ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
松原雄二のテニス技術解説-ブロくる
松原雄二 さん
松原雄二のテニス技術解説
地域:神奈川県
性別:男性
ジャンル:スポーツ 球技
ブログの説明:
プロのテニスを基本とした松原コーチ独自の理論により、テニス技術をやさしく解説し、指導する。
カテゴリ
全て (193)
フォアハンド (57)
バックハンド (26)
サービス (23)
ボレー (27)
スマッシュ (3)
スライス (7)
リターン (7)
シングルス (9)
ダブルス (4)
技術全般 (16)
メンタル (2)
傷害 (0)
練習法 (2)
選手評論 (0)
ジュニア (1)
アクセス数
総アクセス数: 294571
今日のアクセス: 34
昨日のアクセス: 35
RSS
2012年8月25日 16時39分
両手バックはフォアハンドじゃない
以前の定期購読を50円の都度課金に焼きなおした。

バックの苦手な人にはぜひ読んでほしい。


さて、両手バックは上体の回転力に対し
腕の力が勝っているため
特に男子では非常に窮屈な振り方になる。

そのため、打点以外は
面の保ち方も身体の使い方も
かなりフォアハンドとは違う。

今日は両手打ちを
フォアハンドと比較して解説しよう。


[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:バックハンド] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2012年8月21日 16時17分
片手バック手の動かし方
今日は以前の定期購読記事の焼き直し
50円の都度課金だ。

順番に焼き直しをしているが
コメントで要望をいただいたので
この記事を先にした。



さて、片手バックは
昔なら身体に巻きつけた腕の振りほどき
私の基本的な振り子の理屈でも
大きなフォロースルーになるので
打球方向への腕の振りが意識されがちだ。

しかしプロはもう一味
上体の回転や手の引き込みなどで
鋭い加速をする。

今日は力のそれほど無いはずの女性なのに
鋭いスウィングで知られるエナンを例に
動画も使って
パワーのコツを解説しよう。

[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:バックハンド] [コメント (2)] [トラックバック (0)]



2012年7月19日 17時10分
一番届く片手バック
今日のは以前にも無料で出した記事。
昨日の片手バックからの流れがあるので
ぜひ、続けて読んでもらいたいのだ。


さて、片手バックで一番リーチが広いのはスライス。
両手バックの人も最後は片手になってこのスライスに頼る。

片手のトップスピン系で言えば
腕のスウィングは普通に振るしかなくて
フォアのナダル打ちや
両手で、ロディックのように
手首から先だけ振るような裏技はない。

たぶん一番遠くまで
トップスピンで打てるのはフェデラー
彼の動画を見て、説明しよう。

今日は無料の設定だ。
[続きを読む]
[カテゴリ:バックハンド] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2012年7月18日 17時6分
片手バックのスウィング
今日のも以前の定期購読記事の焼き直し。

50円の都度課金だ。

自分で言うのもなんだが
写真や動画も使って、なかなかわかりやすいと思う。
片手バックの人はぜひ読んでもらいたい。


さて、片手バックは振り子、Uの字スウィングを
一番の要素として使う。

先日、両手バックは直線型のスウィング
だから右肩を下げてフィニッシュと書いた。

片手の場合は直線、短いスウィングでは
加速が足りない。
もう少し長めの、じっくり加速スウィングが必要なのだ。

だから振り子。

今日は片手振り子スウィングの考え方とコツを
お話しよう。

[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:バックハンド] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2012年7月15日 18時4分
両手バックは直線引張り加速
片手バックと両手バックとは
スウィングの仕方が異なる。

片手は肩を中心にした、振り子スウィングが基本。

それに対し、両手打ちは
かなり直線的なスウィングをするのだ。

もちろん両手のほうが力持ち。
振り子の勢いに頼らない打ち方が出来るのだ。


今日は50円の都度課金だ。


[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:バックハンド] [コメント (1)] [トラックバック (0)]




 前の5件 次の5件

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved