このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
松原雄二のテニス技術解説-ブロくる
松原雄二 さん
松原雄二のテニス技術解説
地域:神奈川県
性別:男性
ジャンル:スポーツ 球技
ブログの説明:
プロのテニスを基本とした松原コーチ独自の理論により、テニス技術をやさしく解説し、指導する。
カテゴリ
全て (193)
フォアハンド (57)
バックハンド (26)
サービス (23)
ボレー (27)
スマッシュ (3)
スライス (7)
リターン (7)
シングルス (9)
ダブルス (4)
技術全般 (16)
メンタル (2)
傷害 (0)
練習法 (2)
選手評論 (0)
ジュニア (1)
アクセス数
総アクセス数: 291312
今日のアクセス: 6
昨日のアクセス: 54
RSS
シングルスの戦法
[シングルス]
2012年9月1日 16時39分の記事

今日は以前の無料記事の焼き直し。

これからシングルスの戦術について何回かお送りする。
その入り口の話し。
だから、このタイミングでぜひ読んでほしいのだ。


さて、シングルスでは
作戦が定型化されているダブルスに比べ
徹底べチャ粘りから超攻撃型まで
ありとあらゆる可能性が考えられます。

しかし現実にはいくつかの基本パターンが考えられますし
実際にやることがはっきりしている人が
勝利することが多いようです。

今日は初級、中級編

あまりにも単純作戦なので無料です。



【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


初級の作戦は?

当然、べチャ粘りです。

相手がエラーするまでつなぐ。
決して、決められそうなボールにつられないことが重要。


これは私自身の経験談。
田舎のジュニア、重要大会でのこと
テニス暦2年目の私は初優勝を目指していました。

準決勝でショットのミスにダブルフォールトが重なり
ファーストセットを6−8で落としてしまいました。

ここでひらめいたのが、T字戦法。

T字戦法といっても、坂の上の雲でおなじみ
日本海海戦、秋山直之発想の敵前大回頭ではありません。

コート上の『Tの字』、サービスラインのど真ん中のこと。

そこ以外に打たないことを決意したのです。

どこのラインまでも、ネットも
4m以上の距離があります。
エラーするわけがない。

もちろんわざと浅く打つわけですから
エースは取られる。
しかし、いくら決められても気にしない。

このレベルで、いくらイージーボールといっても
相手がすべて、エースでポイントを重ねられるとは考えられない。






それから、2時間、勝ちました。


ネットへ出られたらどうするか? ですか

もちろんロブでT字戦法です。


実は決勝もファ-ストセット,4−6ダウンから
同じT字戦法で勝ちました。

私の最初の優勝記録です。


ここでの勝因ですが
作戦がよかったというよりも
やることを決めて、断固、実行し、迷わなかったこと。

やることを決めたら
案外気が楽になったのを覚えています。

最後まで貫きました。

もちろんエラーしなかったこと。

粘り合いでは、先に粘ったほう
粘ることに迷わなかったほうに流れが行きます。


現代では、ラケットもよくなり
トップスピンで打ちますから
これと同じレベルでは勝てないでしょうが
ラケットとトップスピンはこちらも持っている。





『Tの字』後の、大平原戦法ならいけるでしょうし
プロの試合を見ると
すごいトップスピンで
サービスライン付近に打ち込んだりしています。

やはり、T字戦法もありかもしれません。


とにかくこれで、勝つということ
優勝するということを一度覚えることです。



次は中級の戦法。

これは得意ショットで相手の弱点を攻撃するか
攻撃するふりをすること。





私のやり方は
フォアハンドの逆クロスでバックを攻めること。

そして浅くなったところをクロスにビシッ。

といければいいのだが
まだ出来ないなら
本当に打ちやすいときだけ決める。

後はいつでも決められるふりをする。


まだ自分が中級であることをちゃんと認めつつ
上級者であるようなふりをする。


まあ浅くなったボールをきちっと決められるようになれば
中級は卒業でしょう。

つまりすでに上級者。


上級者としては結末をきちっと押さえること
サーブ、レシーブからのストーリーがあることなど。

次回、みっちりやりましょう。




このブログへのチップ   400pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/matsu-tennis/203139

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved