このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
松原雄二のテニス技術解説-ブロくる
松原雄二 さん
松原雄二のテニス技術解説
地域:神奈川県
性別:男性
ジャンル:スポーツ 球技
ブログの説明:
プロのテニスを基本とした松原コーチ独自の理論により、テニス技術をやさしく解説し、指導する。
カテゴリ
全て (193)
フォアハンド (57)
バックハンド (26)
サービス (23)
ボレー (27)
スマッシュ (3)
スライス (7)
リターン (7)
シングルス (9)
ダブルス (4)
技術全般 (16)
メンタル (2)
傷害 (0)
練習法 (2)
選手評論 (0)
ジュニア (1)
アクセス数
総アクセス数: 290925
今日のアクセス: 9
昨日のアクセス: 35
RSS
振り子スウィングの話し
[技術全般]
2012年1月3日 19時18分の記事

サーブやスマッシュで
がんばっているのにスピードが出ない人がいる。
逆に、一見ゆったりと振っているのに
速いボールを打つ人がいる。

この違いについて
いつも振り子の原理といっているのだが
ピンと来ていない人も多いと思う。

今日はテニス技術を語る上で前提ともなる
この、振り子について解説する。

今日は無料にするつもりだが
こうゆう、原理的なものや
一昨日のようなテニスの競技としての考え方なども
定期購読の中に入れて行くつもりだ。

やまけんさんからご質問をいただいたが
定期購読として、1ヶ月に最低でも15回以上
通常、20回前後は掲載する予定だ。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


さて、これが普通の振り子。




肩を支点に、腕とラケットが一体になって
下で前後に揺れる。

3枚しかない写真だが

1,2,3,2,1,2,3,2,1、 ・・・

というふうに左右に揺れるようにイメージしてほしい。


このとき、
肩の支点から、重心の距離までが決まれば
振り子の周期は一定に決まる。

腕の長さは大人同士ならそれほど違わない
だから男女を問わず
楽に動かせる振り子のテンポはほぼ一定になる。

細かいことを言えば
腕の短い女性のほうが大男よりも
振りの最適テンポはほんのチョイ速いことになる。


まずは、この振り子を実験してみてほしい
そして、そのテンポに逆らわない
スウィングのテンポを見つけてみてほしい。

これだけで、あなたのフォアハンドは
すばらしい物に変わるかもしれない。



次に、サーブスマッシュの振り子。

上側の振り子。




メトロノームだ。

下の付け根にばねを付け
上の棒を揺さぶれば重心までの距離により決まる
一定のテンポを往復運動で刻む。
重心までの距離は錘の位置をねじでずらして変える。


これを身体に応用。

肩を支点に、インナーマッスルをばねに
内旋、外旋で動く
肩の上で動く振り子をイメージしてほしい。




これも、人によらず
ほとんど同じテンポになる。

ほんとかどうか是非、実験してみてほしい。

その時にわざとテンポを変えてみて
それが楽に出来るかどうかを調べてみるとよい。

もちろん楽じゃないはず。


つまりこのベースのテンポに上手く乗るようにすると
自然に、無理のないのテンポで
かなり強力なサーブやスマッシュを打つことが出来る。


実際のプレーではインパクトで腕が伸びるので
こんな形になるので、念のため。




女性なら
このテンポに完全に乗ればいい。
なめらかで美しいスウィングから
えっ、女性が、というショットが打てる。

男性は
前半のスウィングはこのテンポに乗り
後半、インパクト前後を
腕をねじ伏せるように加速してやると




超強力なスマッシュやサーブになる。



このブログへのチップ   400pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(新着順)
1. やまけん 2012年1月4日 2時10分 [返信する]
1か月の記事量了解です。
ぜひ読ましていただきます!

 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/matsu-tennis/189945

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved