このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
Lt7777 さん
多様化する供養 ブログ
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース 文化
ブログの説明:
供養方法は多様化しています。お墓以外の選択肢を探すご遺族の方々に、きっとお力になれると考え、情報発信していきます。
カテゴリ
全て (33)
アクセス数
総アクセス数: 1542
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 0
RSS
多死社会
 
2018年8月8日 22時25分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


現在、約120万人の年間死亡者数が、2025(平成37)年には約160万人と予測されています。

急増する死亡者数を受け入れる医療施設の設備や火葬場が追い付かなくなる可能性がでてきます。



■火葬場

東京都福祉保健局の統計によると、都内の年間死亡者数は約11万人。

毎日平均300人以上が亡くなっている計算になりますが、都内の火葬場はわずか26か所しかありません。



■安置スペース

高齢者の死亡場所の約8割は病院で、在宅死はわずか12.7%にすぎません。

病院で亡くなった場合、すぐに病院から出ないといけないケースがほとんどです。

病院に安置することはできません。

火葬されるまでの間の安置する場所の確保が、現実的な問題としてでてきます。



このような状態にならない為にも、在宅ケアの制度化や遺体安置場所の拡充などが必要と言われています。

残された期間は長くありません。

多死社会への準備が、早急に必要です。
【LifeTogether】自然に還る19,800円の散骨支援サービス 海 散骨

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。
最近の記事
08/22 17:16 遺骨の着色
08/22 17:10 墓じまいでのトラブル
08/10 22:36 自治体による終活情報登録サービス
08/10 22:24 夏季休暇
08/08 22:33 ご遺体ホテル(ラストホテル)
08/08 22:25 多死社会
08/08 22:18 散骨先進国イギリス
07/26 03:59 デジタル遺品
07/25 23:53 増加する無縁仏
07/25 23:46 散骨という選択
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved