このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間は購読ができます。
ノートルダム大聖堂
2019年4月16日 14時17分の記事
 
ノートルダムの鐘が鳴る〜♪
の、ノートルダム大聖堂が燃えているとな
は、は、は、犯人は?
黄色いベストなのか
そのせいにしたいのか
ディズニーでノートルダムの鐘の実写映画化が決まったけれど
呪いとか?
日本版では、あのピエール瀧がオラフの声を・・・
ブーメランなのか
いえ、意外とショックというか
やっぱり、燃えている間も鐘は鳴り続けているのか
気になる・・・というか、幻聴が聞こえてきそうぅ
聖母マリア様が鎮座していたのに
それを燃やすとは
やっぱり、イスラム系かね?
マカロンが演説するとかで、黄色いベストたちは、大して期待していない
と、言っていたが・・・
そういえば、ノートルダム大聖堂を修復するお金がないとか
あんなに燃えているのに、水が届く設備がないとか
https://www.afpbb.com/articles/-/3220992
世界遺産だから、余計救助活動も出来ないとか
ユネスコ、やばいよね
やっぱり、お金を出す必要ないんじゃないか
高所放水機が最低18出ていても、水が届かない・・・
重要文化財の運び出しには成功したらしいが
ま、修復するなら、全焼させて、最初から復元の方がいいのか
いやいや、ちょっと、歴史的建造物を燃やすなんて
あれ?シナかチョンの仕業?まさかね
あ、宏樹〜のバックにあった太陽光線は、わざとだよね?
ネットでは、修復金を世界中から集めるための、自作自演じゃないか
って、、、
それは、あるかも、、、
世界遺産なのに、管理がなっていないのは、ありえそうだし
パリは燃えていないの?
あのステンドグラスの修復は、ちょっと難しいんじゃないか
1つ、ガラスの成分、昔の配合が、今現在復元できないんじゃなかたけ
日本でもそうだけれど、例えば、あのポッポ元邸のステンドグラスの
ガラスの再現は、出来ないと
三渓園でも移築された建物にはめられているガラスは、復元できない
あの水面を思わせる、波紋は再現できない。
1枚1枚違うんだよなぁ
だから、移築して保存するわけだが
2つ、そのステンドグラスを復元するのが、難しいんじゃないか
塗料や鉛の問題。鉛がーで、ステンドグラスをする人も少なったせいか
ステンドグラス用の鉛が手に入らないとか、聞いたことが、、、
これも、移民にお金をかけた結果なのか
てか、イスラム教のせいにしたい、誰かなのか
どのみち矛先は、マカロンか・・・
何かの象徴にしたいような、狼煙なのか
マカロンは修復すると表明
Wikiの仕事が早いな
犯人は工事業者か、、、もち、イスラム系かね
カトリック教会も寄付を募ったけれど、あまり集まらなかったのか
移民には関係ないからなぁ
で、早速、グッチやイヴ・サンローランなどのブランドを傘下に置く
ケリングのCEOが1億ユーロ、約120億円を寄付すると表明
https://www.afpbb.com/articles/-/3220968
今度は、ヘリで水を撒くとか、救助方法を検討するべきだろうね
鎮火の見通しはたったみたいだが
https://www.afpbb.com/articles/-/3220997
何せ木造だしな・・・
フム
完全消化にはまだかかりそう
そういえば、去年あったカリフォルニアの山火事って
プラズマなものによる、人為的なものだったよねぇ
何かの実験なのかな
それも、気になる
定期購読記事
[500ptでこのブログを定期購読する(確認画面へ)]
[カテゴリ:Environment]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]




くる天
Serch!

Category
全て (1096)
Nature (153)
Environment (424)
Life (267)
Animals (64)
space (16)
Herb (10)
sports (133)
Lohas is Diary (7)
New
05/22 13:37 セバストポル病院
05/21 14:56 LEDライト
05/20 15:07 GOOGLE 19
05/17 15:20 顔認証システム
05/16 17:29 目的は明確に
the number of Hits
総アクセス数: 34137
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 13
RSS
Profile
+Lohas Life+-ブロくる
yuki さん
+Lohas Life+
地域:神奈川県
ジャンル:暮らし ライフスタイル
ブログの説明:
a useful piece of life information...
最近の足跡
足跡はありません。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved