
2014年5月22日 16時4分
メゾン・ド・ヒミコ
 
どうやっても観客動員数1位を取れるような映画ではないです。
でも、私はとても好きです。

同性愛者の老人ホームが舞台になっていますから、もう初めから色々と考えてしまうわけです。
しかもゲイの父に捨てられた娘が主人公なので、自分に置き換えて観るというタイプの映画ではないと思います。

でも、ある種の共感を覚えるのは何故なんだろうとも思ってしまったり。
性別とか色々ひっくるめて、人の人生と終焉を考えてしまいました。

そんな風に書くと、重い雰囲気なんじゃないのかとも取れるかもしれませんが、ちょっと軽くてフワッとした雰囲気を感じるのも良いのかもしれません。
オダギリジョーも柴咲コウも、本当に好きで嫌いでもなかったのに、見終わった後に、ちょっと好きになりました。
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2014年5月22日 16時1分
マスク
 
マスクはジムキャリーのでてたやつです。あんまりシンプルなタイトルだから、書いてみてほかのタイトルとかぶってんちゃうんか?とおもい、一応ジムキャリーのやつです。この映画が好きな理由は見るごとに変わるんですよね。
一番最初は、やっぱり少年らしく無敵!に。少年時代は無敵が好きで好きでたまりませんから。しかもぎすぎすしてない。もうハチャメチャ明るく、て自由。二回目にみたときは、思春期真っ只中、中2.好きになったのはキャメロンディアス…中二にはグラマーすぎ。結構ブラックユーモアもはいってはいたので、胸元だの太腿だの寄りの画にくぎずけになって、物凄い記憶力でその後かなりの間忘れていなかった。中二から中3の受験終了ぐらい忘れてなかったかも
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2013年6月24日 0時52分
手先が不器用で何をしても上手くいかない
 
周りにいる綺麗な可愛い友達や、街で見かけた綺麗な人などを真似して、私自身も何回も綺麗になろうと努力してきましたが…

デートの際にまとめ髪をしようとヘアアイロンで巻き髪を作れば、アフロヘアーのようになってしまったり…
マネキュアを付ければムラができてしまいとても美しいネイルとは言えず…、
さらにアイラインを細く塗ろうと思っても、線が太くなってしまったり、ガタガタになってしまったりと…
もともと手先が器用ではないために、何をしても失敗ばかりしてしまいます。

そのため…
働きはじめて、お金に余裕ができてからというもの、美容関係のほとんどはプロの手にお任せするようになっていました。

しかし…結婚し出産を経て、仕事をやめてからというもの…
再び、自分の自由に使えるお金が無くなってしまったことから、なかなかプロの手で美しくしてもらうことができず…
鏡に映る自分を見るたびになんだか情けなくなってしまいます。

最近では、そんな自分の手先の不器用さを改善すべく、周りにいる綺麗な友人にレッスンを受けたりして、少しでも美しい自分になれるよう努力するようにしています。
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2013年6月17日 0時18分
磨くのは、化粧の技術だけではない。
 
梅雨に入り、気温が上がってきましたね。
メイクや髪形も春から夏のものにチェンジしていき、
服も長袖のものから爽やかな半袖のものに衣替えする時期です。

ここで気をつけたいのは、冬の間にあまり出すことの無かった肘、膝です!
メイクの腕を磨くのもとっても大切、けど、顔は綺麗なのに
バッグを持っている腕や、可愛い服から出ている肘が黒かったら
魅力も半減するというものです。

市販のスクラブ剤や軽石、または手作りにこだわる人であれば
塩にオリーブオイルを混ぜたものなどで肘を
(ここがポイント)優しくこすりましょう。
流す時に染みるのはやりすぎなのでNG!
また、頻度もやればやるほど良いというわけではなく、あまりに擦りすぎると
今度はその部分を守ろうと更に黒ずみや皮膚が固くなってしまう事もあるので、週に1,2度の頻度にしましょう。

出た後は必ず保湿を忘れないで。
クリームの前に化粧水を塗るひと手間を加えると、さらにツルツルになりま
す。
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2013年6月16日 22時49分
ハンドメイド入浴剤で美肌を目指す
 
アラサー女子のリラックスのお供、バスグッズ。
なかでも入浴剤は人気の商品だ。
実はその入浴剤、気軽に買えるものでハンドメイドすることができる。
自分でつくれば、楽しさもアップするし、低コストで美容にも良いと、良い事ばかりの手作り入浴剤。
ハードワークで疲れきっているときや、生理前でセルフコントロールが上手くできないときの気分転換に。
作り方は以下の通り。
荒塩ひとつまみに、好みの精油4滴。
塩が発汗を促し、代謝をアップしてくれる。
自分の好きな香りを選んだり、体調によって使い分けをする。
重曹ひとつまみを足すと、お湯が柔らかくなり余分な角質を取ってくれる。
ツルツルになる温泉と同じような効果が得られる。
コーンスターチや、お酒、牛乳を入れてもいい。
お風呂は、シャワーだけで済ますほうが手軽だと考える人もいるかもしれない。
しかし、美容や健康を維持するには、圧倒的に湯船に使ったほうがいい。
毎日忙しい女性だからこそ、負担にならない程度にバスタイムを充実させることで、毎日イキイキと過ごすことができるのだ。
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
最近の記事
05/22 16:04 メゾン・ド・ヒミコ
05/22 16:01 マスク
06/24 00:52 手先が不器用で何をしても上手くいかない
06/17 00:18 磨くのは、化粧の技術だけではない。
06/16 22:49 ハンドメイド入浴剤で美肌を目指す
06/16 22:45 逆立ちで内蔵をリセット
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved