このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
松原雄二のテニス技術解説-ブロくる
松原雄二 さん
松原雄二のテニス技術解説
地域:神奈川県
性別:男性
ジャンル:スポーツ 球技
ブログの説明:
プロのテニスを基本とした松原コーチ独自の理論により、テニス技術をやさしく解説し、指導する。
カテゴリ
全て (193)
フォアハンド (57)
バックハンド (26)
サービス (23)
ボレー (27)
スマッシュ (3)
スライス (7)
リターン (7)
シングルス (9)
ダブルス (4)
技術全般 (16)
メンタル (2)
傷害 (0)
練習法 (2)
選手評論 (0)
ジュニア (1)
アクセス数
総アクセス数: 292313
今日のアクセス: 17
昨日のアクセス: 36
RSS
フォアの面を後ろに向ける引き方
[フォアハンド]
2011年11月26日 18時38分の記事



昨日、腕をひねらないで
面を被せないで振り出すためには
ラケット面を後ろ向きになるように引くこと
という説明をした。

今日は、もう一つさかのぼり
その形に引くための
テイクバックについて説明しよう。

この話は何度もやっているので
使う絵のほうも再利用ばかり

それでも、重要な話なので
避けては通れない。

今日は無料の設定にしたので
気楽にクリックしてほしい。



【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


この形で引き




こう振り出してほしい。




そのためには、こうテイクバックするのだ。




黄色い線のように引いていき
面が外側を向くように意識すればよい
腕を外旋しないよう、ひねらないように
テイクバックすればこうなる。




赤い線のように
上に膨らんだ引き方、腕を外旋すると
引き終わりで面が上を向いてしまう。

これが一番危険なところ。

しっかり面が後ろを向いていることを確認しよう。


腕をひねらないで
面が後ろ向きになっていることを
実際にユーチューブの動画で確認してみよう。
これはジョコビッチのウィンブルドン
もちろんナダルのほうの面を見てもらってもいい。

  (ここをクリックして、別画面で見てほしい)



こうゆうテイクバックが出来れば
そこからは、昨日説明したように
腕をひねらないで振り出していけばいいのだ。



このブログへのチップ   400pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/matsu-tennis/185159

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved