このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
押付け改憲議論の根底にあるもの
[政治]
2019年10月12日 11時10分の記事

押しつけとも取られかねない改憲議論、その根底にある改憲推進派は違憲の疑い濃厚な先の集団的自衛権行使容認の安保法制を正当化する必要に迫られているからである。これは憲法改廃蹂躙の常套手段ともいわれるという。
 
 その証拠に、自衛隊だけは戦力ではないかのごときは欺瞞的であって、自衛隊の憲法明記を求めるのがまさしく安倍の主張ではないか。米の元アミテージ国務副長官は自衛隊は安保法ができて世界のどこへでも出かけて行って戦闘できるようになったとご満悦だったという。

 違憲立法審査は最高裁が放棄したにもちかいものなので、国会、国民が国家機関として違憲審査しなければならない。

 それは、棚に置いて、国民投票法をしあげてどさくさでも改憲したいというのが本音かもしれない。

 憲法規範をまもるに差し迫った状況下では緊急避難行為は許されるはずである。国民は年金社会保障に最大の関心があるところ、憲法審査会を前面に国民無視でも発議したいというのであれば、この動きに反対するサボタージュだって正当行為と言えるであろう。

 教育無償化とか自然災害とかなんとかこじつけてでも賛成しようとする準与党の政党は何に貢献しているか、与党に協力すれば国民無視でも利益があるとでもいうのであろう。

 令和の時代にふさわしいとか建前はいうものの、その目指すところは軍事力強化で自衛隊は朝鮮戦争を背景に米軍の指示で無配慮に旧軍隊の組織そのまま再建したものである。
 
 日本の目指す平和国家、国際協調主義は原爆で焼かれ、空襲で焼かれ、戦塵に散った同胞の犠牲と思いとアジアの人々に迷惑をかけた反省の上に立って成立したもので、譲り渡すことなどできない尊い歴史の遺産である。
 
 

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/mb/435218


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved