このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間は購読ができます。
Chinese Virus 48
2020年6月2日 15時27分の記事
 
都知事選に、なんと
熊本県副知事が立候補とな
どこの田舎者なのかと思って、経歴を見ていたら、元々
東京なのね。しかも、東大法学部卒
コイケやマツオカシュゾウよりは、ましそう、、、
さらに、2000年に衆議院議員の秘書をしていた
この議員が誰なのか、、、
ねぇ
でも、他の出馬に、ホリエモンと立花が、、、
N国党じゃなく、ホリエモン党なんて、胡散臭い
てか、やめてほしかった
ホリエモンだけに、、、それは、ふざけすぎ、、、ライブドアの時の
被害者は、まだいる訳で、、、、みんな騙されて
やっぱり、そうかなのか。そうかを取り込んだのか
あの時以来、信用ないのに、、、
そう、、、立花よりも、信用ない
ぶっちゃけ
また、トンキンって、騙されそうな勢いだな
こりゃこりゃ
話は変わるが、チャイニーズウィルス書くよ〜
売国厚労省が、唾液でのPCR検査を容認した
鼻グリグリは、ダメだったのか
でも、まだ検査場では、鼻グリグリなんだろうなぁ
発症から9日以内であれば、唾液を検体としていい
って、一体、、、
肺炎の状態が分かってからなのか
先に、鼻ぐりぐりじゃ、嫌だよねぇ、、、
鼻ぐりぐりは、鼻の奥、インフルと同じ方法だとは思うが
その粘液を取るのに、技術が必要なのと
不慣れだと、くしゃみが出やすくなり、なるなるw
採取する人が感染リスクが上がるとは、、、
これ、、、インフルもそうだったんじゃないののの?
鼻ぐりぐりは、やめるべきでは?
でも、チャイニーズウィルスほど、ウィルスが弱いインフルだから
採取方法は、変わらないが
鼻ぐりぐり以外で、インフル判定する病院は、人気ですw
まぁ、売国厚労省なので、また変わるといいが
そして、セカンドウェーブが、強毒化しているのか
AERAだしなぁ
https://news.goo.ne.jp/article/dot/life/dot-2020053100004.html
国立感染研究所が発表したらに、しよう
それほど、感染者はいないが、、、
北九州市の小学校の分析が、終われば、、、
もう、ワクチンが効かないのも、分かる
そういえば、ロシアとシナの共同研究うんたらかんたらは
どうなったのかねねね?
てか、ロシアだけで研究した方が、早そうだが
エボラやSARS、MERSも、ワクチンはないので、同じ部類
てか、もう、ワクチンって、意味ないんじゃないか
まぁ、薬品会社が儲けるだけで、病気の人の為じゃない件
まさか、チャイニーズウィルス実証されるとははは?
すぐ、ワクチン作らなきゃという、脳から抜け出さないと、、、
また、これといって同じ、ゲノムがないから、、、各国それぞれで
さらに、違うのもありそう、、、
でも、ケンブリッジ大学の研究チームが、世界で検出された
チャイニーズウィルスのゲノムを解析したところ、遺伝子変異
パターンは、3種類
チャイニーズウィルス起源のシナ雲南省のコウモリから見つかった
ウィルスに近いタイプ
武漢を含むシナとその周辺国に多いタイプ、ヨーロッパを中心に
広がったタイプらし
あれ?アメリカは?その、、、感染者や死亡者の多い国から
調べた方がいいかと、サンプルも多い訳で、、、
最初に、武漢で感染拡大したウィルスが変異を繰り返し、アジアへ
そして、ヨーロッパで強毒化した可能性
さらに、アメリカに渡り、強毒化した可能性があるよね、、、
それなら、セカンドウェーブは、強毒化していると思われるが
変異は、止まらないが、重症化しそうだが、そうでもない
まだ、これから感が・・・
4月下旬のデータでは、4600種類のウィルスの遺伝子配列が
報告されていたとはね、、、
日本だけで、どれだけあるのか
現代の医学で追いつけないほどの局面
致死率にも差があり、有史以来初の出来事だよね
確かに、セカンドウェーブなら、強毒化もあり得る
過去に類を見ない、そのスピードが速すぎるので、慄く
そして、遺伝子解析も、国立感染症研究所、感染研で
本来なら、ウィルスの塩基配列をどんどん調べ、重症化した人と
軽症で済んだ人の違いなど、データにして、今後に備えたい
だが、しか〜し、普段なら、5万人分のウィルスの遺伝子解析が
1日でできるような仕事なのに、未だに行われていない
国と、感染件で、タッグを組むか、アイパークみたいな所に全てのデータを
一括で集めて、解析しないとならないのに
まだみたいで、、、解析が進めば、遺伝情報は感染ルートの
分析にも役立つのに
ま、本当は、そういうのは、CHOが、1月時点でやるところを
日本がやろうって、無理じゃないか
でも、日本で率先してやるべきかと
抑えこみ?が成功している日本が、、、
本当に、出来ているかなんて分かるのは、数年後だよ
 アメリカ・フォーリン・ポリシー紙 「何から何まで間違って
いるように思えるが、不思議な事に、全ていい方向に向かっている
ように見える。大惨事を招くレシピのようだった」 
 世界中 「どっちやねんッ」
初のチャイニーズウィルスなのだから、間違っててもいい
それは、仕方ないと思う
亡くなった方には、本当、申し訳ないがね
1月25日の時点で、うんたらかんたらとか、結果が分かるのは
本当、後だから・・・
シナがまだいろいろ隠している時点で、酷い話なのにさ
シナとCHOの罪は重い
逃げすぎだろう
ヨーロッパで観光業が再開されたが、様子を見ている、、、
 トランプ大統領 「CHOとは、完全に切る」
記者会見で言っていたw
 CHO 「アメリカとの関係継続したいぃ」
まぁ、無理だろうね〜
あと、シナの留学生や研究者のビザ発給なし
完全に、決めたみたいだ
日本も、はよ・・・
トランプ大統領が、言っていた、新しい枠組みは興味津々
G7開催も9月に伸ばし
 ドイツ 「参加したくない・・・」
ノルドストリーム2が、論争に。ロシアからの天然ガスパイプラインだが
https://jp.sputniknews.com/politics/202005317498602/
アメリカの制裁は効くからね
ファーウェイもアメリカの制裁のおかげで・・・
あ、NATOのシナとの関係も論争しているらし
トランプ大統領 「ドイツは出るべき。そして、G7にプラス
いくつか国を入れたい」
そのいくつか入れて、まとまりがなくなったのが、今のG20だよね、、、
今後、どうなるのか
そういえば、アメリカのデモで、ホワイトハウスにまで押し寄せ
 トランプ大統領 「連邦軍出動!」
https://www.afpbb.com/articles/-/3286093
連邦軍の方が、親しみがあるのかなぁ
アメリカ、内戦に突入するののの?
てか、バンカーに避難していたんだね
まぁさ、チャイニーズウィルスの件と、重なったから
不安が爆発中みたいで、、、
また、黒人がどうして、取り押さえられたのか、理由は置き去り
なんでしょ、、、で、左が騒ぐ →デモへ
悪いことをするから、暴れるよね。仕方ないでしょう
あの押さえ込み方は、警察が教えているか、軍仕込みなのか
確実に抑え込んでて、2人以上でかかるなら、1人で
押さえ込めるなら、一石二鳥だよね
日本も対外国人相手に、訓練した方がいい感じ
で、この黒人は、どんな悪いことをしたのかねねね?
理由をネットで、拡散して〜
そして、黒人たちは、どうしたいのかねねね?
死刑復活は、もうすぐなのか
もう、刑務所もいっぱいだから、そろそろなのかなって
いつまでも、刑務所に人を入れておけないのに、、、
ボーダーラインという映画で、まぁ、メキシコのカルテルの話だが
情報を得るために、情報提供してくれたメキシコ人は、なぜか
アメリカの刑務所で、30年も面倒をみてくれるとか
また、刑務所の方が安全ってね、、、あれからでも、状況が
変わっていないのなら、刑務所がいっぱいになるのは
目に見えているが、、、
デモ隊が、抑え込めなければ、次に何するかって
罰則強化だろう
デモ隊の参加者は、胡散臭いので、罰則強化されたら
困るのは、国民なんだが、、、
チャイニーズウィルスなんて、どこかに行ったみたいだ
定期購読記事
[600ptでこのブログを定期購読する(確認画面へ)]
[カテゴリ:Life]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]




くる天
Serch!

Category
全て (1362)
Nature (160)
Environment (512)
Life (413)
Animals (78)
space (19)
Herb (11)
sports (133)
Lohas is Diary (9)
New
07/08 16:22 Chinese Virus 73
07/07 16:31 Chinese Virus 72
07/06 16:43 Chinese Virus 71
07/03 16:42 Chinese Virus 70
07/02 16:58 Chinese Virus 69
the number of Hits
総アクセス数: 42079
今日のアクセス: 3
昨日のアクセス: 32
RSS
Profile
+Lohas Life+-ブロくる
yuki さん
+Lohas Life+
地域:神奈川県
ジャンル:暮らし ライフスタイル
ブログの説明:
a useful piece of life information...
最近の足跡
足跡はありません。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved