このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間は購読ができます。
モンセント 1
2019年5月15日 15時5分の記事
 
維新の丸山議員の発言で、ロシアが激おこぷんぷん丸だって?
いいね
可愛い顔して、ドローンで空爆するくらい、言えば良かったのに
と、ロシアはどんどん、怒らせたらいいのでは?
ウクライナに侵攻中らしいし、、、北方領土攻められたら
困ったりして。
やっと、議員で戦争まで口にする人が出てきたというのに
維新は、やっぱりダメだな
坂本龍馬にも及ばない
維新なんて、やめたらいいのに
これは、もうNHKから国民を守る党から、立候補するべき
なんか、駐屯基地とかにヘリ飛ばして、情報盗っては
垂れ流しで、自衛隊が苦情を言ってても、やめてくれない
どうしようもないのに
自民でさえ、何もしない
ま、イワヤ〜だからな
実際、ロシアが激おこぷんぷん丸なのは、図星だからw
自分たちがしてきたことを認めたことだし、逆にやられたら
嫌なんだってさ、、、そこに驚く
議員で、本当はそろそろいい加減、議論するべき、ことなのに、、、
勝ち負けは別としても、議員が議論しないでどうするよ
ってね
そりゃぁ、勝てる戦争しかしたくないのは、分かるが
領土を盗られたのに、無策なのが露呈した形だよなぁ
維新は、何もその辺考えていないことが分かった結果に
維新で話し合いして、言ったのなら価値があるかと
でも、違う。
まぁ、防衛省が考えそうなところを、やっと、議員が言い出したのに
戦後レジームなんたからんたらなんて、嘘っぱちだよね
それに、ツジモトチョンやミズポチョンも、本当使えないよね
ミズポチョンも、基地にドローンが飛ばせないと文句言うし
いろいろ、おかしい議員たちなのにな
日本政府まで、批判したら
日本は攻められても、戦争しないと世界にアピールしたことに
なった訳で、、、
何やってんだかね
ま、北方領土の件は、害務チョンが法律上、匙を投げたので
もうどうでもいい感じに、、、言っても理解されないから、平和的
解決は出来ないのに、どれだけお花畑なのかってね
大きな声で恫喝していた鈴木宗男も、あれ、結局、北方領土に
関わるな勢力に潰されたんでしょ
それに、亡くなった中川さんが、核武装論を話した時に、袋叩きに
合ったのと、令和になっても変わらないとは、そっちに
驚く
2人とも、北方領土をどうにかしたいと思っているのに
で、鳩ポッポは、逃亡中だっけ?
議員が何も言えない世の中じゃ、別に問題でもないのに
ロシアが先に戦争の結果を受け入れろと言っているのだから
ロシアには戦争は当たり前なのに、そのロシアを相手にするのだから
甘いよなぁ。。。お先真っ暗だな
ま、G20で、トランプ大統領が、プーとシナと会談すると言っているので
お楽しみに

さて、モンサントがラウンドアップという除草剤が原因で、ガンが
発症したとして、かりいふぉるニア州の夫婦が損賠賠償を求めた
訴訟で、夫婦が勝った
https://www.afpbb.com/articles/-/3224842
モンサントは、約20億ドル、約2200億円を支払うことに
親会社が、ドイツのバイエルなんだよねぇ、、、
ラウンドアップの発ガン性をめぐる裁判での敗訴は、3回目に
不思議なのは、EUで、禁止されているのかと思いきや
日本でも普通に使われているのに
買ったことはないが
日本では、ガンになった人がいないとか
ないよね、、、
ラウンドアップに入っている主成分グリホサートについて、WHOの
外部機関、IARCが、2015年に、Probably carcinogenic to humans
おそらく人に発ガン性があるという評価だった。これは世界中に衝撃を与えた
結果になり、2017年6月26日、カリフォルニア州環境保健有害
評価局、OEHHAが、独自に定めた州法、通称プロボジション65の
物質リストに、グリホサートが発ガン性物質として登録された
この発表は2015年を元にした訳だけど、2016年日本は、なぜか
日本の内閣府食品安全委員会が発ガン性や遺伝毒性はない
と、結論付けていて、驚く
その後、OEHHAの発表から3か月前、アメリカ連邦政府の見解では
グリホサートは、人に対して発ガン性があるとは考えにくい
Not likely to be carcinogenic to humans
って、一体、どっちやねん
さらに、OEHHAは生殖毒性物質が飲料水源に排出されるのを禁止し
かつ、それらの物質が人に暴露される可能性がある場合は、事前に
警告を行うことを義務付けていた
で、2018年にモンサントを提訴した裁判では、約2憶9000万ドルを
支払うよう判決が出て、モンサントは上訴する意向だったけれど
結局、ダメだったみたいで、、、
ま、ドイツ嫌いなのでw
OEHHAを支持する
EUの欧州化学機関、ECHAは、人におけるグリホサート暴露による
任意のガン形(非ホジキンリンパ腫)との間の関連性は
示された免疫データが農薬の発ガン性の可能性を検出するために
限定されたもので説得力がないと
確かに
そして、欧州食品安全機関、EFSAは、証拠の重みは
グリホサートの仕様に関連したヒトへの発ガン性のリスクはない
なので、EUは使っているみたい
EUでの、ガンはこれが原因だったりしてね
1度の実験でも、動物実験でも、発ガン性のリスクがあるのなら
避けたい
それは、人によってガンになる可能性が違うから、、、
しかも、カリフォルニア州で、3回もモンサントは負けているので
カリフォルニア産の果物は、大丈夫と、ちょっと自負してしまう
農場でラウンドアップが使用されている所は、少なそうだから、、、
日本のは、使われているからね
ただでさえ、中途半端な被爆しているのに、発ガン性のリスクが
少しでもあるものは、入れたくない、、、
佐賀県の野菜も、悩むわ〜
白血病が多いのにね
日本の機関も微妙だからなぁ
JASなんて、天下りのための機関だから、予算もらうために
いちいち、規格変えている、とんでもないところだからなぁ
2019年にも、モンサントには有罪判決が出ているらしいね
ランドアップは、ドラッグストアにあるらしいが
見たことないんだよなぁ、、、今度見てみよう
日本では、日産化学扱っているが、日産とは違うらしい
実は、震災で無人ヘリコプターによる雑草散布に対応した
農薬登録がされていて、使われた、、、震災の津波被害
青森、岩手、宮城、福島、茨城県、千葉県の水田、畑や
その周辺の道路に撒かれ、適用作物は、水稲、畑作物に
限らているらしいが、、、ガンはこのせいもあったりしてね
さらに、ラウンドアップ耐性雑草が、世界で問題になっているとか
ラウンドアップよりも、さらに強力な薬品が必要なのか
グリホサートって、一応自然界に存在している酵素、グリホサート
酸化還元酵素を利用しているらしいが、耐性が出来てしまったら
ポストラウンドアップに期待がかかるね
モンサントと言えば、GM、遺伝子組み換え作物は、このラウンドアップに
対して植物、作物を耐性化させるために、いろいろしている訳だが
モンサント曰く、ラウンドアップが発売される前から、耐性植物は
あったと豪語しているが
https://lohaslife1994.blogspot.com/2014/01/blog-post_15.html
東京にある健康安全研究センターで、ラットによる実験をしているけれど
遺伝子組み換え大豆には、危険性を見いだせなかったらしい
ラウンドアップは、元々使わない方が、実は良かったりして
ラウンドアップを使う→耐性が出来る、以降ループする悪循環
耐性が出来るのも分かっていたはずなのに
ねぇ、、、
因みにモンサントは、元々アメリカだったのに
2016年、バイエルが買収を発表、2018年に買収を完了したため
バイエルの子会社となる、、、
買収完了後の裁判なので、根が深そう
これは、ラウンドアップでは除去できない深さ・・・
定期購読記事
[500ptでこのブログを定期購読する(確認画面へ)]
[カテゴリ:Environment]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]




くる天
Serch!

Category
全て (1155)
Nature (156)
Environment (452)
Life (292)
Animals (65)
space (17)
Herb (11)
sports (133)
Lohas is Diary (7)
New
08/23 16:53 電子タバコ
08/22 16:45 ポールシフト 1
08/21 16:16 IMO9206035
08/20 15:17 777-300ER
08/19 15:27 ハゲとロバとグリーンランド
the number of Hits
総アクセス数: 35803
今日のアクセス: 6
昨日のアクセス: 20
RSS
Profile
+Lohas Life+-ブロくる
yuki さん
+Lohas Life+
地域:神奈川県
ジャンル:暮らし ライフスタイル
ブログの説明:
a useful piece of life information...
最近の足跡
足跡はありません。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved