ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
松原雄二のテニス技術解説-ブロくる
松原雄二 さん
松原雄二のテニス技術解説
地域:神奈川県
性別:男性
ジャンル:スポーツ 球技
ブログの説明:
プロのテニスを基本とした松原コーチ独自の理論により、テニス技術をやさしく解説し、指導する。
カテゴリ
全て (193)
フォアハンド (57)
バックハンド (26)
サービス (23)
ボレー (27)
スマッシュ (3)
スライス (7)
リターン (7)
シングルス (9)
ダブルス (4)
技術全般 (16)
メンタル (2)
傷害 (0)
練習法 (2)
選手評論 (0)
ジュニア (1)
アクセス数
総アクセス数: 292128
今日のアクセス: 19
昨日のアクセス: 25
RSS
2012年10月5日 21時51分
チョップとは
以前にレフティーさんからいただいた質問の答えです。


一昔前、スライスはチョップショットにならないように言われました。
チョップショットとは、なんでしょうか?普通のスライスとどう違うのでしょうか?
前回スライスの回転のことでお聞きしましたが、チョップショットにも使い道があるんでしょうか?


私の答えです。

今日も無料の設定です。

[続きを読む]
[カテゴリ:スライス] [コメント (1)] [トラックバック (0)]



2012年9月19日 16時27分
最近のスライスはその2
今日は以前も無料だったブログの焼き直し。

スライス話、第2弾だ。


テニスには色々ある。
われわれの大先輩たちのテニスはもちろん。
若者のテニス、特に現役のプロのテニス。
5才の子のスポンジボールまで。

その体力と相手の力量などにより
勝てるテニスのやり方は変わる。

もちろん、楽しめるテニスのやり方も。

その中で私は、トッププロたちのテニスを
自分の立ち位置にして、お話することが普通だ。

これは、プロたちが合理的なテニスをしているからで
これからの日本のテニスのベースにもなってほしいからだ。


スライスの意義はプレーヤのいるレベルや年齢で
もっとも差の出るところ。

50才以上のベテランなら、フォアハンドも含め
スライスオンリーでもかなり勝てる。
むしろ有利かも。


カルロビッチにネットを取られたら確かに抜けない
でも、これはジャンルの違う話で
彼とは絶対に対戦しない。

打ち合いも長くつながるので
スライスの役割も多く、回転量の加減も出来る。

だから、これ以上の年代の人たちには
色々なスライスを使う人がいる。

これも、1つの現代テニスなのだ。

[カテゴリ:スライス] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2012年9月18日 16時19分
最近のスライスは
大昔はバックといえばスライス
木のラケットのころ

ラケットがアルミからカーボンに変わっても
しばらくはそうだった。

だからスライスだけですべてをやる。

攻撃も守備も
つなぎもパスも

だから、パスにはフラットに近い球質
つなぎは回転多目、といった感じ。


それに対し現代はぶん殴り系は
両手バックや片手バックのトップスピンの担当。

スライスの役割は変わってきている。
[続きを読む]
[カテゴリ:スライス] [コメント (1)] [トラックバック (0)]



2012年6月22日 13時18分
ぎりぎりボールの返球
守備範囲を広くし
出来ればそこからいきのいいボールを打ちたい。

もっとも難しいのは
中級者までならバックの遠いボールを返すこと
上級者ならフォアの遠いローボレーだろうか。

今日はこれらのコツについて解説する。


実は、下川井テニスクラブ
会員さんたちとプレーしたときに
ワンポイントアドバイスとして残してきたお話なのだ。


これは以前に定期購読として出ていたもの

今日は都度課金で公開する。


[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:スライス] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2012年1月6日 19時0分
ぎりぎりボールの返球
守備範囲を広くし
出来ればそこからいきのいいボールを打ちたい。

もっとも難しいのは
中級者までならバックの遠いボールを返すこと
上級者ならフォアの遠いローボレーだろうか。

今日はこれらのコツについて解説する。


実は、先ほど、下川井テニスクラブで
会員さんたちとプレーして
ワンポイントアドバイスとして残してきたお話なのだ。

[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:スライス] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved