このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間は購読ができます。
BDN vs FSB
2019年12月6日 16時10分の記事
 
ベルギーとエストニアとフランスとポーランドとイギリス
ドイツがー
北の弾道ミサイル発射を非難
https://www.afpbb.com/articles/-/3258143
なんか、サンキュー? まぁ、届くからね
13回目か、、、5月からしたら、確かに多いいな
アベチョンがー弾道ミサイルと言ったら、北がムキになってたw
北は、なんとか砲と言っていたが、何だっけ?
国連安全保障理事会の公開会合でも、弾道ミサイルなんだねw
まぁ、北は弾道ミサイルと言っちゃうと、国連安保理決議違反に
なるから、言いたくても言えない
しかも、アメリカ製の可能性は、やっぱり捨てきれないしなぁ
アメリカとロシアの中距離核戦力、INF条約全廃破棄から
破棄されたのに、ロシアはあまり作ってない感じ、、、
ハリボテの戦車や戦闘機などを作って、遊んでいるし
だから、今の脅威は、ぶっちゃけ、シナと北
そういえば、トランプ大統領の武力行使発言を受けて
また、なんか言っているが、、、ま、いいっかぁ
New弾道ミサイル発射実験が成功しているのは、アメリカ
そういえば、エストニアって、前に、個人情報流出事件があったが
あれ、犯人分かったのかね???
在日がいるなら、シナチョンもいるんだよなぁ、、、
そう、エストニアのIT技術は外せないんだな
ま、Skypeを作ったのも、エストニア
これ豆ね。今じゃ、Microsoftだが、、、

さて、フランスで大規模デモで、エッフェル塔閉鎖らしいね
https://www.afpbb.com/articles/-/3258324
何か、始まるのん
でも、今日は、ドイツ
どうやら、ロシア外交官を国外追放
https://www.afpbb.com/articles/-/3258109
一体何やってんの〜
ベルリン市内で、ジョージア人のゼリムカン・カンゴシュビリ氏が
クライナーティアガルテン公園で、至近距離から頭を2度も
撃たれた。8月23日、、、そんなことがあったのか
前に、イギリスであった二重スパイが殺された事件と類似性が
指摘されているが、、、
セルゲイ・スクリパリ氏が神経毒、ノビチョクを使われて、ロシア情報機関、FSBかな。の関与を非難する声が出て〜FSB=プーだよね
で、イギリスロシアの関係は悪くなり、、、前から悪化していると
思うが
似ているのか
でも、ロシアの二重スパイを疑うのなら、銃は使わないかと
やるなら、生物兵器他、放射能物質などによる毒殺
なんで、毒殺かって? 時間がかかるし、銃殺の方が早い
どうやら、旧ソ連から、徐々に始末する方が相手に苦痛を
与えるからと選ばれている
それに、銃殺は派手だから、、、セオリーが、うんたらかんたら
だが、しか〜し、事件発生後、ロシア人の男が発生直後に
容疑者として逮捕された
チャリに乗っていたとの証言がある他、銃を入れて石を詰めた
バックとチャリを川に投げ捨てる姿が目撃されている
というわけで、只今、ドイツ政府の処分後、ロシア外務省が
報復措置を取ると明言している、、、今ここ
まぁ、この事件に関して、ロシアは十分な捜査協力を行って
いないと
まぁ、協力しないよなぁ、、、
そういえば、プーがKGB時代の評価レポートが、公開され
トカナであったなぁ
まだ見てないが、トカナだし
それは、後で書くとして、、、
ドイツ政府は、高位級ルートを通じ、繰り返し、粘り強く
ロシアには要求してきたらしいね
8月23日だから、今月の23日で4か月か、、、
頼むよ、レッドチーム
どのみち、殺される事情がロシアにあったのか、ジョージア人
チェチェンの元反体制派指揮官が射殺されたとなると
まだありそ
3重スパイの可能性もあるかな
だから、殺された、とても過激な方法で、、、チェチェンなら
納得してしまう件
じゃぁ、ロシアの報復措置を待つか
シナ人使ってきたら、ドイツはどいするんだ
すいません
まさか、そこまでロシア、落ちぶれてないよね???
フム
1998年の9〜10月の間と言われる
アメリカ大統領専用機、エア・フォース・ワンの機密が流れた
可能性があって、、、ABCニュースが報じていたが
エア・フォース・ワンで使用されているハイテク航法装置関連の
ソース・コードが違法に輸出された
現在は米国有数の軍需産業ノースロップ・グラマンに買収された
『リットン・インダストリーズ』。問題の『ソース・コード』は
地上の電波航法装置を頼らず常時、自機の位置を割り出す
『慣性航法装置』用で大統領専用機に搭載されているレーザー
利用の最先端装置にも適用されるソフト・ウェアにも繋がると
言われ、ロシアの会社に違法に輸出された事実が米国務省の
調査官の調べで暴かれたという
大統領専用機に係わる技術上の機密事項は国家の安全を脅かす
可能性があり、『武器輸出管理法』に違反したとしてノース
ロップ・グラマンに対し1,500万ドルの罰金が科せられたという。
今回摘発された違法輸出のハイテク技術は同盟国に対しても輸出を
認めていないが、これは、ロシアの諜報機関、FSB、SVR、FSO
GRU、VTUの仕業じゃないかと
プーの離婚報道紙を、発刊停止したり、、、
黒羽・ウドヴィン事件は1997年、SVRに所属する非合法機関員が
1965年頃、福島県内から失踪した、黒羽一郎という男に
なりすまし、日本国内外で30年以上にわたり、各種の
情報収集活動を行っていた。そうとう日本人に似ていたのか
因みに、北の拉致は、1997年検挙時、拉致をしていたのは
SVR、元KGB他。だから1965年頃から黒羽事件は始まり
KGB→FSB→SVRで、黒羽事件検挙。プーがKGBにいた頃から
行われていたのを、北が真似をしていた。ロシアが日本人を
拉致していた可能性は捨てきれないが、有名だったよね
敵国指定がロシアだった頃なんだよなぁ、、、
サッカーW杯ロシア大会後、2018年7月18日のCNNの記事だが
フィンランドで、雨ロシアの首脳会談が終了したので
ロシアの情報機関、FSBの活動が活発化すると
言われていたよね、、、
https://www.cnn.co.jp/world/35122626.html
ロシア大会期間中、約1ヶ月にわたるW杯期間中は
FSBの活動を抑えるよう、CIA、SISが支持を出していたという
イギリスのは、Mi〜が活動しているが、正式は、SIS
Secret Intellgence Service、情報局秘密情報部
そのSISが、前回の神経毒ノビチョク事件が他国で発生する
可能性があると警告していた
毒殺じゃないがね
まだ続くのか、、、
ロシア、経費払えないんじゃね?
さて、ここで諜報部員、スパイ世界トップ10を、、、
前にも書いたが
1位、やっぱり、CIA
まだまだ世に知られていない、CIAが関与している事件は
ある。というくらい、暇じゃないらし
そういえば、今度NASAで紛失したテープの謎をやるんだよね
見たい、、、
2位、イギリス、SIS、MI6、Milltary Inteligence section 6
あの007の作者、イアン・フレミングは、元MI6らしいね
冷戦時代には、KGBと諜報合戦
MI5は、情報局保安部ね
今は、CIAと協力したりして、ドイツの事件でも動いてそう
なんだよね、、、
3位、モサドかと思ったら、パキスタンのISI
パキスタン軍統合情報局
アフガニスタン紛争の頃から、その暗躍が注目され
旧ソ連のパキスタン侵攻を許さず、アフガニスタンの
イスラム義勇兵をサポートしたり、アルカイダやタリバンの後ろ盾
となり、育成したり、ジハード、自爆テロを支持しているとの
疑いがある。中東情勢、イスラム銀李主義者たちの動きに
関与は、ごく自然なことかと
4位、イスラエル、モサド、イスラエル諜報特務庁
まぁ、一部では、世界最強、最恐の諜報機関と言われ
その仕事の大半は、暗殺。さらに、世界各国に存在する
ユダヤ人からの情報を得ていることが強みだが、その優秀さ
諜報のスペシャリストが揃っているらし
採用の基準は厳重で高く、3〜4年の期間をかけ、心身の
強者を見分けているそうな。その中でも、暗殺工作員
キドン、黒九月やドイツ人戦犯逃亡者を探し出し、誘拐
することでも有名な、アイヒマン誘拐事件
( ´ー`)フゥー...
5位、シナ、MSS、シナ国家安全部
MSSは、シナ国内の安全保障にも関与し、対外諜報活動も
かなり活動的。特に力を入れていたのは、海外の最先端
技術の情報を盗む活動、、、もう、シナ人の国技なんだね
企業は、普通、国家に依存しないビジネスだが、シナ企業は
国家の情報機関とも密接に関係していて、スパイ活動は
最も手っ取り早く海外の先端技術を盗む手段と考えている
世界の企業や政府が、サイバー攻撃を受けた事例は、MSS
と、言われているが、その上は、やっぱり、キンペーなんだよなぁ
でも、最近、打規模な各国政府へのサイバーアタック事件が
ニュースになっていないな〜
6位、ドイツ、BDN、ドイツ連邦情報局
1955年、WW2の旧ソ連情報機関であるゲーレン機関を基に
創設。その数7000人を超え、約2000人が国外に派遣され
諜報活動に従事。その情報収集能力、総合的な実力は
CIAをしのぐとも言われ、CIAは、ことあるごとにBDWに
情報提供を求めているw
本当、CIA、おっちょこちょいなんだから〜
で、今回の銃殺事件も、もち、BDNが動いている訳だが、、、
その結果なのでね
7位、ロシア、FSB、李ソア連邦保安庁
冷戦時代で有名になったKGBは、旧ソ連崩壊後、解体され
FSBに権限が移行された。元KGBのプーは、第4代FSB長官
なかなか、情報が出てこないのは、それなりに
優秀なのか。プーのKGB時代の評価も、やっと出てきた感じ
8位、フランス、DGSE、対外治安総局
Direction Générale de la Sécurité Extérieure
1985年、フランスの核実験に抗議する緑豆、グリーンピースの
帆船レインボー・ウォーリア号を爆破した事件は、DGSEによるもの
といわれている。。。やるなぁ。今は、シナから金を貰い、、、
日本に嫌がらせしていたからなぁ
それでも、国賓にキンペー呼ぶって、日本やばいよね
9位、インド、RAW、研究・分析局
Research and Analysis Wing、インドには、いくつかの諜報
機関があるが、RAWが最強と言われている。他に、合同情報委員会
JIC、情報局、IB。この3つは首相直々の命令が下る
その下に、国防省が来るくらい、この3つは上位組織
敵国指定は、どうやらパキスタンだったが、今はシナだろう
パキスタン国内には、3万5000人のエージェントが送り込まれている
と言われ、、、イギリスは、孤独な情報機関、IBをインドに残し
1962年のシナとの最初のWar、1965年のパキスタンとの2回戦に
直面し注目されたが、インド政府は独立した外部情報機関の
必要性を感じ、RAWが出来た。しかも、その当時の首相
インディ・ガンジー夫人の命令で結成された
10位、オーストラリア、ASIS、エイサス
Australian Secret Intelligence Service。英吉利のSISに
オーストラリアのAが付いた。まぁ、上はエリザベス女王の元
主に、アジア、太平洋地域にエージェントを駐留させ、情報収集
している。国内の防諜組織として、ASIO、エイジオがある
イタリアは、、、何位だろう。もう情報が古いかもしれんが
SISMI、情報・軍事保安庁、SISDE、情報・民主主義保安庁が
あって〜
日本は、まぁ、、、暗殺業務は、まだな模様?
そら、大日本帝国の時は、いろいろやっていたが、、、
株は、取引きした方がいいらしいね
日本の株式市場の約6割が外資マネーと言われていて
だから、日本人が株で儲ければ、外資マネーの人たちは
あれやこれやと、仕掛ける、、、ネットでのコメントで、株に
投資するなという書き込みは、外資のスパイらしいね
だから、お金を借りてでも株式に投じた方がいいとか
まぁ、無理せず
おぉ〜っと、誰か来た
定期購読記事
[600ptでこのブログを定期購読する(確認画面へ)]
[カテゴリ:Environment]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]




くる天
Serch!

Category
全て (1406)
Nature (160)
Environment (512)
Life (456)
Animals (78)
space (19)
Herb (11)
sports (133)
Lohas is Diary (9)
New
09/25 16:47 ChineseVirus 119
09/24 16:49 ChineseVirus 118
09/23 17:12 ChineseVirus 117
09/18 14:45 ChineseVirus 116
09/17 16:59 ChineseVirus 115
the number of Hits
総アクセス数: 42577
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 7
RSS
Profile
+Lohas Life+-ブロくる
yuki さん
+Lohas Life+
地域:神奈川県
ジャンル:暮らし ライフスタイル
ブログの説明:
a useful piece of life information...
最近の足跡
足跡はありません。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved