ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2019年6月25日 19時5分
内閣不信任は参院選後も
 
野党一致で提出した内閣不信任とはいえ政権交代の迫力があったかと言えば、否である。安倍腐敗政治はこれ以上は認められない降りてもらうに止まったものであっただろう。
 やはり野党が一体となってでも政権交代を担う、否、、担わしてくださいとしっかり国民に訴え、その支持を問う総選挙を前提として内閣不信任決議案提出というのであればONであろう。当然、こうするから担わしてくださいというだけの対決軸となる経済政策、財政政策、国民の年金社会保障などをきちんと提示できなければなるまい。その提示ができて国民的支持が高まっているなどの状況が必要だが、与党が徹底して国会審議を拒否し避け続けてきた。論点を深めさせないやり方。
 内閣不信任の最大の理由は、虚偽にまみれた政権の体質と忖度まみれの腐りきった官僚機構の大掃除、行き場のない行き詰ったアベノミクスの改廃、などのテ-マが前面に出ているが
今回奇しくも消された年金報告書2000万円の年金不足額問題への自民の不誠実な対応が国民の不信感を買っている。これは参院選への影響が予想される。

 要は参院選で不信感の一角を崩すことができれば。次の総選挙に結びつけることができるというものだ。
 
愚かな国民は愚かな政府しか持つことができないといわれるが。
どうぞ、それは払拭すべく、野党諸君、国民諸兄の奮闘に期待するところである。

[カテゴリ:社会] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年5月4日 21時47分
令和に込められた意味
 
出典を万葉集の歌にというのは良いだろう。ただ言霊としては平和という点が、令和の御代は平和であれかしと読むのが自然であろう。
改元を政治的に利用しようという輩があるとしたら、平和を約束する羽目になろうとは。非軍事に徹しきれるか、国民は声をそろえて令和平和を祈念せねばならないだろうから。
 改憲アクションも期限を切ってまでのことだから付け焼き刃
の衆参同時選挙になったり臨時の外交成果日朝会談?などなど矛盾撞着は避けねばならないだろう。

 「和を以て貴しとなす」の17条憲法は朝鮮半島の紛争に介入し戦争に明け暮れ負け続けていた倭国=日本、平和を渇望する状況が似ているといわれる。

17条憲法は役人の心得、を書いたに過ぎないものとしても、嘘つきの官僚には依然明確な倫理規範として有効であろう。
[カテゴリ:社会] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年4月29日 11時19分
ノ-トルダム火災に見る価値
 
フランスの人々も世界も心を痛めた火災である。
お金では計り知れない不変の価値。文化遺産には自分自身の存在が支えられているというような畏敬の念を禁じ得ない部分がある。今さえよければではない今を支える歴史にこそ重みがあるのだろう。今さえよければで通せば今が崩れれば何も残らないだろう。みじめなものだ。人はそれに気づいているのだろう。
 ただ世界は過激な文化財破壊行為のあることも知っている。テロリズムが人々の怒りを掻き立てるための利用もあることを。

 斯くして歴史を考える力こそが理性の原点であり知性の原点であり文化力だといわれる。文化財の被災に遭い、或るいは他人に対する怒りや断絶・格差貧困に直面することで自分らはどの歴史の中にどう存在し生かされているのか知るきっかけになるという。
 歴史を考えることがなければ人間は唯の獣になりかねないということか。
 すべてが経済化され効率化(必ずしも効率化を第一に考えない経営も有力である)に帰結されようとする中で今一歩立ち止まり考える機会となるであろう。

[カテゴリ:社会] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年4月1日 21時6分
万世一系で年号をつなぐ
 
お祀りムードで新元号令和がお披露目された。二文字で言い表す漢字文化圏ならでわの独特の文化であろう。皇帝制を廃止し社会主義革命?実は農民革命の中国に元号はもはやない。かわりに、盗賊国家的とも揶揄される少数指導者の独裁があるのみで、儒教の美徳は廃れ、世界を傍若無人のチャイナマネー覇権主義に包もうとすらしている。
元号の連続は天皇の連続であり決して強権的な支配としての連続ではなかったとされる。時には切れそうになりつつ細い糸でもつなごうとした。政治の舞台から遠ざかったこともある。だからこそ連続をたもてた。
 明治大正昭和はその元号の意味に反し他国との戦争に明け暮れた主体ですらあった。象徴天皇制となった今も、国民は元号を祝い国の生末の安寧を託そうとする、平和憲法が政府の戦争への動機を阻止し権力を拘束するものであればこそ平和の雰囲気に満ち満ちた元号の意味も実のあるものとなるのであろう。

[カテゴリ:社会] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年12月12日 15時32分
ゴーン逮捕から判明したもの
 
破綻寸前の日産自動車をコストキラーの手法で復活させた。その功労者であった。西欧の合理主義の貫徹は日本の非競争原理を撃ち破りV字回復を実現するに足るものでグローバル多国籍企業の氏の手により可能となるものであった。
そこまではだ。晩節を汚したのだ。
世界注目の中、日本の検察。守るは日本を経済犯罪から守る?有価証券報告書虚偽記載は商業秩序を破る罪で額が巨額だ、日本の商業の信頼を守る。大いに結構。特別背任罪となれば会社を食いものにしているのではないか。許し難いことだ。嘘つき官僚には甘いが民間で外国人には厳しく、それで日本の社会規範が保たれるのであればだが。
グローバル企業経営者は日本への愛情からではない、やはり根無し草、見ての通り金と地位への執着。
今は商業も倫理を言う時代だ。
自動車産業は国の中心だ、日本もルノーの仏とても同じだ。
失業率の高い仏を助けるために稼ぎ頭の日産に犠牲になってもらう。それは俄には承服し難い。
当面互いの利益と面子を掛けた戦いが続くだろう。刑事司法は日本国の社会秩序を維持するのであれば、何ら問題ない。如何にグローバル企業であってもここは日本なのである。
[カテゴリ:社会] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年7月26日 12時35分
立て続けに死刑の執行は
 
同月立て続けは極めて異例であるとされる。法務省・法務大臣の行政の判断を超えた政治判断を思わせる。オウム事件死刑囚であった。
 被害者意識、社会防衛、犯罪防遏は必要としても、同時執行の衝撃力を狙ったものでは。まだ西日本豪雨災害に懸命に取り組んでいる最中で、安心する情勢に程遠い社会情勢のなかでのことだ。
 国民を見ていないという点では肯首できるであろうが、思い当たるのは、権力の行使に抑制的と言うよりも権力は行使してこその権力だと唱える吾人が未だ健在だという点に行き当たってしまうということだ。
 報復的なテロの誘発の心配は尽きない。
[カテゴリ:社会] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年8月30日 10時50分
難民認定義務付け判決しても
 
裁判官(所)は入国管理局の難民認定しないことが違法だとし認定を義務付けたのであろうが違法とまでは言えないことがありそれは裁判官(所)の権限逸脱=違法なのである。入管は判決に従わない。
 国が外国人の入国在留を認めるか否かは国の専権事項であり主権にかかわる事項である゜。裁判所などではないのである。日本は鎖国の国だ。移民は認めない国であることは全くわからない裁判官も中にいるであろう。多いかもしれない。ただかわいそうだで判決してはならないのである。
 8/28東京地方裁判所では「男性には出頭命令や家宅捜索の令状が出されるなどされ同じ政党の多くの人は拷問を受けていたのでそのコンゴの男性を難民と認定するよう国に義務づける判決を言い渡した。
全国難民弁護団連絡会議によればこれまでにも難民と認めない処分を取り消す判決は出ているが、勝訴した後も法務省が再び認めない処分をする場合があるということで、今回のように難民の認定を義務づける判決は初めてだということだ。
 難民と認定されることで難民が押し寄せるような国になってはならないのは国の高度な政策的判断である。
 裁判官一人の判断には手に余るであろう。
入管の難民認定は・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:社会] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2014年8月17日 14時15分
加害者意識が薄れればまた同じ過ちを
 
確かに加害を認めるのは勇気のいることだろう。加害は否定的事実なのだから誰も忘れたいという心情が支配しがちであろう。しかし人を殺しておいて殺された遺族の心情は遺族に胸倉つかまれて初めてわかるというものか。否、そうではなく大戦において現実にBC級戦犯として軍事裁判において約1000名に及ぶ処刑がなされたという事実、処刑された面々は国民になりかわって刑を甘受したとされる事実である。
 ドイツでは終戦記念日とはヘルリンが陥落した日ではなくてアウシュビッツ収容所が解放された日=加害行為が終わった日をさすという。
 これを、国民とともに指導的政府も記念日としている。
戦争には必ず加害と被害がある。この、検証をおこたれば、過去の戦争を是とし、過去に帰れと煽動され、まやかしの理論で参戦を行う道を進むおそれも出てくるのである。
 いやな戦争は語りたくない、忘れたい・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:社会] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2011年8月13日 19時16分
イギリス暴動の衝撃
 
イギリスの若者による各地での暴動の発生、携帯webがあるので地域は関係なくなっている。若者の失業率17%消費税20%と生活を圧迫しているので・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:社会] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2010年12月18日 17時31分
包丁を補強する意味
 
茨城取手市で無差別殺傷事件が起きた。秋葉原の模倣ではある。だが、包丁を補強する意味が違うだろう。昔兵士が戦場で人を斬ると刃毀れするので予備の・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:社会] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の10件


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved