ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2020年8月11日 11時47分
周庭氏逮捕に見る習政権の末路
 
8/10香港の著名な民主活動家、周庭(英語名アグネス・チョウ)氏(23)が香港国家安全維持法(国安法)違反容疑で香港警察に逮捕された。他新聞創業者等10名を逮捕している。

習近平政権がコロナ原因者として世界の顰蹙を買い、悉くやる施策が裏目に出る中、強権姿勢丸出しで、東アジア、南シナ海領有権実効支配行動、自己の不始末は攪乱すれば誤魔化せるものではないことを知るべきであろう。そして香港民主化の圧殺弾圧にもその追い詰められた焦りすら見えるではないか。

問題は、周氏の逮捕などに抗議する外国の者さえ処罰の対象となるというではないか。それでは、如何に中国当局が世界の自由民主勢力を敵に回すというもの。逆に立場を不利にしているというもの、ますます世界性・普遍性に欠ける立場に押しやられている。

戦前日本の予防検束の濫用をみるようである。反対者を排除したその結末は沖縄本土決戦で殲滅され、国民が大量に焼夷弾で焼き殺され原爆で殺戮されたではなかったか。

中国共産党は毛沢東の幻想はなく、イデオロギー的には、社会主義共産主義?の正当性は見られることはなく、ただの人民抑圧、覇権主義に成り下がっているのではないか。他者を抑圧する人民は自由足りえない(レ-ニン)。

米国欧州他の中国との関係を見直す流れは一層加速している。


  [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年8月8日 7時42分
コロナ対策の悪循環とは
 
四月の非常事態宣言から一時感染者数が減った。ここがポイントで。ここで手を緩め、経済活動再開、人の移動の緩和、GO TOトラベル。とやったばかりにいち早く第二波を呼び込んでしまったという。

新型コロナウイルスの感染メカニズムは、感染者数が少なくなった時にコロナを叩くことにあるという(東大児玉名誉教授)。少なくなったから手を抜くというのが悪循環。

コロナを抑え込むのは社会の力。日本が高い国民の公衆衛生観念による感染防止があったように、病院の重症者を減らすことに重点を置くミラノはPCR検査を徹底したベネチアに比べ逆に重症感染者数が増え死亡者数が五倍に上った。

考える前に行動する例のナポレオンがやった行動様式。如何にも役人が苦手とする。PCR検査機器が山ほどある大学研究機関をいち早く閉鎖して生かせない厚労省役人。

人の命を守ることにリ-ダ-シップを感じる者がいないこと。国会を軽視し会見を逃げ回るようでは。

一時感染者数が減った時期にコロナウイルスの遺伝子が変異して持続拡大可能なもの東京型が根付いたという。これは困った。東京のエピセンタ-化(震源地)と言われる。下がった時に徹底的にPCR検査
をやらねばならなかった。この間に、恐らく日本人により広く感染するよう突然変異したものだ。より困った。

新宿エピセンタ-が名古屋大阪福岡沖縄と広がったのが現状だという。空港、米軍基地いずれも流入が続いている。

お盆の時期はこれを叩く重要な時期だといわれるのだが。
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年8月3日 18時40分
コロナ第二波前倒し到来に見えるもの
 
秋の感染シ-ズンを待ってくれなかった新型コロナウイルス感染第二波。それだけ感染力が強い。ただ夏場ということで、やや毒性が抑え気味なのかもしれない。百年に一度という、百年前のスペイン風邪では第二波は死者が急増それは秋冬の感染シ−ズン。

スペイン風邪は億に近い死者を出したがゆえにウイルスも宿主が死んでは増殖できないので遺伝子変異を経て流行を繰り返し抗体に包囲されて普通の風邪のようになって消滅したとされる。

新型コロナウイルスは初期症状を隠し込む遺伝子をそなえ無症状で感染拡大を図るという厄介なものしたがって急激に重症化するように見える。

ウイルスにとって増殖するためには死者は少なくなるように突然変異する可能性があるというが治療法や医療体制の遅れるうちは死者が急増することはさけられない。

スペイン風邪が地球規模で感染し尽くし殺し尽くして収束していったように、新型ウイルスが一朝一夕に収まることは無理というものだろう。自然の感染猛威に対応する科学の力量治療薬ワクチンも限りあるものと言わねばならないだろう。

近々のうちにオリンピックを開いてなど面子をかけてやるべくもない。長い戦いとなる予兆がある。

わが身を守り社会を守り、自らを省み社会・政治を省み、ウイズコロナの時代に処していかねばならない心構えが求められている。
[カテゴリ:天災] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年8月2日 16時52分
米中新冷戦の行方
 
米ソ冷戦は、ソ連共産党瓦解により収束したように、米中新冷戦といわれる両者の対立その行方に関心が集まるところである。

宇宙での軍事緊張、米中貿易戦争、両者の言い分はハイテク分野フア-ウエイなどに見られる中国の知的財産権の不当な窃取・侵害行為スパイ行為が世界の覇権競争において米国を出し抜こうとしていると。南シナ海などでの中国の実効支配はアジアの諸国豪州の緊張を高め香港台湾問題は世界の眉根を寄せる。

GDP世界二位の中国経済がそこまで覇を唱える実力が出てきたというのであろうか、世界の工場として経済関係を深め世界経済に貢献と思いきやその実は収奪と支配につながる覇権主義の野望に貫かれていたとは。それはコロナのパンデミックの原因となりひたすら隠蔽した姿勢にその正体を見て取れるのかもしれない。

単なるトランプ陣営の選挙対策に止まらない、深刻な世界支配に民主陣営は結束の機会が到来しているとされる。

ソ連崩壊に学んだともされる中国共産党の監視と弾圧による支配。それはどこまで強固なものなのか。古くはアッシリアという強大な軍事国家が城壁の厚さを数百メートルなものにしても内部瓦解でほろんだように、似非社会主義ならぬイデオロギー的には何もない監視と暴力と経済による支配?。方やデモクラシー自由陣営はそれだけで軍事暴力による支配を不要とする強みがある。
 
コロナ禍の原因者として忌避し世界が政治経済において脱中国へ向かおうとして、その覇権横暴を止めるには米一国ではあやしくなっているというのであろうか。百年に一度の感染症危機を招きひとり勝ち誇るようなやり方は通用はしない。

そういう中で、日本の立ち位置は?
コロナ対策でオロオロするような、指導力に欠け、無為無策と言われるようでは。変わってもらって構わないのではないか。





  [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年7月28日 21時21分
PCR検査を敢えて増やしてこなかったつけ
 
まず、企業への影響。海外では日本のPCR検査の極小という認識が定着しているから、PCR検査の陰性証明がないと受け入れない。企業も経費を払ってということになる。

PCR検査を自由診療で受けると数万円という,保険適用がないからだ。これでは検査数の伸びは抑えられてしまう。

まず政府がPCR検査に消極的であること。感染者数が増えれば、東京オリンピックの開催がますます怪しくなる。図星であろう。オリンピック開催を自分の手柄レガシイにしたい御仁がいて、低く抑える必要がある。

経済の再稼働にしても、旅行の振興にしても、PCR検査をまず受けてということが分からないのであろうか。
ますます自己利益に目がくらんで、ますますコロナの感染拡大は容赦ないということに。

今再度非常事態宣言を打てば、東京五輪が遠のくと、マスクを再度配る?

自己を支えたとされる経済の後退を認めざるを得なくなり、それでも夢よもう一度!
ならなぜPCR検査を増やさないのか!

どんどん選択の幅が狭まっていはしまいか。

危機対応能力において落第点ははっきりしつつある。
なにも、こんな政権に大切な国政を引き続き任せてよいと思う国民も少なくなりつつあるのではなかろうか。
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年7月27日 20時11分
コロナ禍で問われる為政者の資質
 
六月から記者会見をしなくなった総理。閉会中審査に出ず都合が悪いと奥に引っ込むようだ。

危機の時は指導者の支持率は上がる。逆に下がっているのは日米だという。ドイツのメルケル首相は国民の前に出てきて何時間でも説得する。国民はメルケルの話を聞いていると説得されるという。

国民を説得するよりも政権維持にプラスになるかしか頭にないのが本音かもしれない。諸施策もこの基準で、だから、情報収取に力を入れてとならない。うまくいかないずれる原因もこのあたりにあるのではないか。

コロナの勢いに世界は苦闘しているなか、日本の為政者だけは国民の並外れた厳格かつ律儀な公衆衛生観念と努力に胡坐をかいて政権維持に恋々としているのではないか。

コロナ禍から抜け出る知恵は、よく見、聴き、考え議論するなかから、発見されるものとしたら、近親者親しい仲間だけで決めたか突如として出される学校一斉休校、GO TOトラベルの前倒し、それに比べ病院関係者への予算はすくなく医療従事者の疲弊を招いているとされるあたり、どうもこの政権の動かせない部分のようである。


[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年7月24日 9時29分
尖閣に頻繁に接近する理由
 
中国海警の大型船が尖閣諸島の接続海域に連続して101日以上侵入し操業する日本漁船を追い回す。今までになかった頻度とやり方。
もちろん、領土問題が存在することとして尖閣諸島をかすめる第一列島戦線から米を追い払いたい。
それだけでない、日本最南端はるか沖ノ鳥島で無断で海底調査する。これは、グアムを含む第二列島線から米を来させないため。

太平洋に進出したいと言う願望によるとは言え、この間のコロナパンデミックの原因者となり続く諸策に失敗を繰り返した習近平指導部が追い詰められた裏返し。

果ては太平洋を米中で山分けしたいなど、とんでもない。

軍事の近代化巨費を投じ、ある程度可能となりつつあるか。

只の覇権主義、何が世界に安寧と平和もたらすか。コロナ禍で十分世界に迷惑かけて謝りもしない。

盗賊国家思しき世界支配など誰が望むだろう。

余りに経済依存を深めた我が国。これがために目が曇ってしまわぬように。外交は股裂きにあっているとされる韓国を含め、中国に貿易で叩かれている豪州、インド、そして盟友アメリカと幾らでも連携の余地はある。
ただ、彼の経済がこれ以上の発展となり覇権主義の膨張を許してしまわぬように、アジアには有望な諸国がある。中国依存からシフトする流れは、世界的にも始まっているといってよかろう。

  [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年7月14日 20時25分
なぜGO-TOキャンべ-ンを前倒しで
 
内閣支持率36%不支持率45%これでは気にするだろう。ただでさえ気にする御仁のようである。東京オリンピック、インバウンドすべて期待外れ特にGO-TOキャンべ-ンは緊急事態宣言補正予算でも早い段階で営業自粛要請よりも抜きん出てどうして前のめり実施の決定があったようだからだ。夢よもう一度か?

経済界からの要請? 落ち込みが激しいから? 経済浮揚に殊の外かけていたから?

感染拡大に移動の制限をかけていた矢先、緊急事態宣言を解除し、旅行で感染者を移動拡散するとでも。

新型コロナウイルスに無症状者が多いのはそのORF3bという遺伝子が自然免疫細胞の働きを騙し鈍らせるという研究結果がある。巧みに免疫をすり抜ける狡猾さ。だから一見無症状熱も出ないしかしウイルスが静かに増え肺炎が広がる。そして急激に悪化するという理由だ。これがパンデミックを招く技。これではPCR検査の圧倒的に少ない我が国で、国民の厳格かつ律儀な公衆衛生の努力で持ちこたえてきたものに胡坐をかいたままで、経済優先支持率回復を掛けるとでもいうのだろうか。あまりに単純、ウイルスの思うつぼ。

こんなことで経済が回復する? 否、元には戻らない、低成長が或いはマイナス成長が基調の経済社会が訪れようとしているのではないか。不用意な前倒し施策がオ-バ-シュ-トを招かないとも限らない。

第二波は第一波以上に被害が深刻になるというのが人類の歴史でも明らかである。そうならない保証がどこにあるというのだろう。

支持率は通信簿。またまた捻じ曲げて、得意の黒を白にしたいのであろろか。

[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年7月9日 21時2分
パンデミックの原因者
 
依然劣ろえぬ新型コロナウイルス国内感染者数。7/9は224名の過去最多の感染者数を記録した東京都だ。世界は依然パンデミックで感染者数1200万人死者数55万人余も止まることはない。

中国武漢で発生したとされ当局の隠蔽でその実態が明かされないままいわば意図的(悪意知ってて)な不作為でパンデミックに至ったとその疑いは拭いようがないのだが。

14世紀ヨーロッパ、ペストの大流行で人口の1/3である3000万人もの死者を出した原因者と目されるのが、ペストがキルギスに起原を持つところ、モンゴル軍チンギスハン元帝国の侵攻で、当時イタリアベネチアの植民都市であった黒海クリミア半島のカッファを侵略した。その時モンゴル軍内で広がったペストの死亡患者をあろうことか投擲機でカッファ市内に投げ込み瞬く間に市中感染は拡大し、航路を通じて、ヨ-ロッパの港からヨ-ロッパ全土に広がり500回もの感染拡大を繰り返し最悪のパンデミックを招いたとされる。

ここでも悪意人為により細菌学もない無防備の当時の人々の犠牲をもたらしたといえるのではないか。

同様のことは第一次世界大戦の最中、戦闘国間で情報を隠蔽したがために、世界的パンデミックを招いたスペイン風邪にも見られる。

こうした、人為により増幅され人の弱さに無慈悲に(ウイルスにとっては好都合な)とりつくものだと知らされてくるのである。

今回の新型コロナウイルスのパンデミックも過去の教訓を生かそうとしない人或いは国家の弱みにまさに付け込まれたものではなかろうか。



[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年7月8日 19時27分
記録破りの前線降雨被害
 
雨量流量そして梅雨前線の停滞が長く続き大きな土砂災害氾濫浸水被害が出ている。偏西風が吹きおろし太平洋高気圧の北進を阻んでいるという。

過去の記録を前提の治水計画の為、地球温暖化により海水温が高く湿気も高い。従来のと違い今回はインド洋南シナ海から大量の(アマゾン川2〜3本分もの水蒸気だという)前線に大河のような水蒸気が吹き込み線状降雨帯を形成した。想定外の降雨に到底河川は持ち堪えることはできない。山の保水能力も限界だという。

西欧などに流れる大河、ライン川ドナウ川などほとんど高低差のない緩やかに流れるのと違い山がちの国土に流れる我が国の河川はまるで滝のようだという。そこに、記録的な流量だ。ひとたまりもないか。

為政者はどこに重点を置き河川の改修を行ってきたか。否怠ってきたかだ。

大雨だけでなく台風被害も尋常でなくなっている。

一刻の猶予もなく地球温暖化対策。災害を少しでも軽減すべき治水事業。古来治水ができない為政者は長くはもたないというべきか。





  [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の10件


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved