このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
松原雄二のテニス技術解説-ブロくる
松原雄二 さん
松原雄二のテニス技術解説
地域:神奈川県
性別:男性
ジャンル:スポーツ 球技
ブログの説明:
プロのテニスを基本とした松原コーチ独自の理論により、テニス技術をやさしく解説し、指導する。
カテゴリ
全て (193)
フォアハンド (57)
バックハンド (26)
サービス (23)
ボレー (27)
スマッシュ (3)
スライス (7)
リターン (7)
シングルス (9)
ダブルス (4)
技術全般 (16)
メンタル (2)
傷害 (0)
練習法 (2)
選手評論 (0)
ジュニア (1)
アクセス数
総アクセス数: 294542
今日のアクセス: 5
昨日のアクセス: 35
RSS
上体を固める意識は
[フォアハンド]
2012年10月9日 17時39分の記事

定期購読記事の焼き直しは、後2つ。

今日のは元々、無料だったものの焼き直し。

以前も今も大事な話し、今日も無料の設定だ。


さて、フォアハンドだが
どうも、身体がフニャっと来て、エラーする人が多い。
肝心な時に軸が決まらなければどうしようもない。
プロの固め具合を見て、しっかりフォアを身につけよう。


テイクバックで背筋をまっすぐに立て、姿勢を決める。

振り出しで、腹筋に力が入り

インパクトでは全身に力が入る。

フィニッシュでは再び背筋で支え

小さく、「よしっ」 とつぶやく。


今日はそのときの意識の話し。


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


フォアにボールがきた。
すばやく、打点に近づき、テイクバック。





背中に力が入り、ピンとする。
かすかにハードヒッターの誇りが。


振り出しでは、上体の前面を意識し





腹筋に3分の1、力が入る。

上体の前側を狭くするようなイメージで

「こいつを食らえっ」





上体のみならず、全身、両足までグット力を入れ

インパクト !!!!  フッキーン !!!!!





「どうだっ」





フィニッシュまで姿勢を保ち
背筋にハードヒッターの誇りが漂う。






「よしっ」


上海でもすばらしいフォアハンドを見せてくれ。




このブログへのチップ   400pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(新着順)
1. ハル 2012年11月4日 7時56分 [返信する]
スクール上級者です。
ここを読むまでフォアハンドをふかしていましたがテイクバックの親指を外側に向けたらバコラーに大変身しました。感謝!
さてサービスですがトップジュニアのようにバコリたい!いまはスライスやスピンスライスでカーブさせてモコモコふかしながらも打っていますが(スピードガンで100キロ未満)ドカ――んとコーチのように打ちこみたいのでコツを伝授お願いします。

 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/matsu-tennis/207363

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved