このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
松原雄二のテニス技術解説-ブロくる
松原雄二 さん
松原雄二のテニス技術解説
地域:神奈川県
性別:男性
ジャンル:スポーツ 球技
ブログの説明:
プロのテニスを基本とした松原コーチ独自の理論により、テニス技術をやさしく解説し、指導する。
カテゴリ
全て (193)
フォアハンド (57)
バックハンド (26)
サービス (23)
ボレー (27)
スマッシュ (3)
スライス (7)
リターン (7)
シングルス (9)
ダブルス (4)
技術全般 (16)
メンタル (2)
傷害 (0)
練習法 (2)
選手評論 (0)
ジュニア (1)
アクセス数
総アクセス数: 296793
今日のアクセス: 11
昨日のアクセス: 30
RSS
フォアハンドは上体を固める
[フォアハンド]
2012年9月13日 17時0分の記事

今日は以前の定期購読記事の焼き直し
基本中の基本話し
無料で公開する。


さて、安定したフォアハンドを打つ最初のコツは
インパクトの形で引くテイクバック。

次のコツは姿勢、

一流選手はみんなかっこいい。

かっこよさのためだけでなく
安定したフォアを打つための重要な要素。

しかも安定度だけではないのだ。

今日は特にすばらしい軸を持っている
土居美咲さんを例に
フォアハンドの姿勢について解説しよう。



【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


土居美咲さんは次の日本の最有力エース候補だ。
エースの条件はサーブとフォア。

どちらにも可能性を秘めた選手だが
特にフォアハンドの姿勢がすばらしい。

もうちょっというと
体幹部の力の入れ具合がすばらしい。

彼女のフォア。





いい姿勢でしょ。

これだけなら普通だが
相当に厳しい状況でも





力の入れ具合がこちらに迫ってくるような絵です。

ここまでがんばるのです。


昨年ウィンブルドンでも
肩の高さぐらいからも
安定してダウンザラインに
ウィナーを打ち込んでいたのを覚えているでしょう。



構えから垂直





振り出せばもちろん





フィニッシュまで





そしてインパクトで上体をしっかり固めることには
別の意味もあるのです。

それはパワー。

パンチのあるショットを打つためには体幹部の力
特に背筋力が必要なのです。

野球のホームランバッターも
ボクシングのヘビー級チャンピオンも
テニスのハードヒッターも

みな、とてつもない背筋力の持ち主なのです。


インパクトでブロック。





単に垂直で美しい姿勢というだけでなく
インパクトでの上体の力感。

チャンピオンの証なのです。







最終編集日時:2012年9月11日 17時0分

このブログへのチップ   400pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(新着順)
1. gozila 2013年12月16日 13時13分 [返信する]
背筋力と体軸がどのように、
ラケットの加速につながるのか?
説明不足ですね。

 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/matsu-tennis/205545

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved