このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
松原雄二のテニス技術解説-ブロくる
松原雄二 さん
松原雄二のテニス技術解説
地域:神奈川県
性別:男性
ジャンル:スポーツ 球技
ブログの説明:
プロのテニスを基本とした松原コーチ独自の理論により、テニス技術をやさしく解説し、指導する。
カテゴリ
全て (193)
フォアハンド (57)
バックハンド (26)
サービス (23)
ボレー (27)
スマッシュ (3)
スライス (7)
リターン (7)
シングルス (9)
ダブルス (4)
技術全般 (16)
メンタル (2)
傷害 (0)
練習法 (2)
選手評論 (0)
ジュニア (1)
アクセス数
総アクセス数: 294419
今日のアクセス: 59
昨日のアクセス: 45
RSS
集中を持続するには
[メンタル]
2012年9月15日 17時38分の記事

今日は以前の定期購読記事の焼き直し

今日は、無料の設定なので
ぜひ読んでもらいたい。




【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


さて集中するのに一番いい方法。

一番いいのは楽しんでプレーすること
孔子大先生もおっしゃっていますが
楽しんでやっている人には勝てません。

子供たちも遊んでいる時の集中力は最高
ご飯で呼んでも気がつかないほど。

集中力を持続させるとすればこれしかないかもしれません。

さて遊んでいられない時は?

集中力が途切れた時は
どうしたらよいかということになりますか。


ちょっと前からプロがみんなやっていたのは
ポイントの合間に
ストリングのずれを直すこと。

ストリングに集中することで、集中を再開するのです。

2人ともこればっかり
このせいで試合が暗くなる
という批判があったのを覚えています。



大リーグで活躍した
シアトル・マリナーズの長谷川投手を知っているでしょうか

彼はピンチになったり
迷ったりした時は
スコアボードに上に翻る、星条旗を見たそうです。

アメリカだとどの球場にもあるので
決まったパターンから
集中に入りやすいようです。


さて、私の方法ですが
日本のテニスコート
しかもマイナーレベルだと日の丸もないかも。

だから、遠くの雲を見ます。
雲の形を観察して形を観賞。

そして、見ながら深呼吸。
「よしっ」 と小さくいいます。

これでOKです。

というかこれでOKということにしているのです。


何でも、信ずる物は救われるのです。

独自の方法でかまいません
何かに集中するのです。


集中しろ、と叫んでもだめです。




ところで、技術的な問題はありませんか?


安心して打つだけの腕が無いと雑念がたくさん出ます。

間違いなく出来るショットで試合を構成すべきです。

出来ないことをやって
がたがたとなるのは集中力のせいではありません。

たまたま、上手くいっている時は乗ってきて
集中できます。

エラーが出たとたんに疑心暗鬼
一気に集中がなくなります。

これは集中の問題ではなく

下手なんです。


まずはしっかりした技術を持ちましょう。






そうなったころ、集中できる自分に会えると思います。






最終編集日時:2012年9月11日 17時38分

このブログへのチップ   400pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(新着順)
1. レフティ 2012年5月4日 20時12分 [返信する]
大変興味深く読ませていただきました。
一番の問題は、技術的な問題。もっともです。思いつくケースとして、ダブルフォールトを連発していたら、あとのプレーにまで、気が回りません。その技術的なこと全般では、まだまだ疑問があるのですが、またの機会にお聞きしたく思います。よろしくお願いします。

 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/matsu-tennis/205813

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved