このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間は購読ができます。
covfefe
2019年11月8日 15時25分の記事
 
今永がー
開発しないでぇーっ
ま、楽しければいいw

さて、アメ競馬レースでcovfefeという名の競争馬が優勝した
https://jp.sputniknews.com/life/201911076818288/
SNSで、大統領の有名なタイプミスに敬意を表して名付けられた
競走馬のcovfefeがカリフォルニアのブリーダーズ・カップで
優勝したことに対し、トランプ大統領がコメント
Great! But how do you know it was a “mistweet?”
 May be something with deep meaning!
 https://t.co/00EXMCgQLp
— Donald J. Trump (@realDonaldTrump) November 4, 2019
 Great! しかし、どうしてそれがtweetだと分かるのか
 深い意味を持つ何かかもしれない!
なので、covfefeについて、他いろいろ考える人たちが増え、増えw
それもそのはず、2017年5月31日0時過ぎ
Despite the constant negative press covfefe
というtweetをして寝てしまった、、、
騒ぎはそこから始まっているらし
アノニマスまで調査していたw
当時は、さっさと寝ちゃったトランプ大統領をよそに、全世界?
みんな、気になって眠れない!
どんな意味かと憶測する人など、ネタ化され、トランプ大統領就任
以来、最多の10万回以上引用されたとか
確かに、、、このcovfefeって、単語がない。存在しない
だから、就寝前で寝ボケてたんじゃないかとか、ロシアへの
暗号じゃないかとか、いろいろ言われていて、まさか競走馬の
名前に出てくるわ、優勝するわで、covfefeのTシャツまで出るし
憶測が始まるw
最初はただの造語じゃないの〜? すぐ、造語作るからと
今は元気だろうか、ヒラリーが 「ロシアへの暗号よ」
一理あるかな。スプトーニクだしw
綴りミスなら、coverage、press coverageで、マスコミ報道
最初のcovfefeの例文で、例文にしとく、なんか辞書にも載ったらし
 一定の否定的なマスコミ報道にもかかわらず
あれ? 意外と文章として成立している、、、又は、p
ress conference、記者会見で、一定の否定的な記者会見にも
関わらず
やっぱり、タイプミスw
でも、そんなのあり得ない!!! としとくw
そしたら、そのtweet後、またtweetしていて
Who can figure out the true meaning of "covfefe" ??? Enjoy!
— Donald J. Trump (@realDonaldTrump) 2017年5月31日
 誰がcovfefeの本当の意味を理解できるかな??? 楽しんで!
本当訂正しないんだよねw
その後辞書では、covfefeの発音の仕方は、投票で決まり
名詞、発音は、カブフェイフェイ
意味、政治指導者が無知すぎて信頼できない時に感じる
不快な気持ち byアーバンディショナリー←パロディ辞書
さすが、アメリカw
だがしかし、今ではcovfefeと書いてあったtweetは削除されている
憶測を呼ぶよねぇwww
さっき、違う記事を見ていて
世界70カ国でSNSを介した組織的な世論操作
誰が行っているのか? 何を流布しているのか?
という、イギリスオックスフォード大学が調査結果を発表
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/security/1216653.html
なんかさぁ
イギリスだからなのか、日本が入っていないのが
不可思議的な、何それ? もう、日本消滅? ってね、、、
こんなに、五毛やVANKが蔓延り、CIA負けてる?
あ、Twitterは、政治目的の使用を禁止にしたよね
それと関係があるのか
ネットの反応は、イルミナティじゃないかって
ま、イギリスだし、、、
covfefeもイルミナティじゃないかって、トカナで出てたが
トカナなので、、、
でも、中世ヨーロッパの子文書に描かれた挿絵の上部にcovfefeの
文字があって、その絵は異様な怪物なんだが、悪魔の名前
だった、、、炎の耳、人間の顔、鋭く尖った牙、垂れ下がった
乳房、馬のような脚、女性器?を思わせる割れ目からは2匹の
ドラゴンが飛び出している
Qかね?
新興ユダヤ系財閥がトランプ大統領を取り込み、旧勢力である
イルミナティと対立しているとも噂されているそうな
だから、イルミナティ宛のメッセージじゃないかって、、、
アノニマス的には、トランプ政権があえて国民の目を、covfefeに
向けることで、国内外の政治問題をうやむやにしようとしている
可能性を指摘していたが、その後の活動は周知の事実なので
アノニマスはCIAがお金を出しているので、CIAアノニマスだが
そのCIAを潰したかったのも、あるし、未だに派が分かれてるんじゃ
さしずめ当時は、トランプ反対派の模様
このSNS調査は、アメリカの潰したいランキングw でも
イスラエルがある、、、そうそう、フランス、カナダ、
オーストラリア、NZもないんだよねw
シナが操作している、掌握したい国じゃないか?
アメリカがないという意見もあるが、あるよね
この記事の元は、今年4月に、シナとロシアで書いてあったが
今回は、世界70カ国が対象
いやはや、日本がないことが謎でしょってね
憶測を呼ぶw
で、シナにも謎の組織?が蔓延りって、シナじゃね?と思っていたら
Disinfoのユーザーをミスリードする偽情報の作成とメディア操作と
Mass Reportingのコンテンツまたはアカウントに関する大量報告
情報収集及び検問にマークが付いていて
Date-Driven Strategiesのデータに基づいた戦略がなくないw 
本当情報収集と検問なんだな
あとは、Trollsの政敵やジャーナリストなどを狙った荒らし行為、ドキシング、嫌がらせと、Amplifying Contentのハッシュタグ
などを使った情報の大量拡散にマークが付いていて、
データに基づいた戦略がないだけ、、、
さらに、世論操作を行っている組織能力、capacityをチームの
規模や継続、予算、スキルなどから分析したものを4つに分類
した結果が、シナは、HIGH CAPACITY12カ国に、見事ランクイン
他に、エジプト、イラン、イスラエル、ミャンマー、ロシア
サウジアラビア、シリア、UAE、アメリカ、ベネズエラ、ベトナム
これ、順番に意味があるのだろうか、、、
意外と、ベトナムやミャンマーがあって、驚く。次に
MEDIUM CAPACITYは、26か国
アゼルバイジャン、バーレーン、ボスニア・ヘルツェゴビナ
ブラジル、カンボジア、キューバ、エチオピア、ジョージア
グアテマラ、インド、カザフスタン、キルギスタン、マレーシア、マルタ、メキシコ、パキスタン、フィリピン、カタール、
スリランカ、スーダン、タジキスタン、タイ、トルコ
ウクライナ、イギリス、ウズベキスタン
LOW CAPACITYは、20カ国
オーストリア、コロンビア、チェコ、エリトリア、ドイツ、
ホンジュラス。ハンガリー、インドネシア、イタリア、ケニア、
マケドニア、モルドバ、ナイジェリア、北、ポーランド、
ルワンダ、セルビア、南アフリカ。スペイン、ジンバブエ
MINIMAL CAPACITYは、12カ国
アンゴラ、アルゼンチン、アルメニア、オーストラリア、
クロアチア、エクアドル、ギリシャ、オランダ、下チョン国、
スウェーデン、台湾、チュニジア
安全or危険か、微妙な日本は、あんなに予算を付けているのに
何もしていないということかな
本当利権なんだなw
これらの国は、ネットワーク遮断したらオッケーな感じだな
国際的にシナが主要プレーヤーらし、、、お金かけてるからな
TwitterやFBを使っているのは、シナ、インド、イラン、パキスタン
ロシア、サウジアラビア、ベネズエラで、世界中の人を対象に
している
インドが? という感じだが、対シナのついでか
定期購読記事
[600ptでこのブログを定期購読する(確認画面へ)]
[カテゴリ:Environment]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]




くる天
Serch!

Category
全て (1212)
Nature (157)
Environment (471)
Life (314)
Animals (74)
space (19)
Herb (11)
sports (133)
Lohas is Diary (8)
New
11/18 16:14 アップルペクチン
11/15 15:19 カンボジア 3
11/14 16:01 肺ペスト 1
11/13 14:44 Arrokoth
11/12 14:51 死の谷を越えられないんじゃなく死の国なのだよ
the number of Hits
総アクセス数: 37569
今日のアクセス: 3
昨日のアクセス: 36
RSS
Profile
+Lohas Life+-ブロくる
yuki さん
+Lohas Life+
地域:神奈川県
ジャンル:暮らし ライフスタイル
ブログの説明:
a useful piece of life information...
最近の足跡
足跡はありません。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved