このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
贈収賄罪の可能性
[政治]
2018年5月15日 20時29分の記事

役人は公の存在として明治憲法下では天皇の官吏であり涜職の罪は天皇への罪として峻厳に処罰された歴史がある。平和憲法国民主権にもその伝統は受け継がれている。ロッキードしかり財務省しゃぶしゃぶ接待しかりである。
 今回の家計汚職は如何に。金額の多寡は問わない。いかに家計理事長と接待ゴルフ会食の多いこと。
 何もないという方がおかしいであろう。
国家戦略特区の最高責任者は明白である。えこひいきがないというのがおかしいわけで、これを立件しないというのであれば何なんだということになるであろう。

 

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(投稿順)
1. 強権政府 2018年5月26日 13時50分 [返信する]
政府は霞が関の人事権を握り、警察官僚を要職に据えてにらみを利かせているので立件はありえないでしょう。
ロッキード事件の田中角栄は日中国との交回復や中東の石油利権の獲得に独自外交を展開したためアメリカが怒り、属国日本の検察が動かされたのだと思います。
籠池前理事長を長期間拘置したのも安倍政権の意向でしょう。

 

2. 1.の訂正 2018年5月26日 14時21分 [返信する]
日中国との交回復や>中国との国交回復や


 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/mb/409034


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved