ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2019年8月18日 20時17分
今も信用できぬ国
 
じゃあその国の国民含めて信用できないか。否であるその国の指導者が信用できぬというのが正確だ。
 独ソ不可侵条約を破棄してソビエト侵攻スタ-リングラ-ド包囲したのはヒットラー。日ソ中立条約を破棄し、戦争終結の講和の仲裁を依頼したのに重戦車で中国東北部へなだれ込んだのはスタ-リン。
 ともに、死後国のトップから引きずり降ろされ尊敬を受ける立場にない。

 その根底には東西冷戦の起源となりその遂行が重く横たわっている痕跡を見るだろう。

 そのソ連が何をするかわからない国だとして、昭和天皇は拝謁記の中で田島宮内庁長官に再軍備と改憲を述べ強く諫められている。

 スタ-リンを見ればそういうのもありかもしれない。多くの同志を殺し敗戦に匹敵する多くのソビエト国民の犠牲を出させた。だからと言って強盗よろしく他国民(独・日など)をシベリヤ抑留。帝国主義国間といっしょになって戦利品協定ならぬ領土の分割奪取。


 このことがイデオロギ-的にも多くの裏切りとなり。世界を再び冷戦に追いやっている。敵を間違えている。

 昭和天皇の戦争に対する反省と痛恨の思いは拝謁記にたびたび登場する。軍部、を抑えきれなくなる。武力を持たせると自然こうなる。平和憲法はその根本に立ち入り戦争放棄とした。

 今、自衛隊を憲法に明記するとの動きの問題はここにある。

日本国憲法は硬性憲法として意味合いを深く認識するものである
なら。


 
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年8月13日 18時35分
立民は政権を取る気はないか
 
アンチ安倍の位置で安住できる側面が確かにあるだろう。政権を取らぬでもないでは最初から腰が引けている。れいわ代表の山本氏の直截な政権奪取の心地よい宣言といかに距離があるかだ。

民主党失政の時、実は既成勢力で既得権益である連合の支持顔色ばかり窺うようではだめだと筆者はいった。政権交代後は全国民の代表として堂々と連合を裏切りなさい、国民は支持しますと。それはできなかった。圧力団体化した民主党瓦解のがれきの一つ、かけらの一つというのは拭いきれていないだろう。

 労働組合を束ねる連合がなぜ反国民的か、不思議に思われるかもしれない。大量的労使交渉で実は個々の労働者の権利をおし潰してきたともいえるのだ。

 その点ポピュリズムとかでバッシングを受けてはいるのか? れいわ山本氏にしてみれば全国民が後に続く可能性だってある。その指導力政権構想力にかかってくるそれができれば組織化はついてくるもの。


 次回衆議院選で100名当選させれば、いやでも他は寄ってくる。国民を信じてリ−ダ-シップ発揮していただきたいところだ。人材?
いくらでもいるのでは、欲と金に取りつかれていない、心清らかな人材はだ。
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年8月6日 20時11分
野党が如何に政権をとるか
 
こんどこそ政権交代を過去の二の舞を踏むことなくだ。その道筋が一つ見えてきた。山本代表の率いるれいわ新選組だ。

 なぜか、与党党首が恐れるまでの勢いは既成の政党にはない求心力をもつ。素直に政権を取るというところがすがすがしくも新鮮だ。

そこは、大企業富裕層優遇、嘘と忖度まみれの与党政治に飽き飽きした国民の自然な意思の発露がある。

 野党連携もこの核を中心に集まれば政権交代も夢ではあるまい。

 民主党政権の失政を謝罪する反省の動きは見えないようなので、なおさら、このれいわの動きは注目に値するだろう。

 低い投票率で支えられる政権与党。それでも、投票率を上げさせるインパクトを内に秘めている新しい勢力の誕生に期待したい。



 
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年8月5日 20時20分
トランプ氏の対中貿易戦争の狙い
 
GDP世界二位の中国が米国経済を抜く日がくるか?そう思われた節があった。今は違うだろう、国民を雁字搦めの監視の下に置き、検閲と弾圧、香港揺るがす大規模デモの反発を内包する危ない支配そのものだ。その原型には天安門リスクがあるのかもしれない。下方修正をもたらすベクトル。本来的な企業の国家支援の底上げ経営、企業努力の技術は盗めばよいはさすがにトランプ氏を怒らせた。盗人が世界を凌駕するという話は聞かない。自由経済体制とは言えないかもしれない。
 
 追加関税第四弾によりほぼ中国製品すべてに関税の上乗せになった。関税の意味合いが違うのはかつてのブロック経済と違うのは自国経済圏を守るというよりも中国経済を減速させ追い落とし放逐するためのものという点。

 天安門事件を抑え込むためには経済発展という流れ、その動機で世界支配の触手を垣間見ることなどノ−サンキュ−。

 事実人民元の下落も見られ、外国企業の撤退も進むやに見受けられる。トランプ政権が二期目も制するとなると覇権争いとは言うが一方が地盤沈下していくことを狙い通りに進めるということなのかもしれない。

 トランプ氏は人権には無関心だが、地盤沈下の一方で監視社会のタガが緩み人権や民主主義と言った動向が芽を出してくる傾向はあるのかもしれない。
 
 

[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年7月26日 21時24分
国民投票は猛獣を檻から出すようなもの
 
国民投票の経験のある西欧諸国からの声である。
二者択一、英国のEU離脱を可とする国民投票がもたらした英国内の分断混乱を見ればわかるだろう。安易にやるものではないようだ。

 ナチスのヒットラーの独裁を。追認した国民投票として知られている。


国会発議は良いとして、国民が決めるものだからともっともらしく言うのは、国会発議も国民投票も安易にとらえている節がある。それは、国民投票が思う以上に不自由で結局国会発議追従型というのであればなおさらである。

 かの御仁は九条に執着しているが、ことは、憲法の根幹にかかわる。平和主義という歴史を問いかねない、如何にも歴史修正主義的発想である。

 ここに国会発議すること自体大変なことなのである。安易なものではない。ただ、かの御仁の、かの御仁による、かの御仁の為の憲法改正だといえばその筋はよめてくる。

国会発議も国民投票も敢えて国民内部に対立の火種を撒くようなものだ。国民が決めるのだからという言には、実は国民を尊重するのではなく、愚弄するともとれる言質が感じられる。国会で決めておいて、それも自民党案に沿って、そして発議し実質国民に追認させる。押しつけの議論、不要な選択のリスクにさらすというそれがである。300万人からの犠牲者の上になりたった平和憲法を一回の発議、国民投票のどさくさ紛れで葬り去る。

 好戦的分子は根本において無責任だといった。

国民と国をどこへ導くか、平和主義という大事な舵を破壊し漂流に追いやるような面が感じられないだろうか。であれば国会発議に先鞭をつけさせない、どうせ、強行採決の伝統を踏襲する常習者。従って、憲法改正の国民的気運は高まっていないこと、特に安倍政権のもとで憲法改正は望まない国民の声が高いことを理由に審議に臨まない姿勢が大事であろう。

 信用ある内閣指導者に不信がついて回るようでは発議も国民投票も避けるが賢明だといえそうだ。


 
 
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年7月25日 14時41分
参院選を総括すれば
 
一言でいえば野党のやる気が全く不足していた。本気度が欠けた。従って、盛り上がりに欠け、与党勢力のいう政治の安定か不安定かの選択になってしまった。極めて低次元。今が取り敢えずいいんならいいだろう、これ以上悪くならない⁉️なら。に押しきられた格好だ。
ところが消費税10パーセントが生活を圧迫するのは目に見えているというのに❗️実質賃金の低下、変わらぬ高い国民負担率、年金の不足問題など今のままの政治だと将来の不安要素は計り知れないのではないか。
自民党の得票率は17パーセントを切るいきおいで安部政権6年で最低。
これで、日本国民全体の信任をえていよいよ念願の憲法改正発議とはならないであろう。

 れいわ新選組の山本代表が奇しくも言ったように政党として出る以上政権を取る。これがなければ野党の意味がない。

 なぜなら、反対のみで政権を取らない野党は与党を支える野党に堕してしまうからである。

 自民党を支え続けた55年体制の日本社会党がその例だ。

政権を担います。やらしてくださいとなぜ国民に言えないのか。ここに野党の抱える根本の問題がある。

[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年7月21日 21時21分
改憲勢力にブレーキ
 
第25回参議院選挙。与党勢力は根強い組織票に投票率の低調が加わり参院選改選過半数を得たものの接戦区で落とし、自公改選議席の77議席に届かなかった。
、何よりも安倍一強政治へ批判はその中核ともいえる改憲発議に必要な2/3に至らなかった。
 ここに、参院選の半数改選の重要な意義がある。衆議院追従とされてもである。み党と呼ばれる維新党、マヌ-バ-的でもあり、官僚機構改革はもっともらしい、大阪独特のびいきの支持、地域政党であるが事あるごとに採決に与党に肩入れ、全国民の利益の代表には裏切ることのみ多かろうというものである。

 れいわ新選組も二議席の大奮闘。消費税廃止にデフレ撲滅に懸けた保守層も取り込んだ広い支持層からの支援を得ている。政治に絶望しかかった人々に光を当てた点は組織票の自民にも負けないインパクトを内包している。政党を掲げる以上政権を取るとの山本代表の言は正鵠を得ている

 消費増税に低い投票率で答えた有権者、10%デフレ追い打ちで目覚めさせることができれば国民は次の衆議院選で復活できるのであろうか。難題続きの外交交渉。行き詰まり感の否めないなか国民の意思を問う衆院選も遠いものではなかろうというところである。
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年7月17日 7時27分
競り勝つことから流れが変わる
 
格差拡大が進んでいる。非正規雇用・派遣労働といった階級を生み出すような仕組みを認めた途端、社会の分断が始まり、これは、実は政治参加意識を低め連帯・連携が削がれ支配を容易にするという。
 
 戦後、アメリカの自由主義の精神に満ち溢れた学者たちは、階級なき社会ユ-トピア社会を日本に実現しようと、いわば実験を試みた、財閥解体、象徴天皇制、戦争放棄、各種税制などなど、時間はかかってもデモクラシーの定着が願いだつたのではなかったか。


 当然、この流れに逆行し、歴史修正主義、国家主義的な分子によって押し戻されてはいるのだろうが

戦後70余年たっても、この流れは断ち切ってはならないし、デモクラシ−は永久革命ではなかったか。

 今からでも、足らざるは補い、民主主義は深化発展できる。

ただし、硬い壁は厳しく競り勝って打ち破るものであることを知らねばなるまい。


 参院選さなか接戦を制することからすべては始まるように思われるではないか。

 
 
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年7月16日 20時44分
政権安定の落とし穴
 
もちろん野党の力量不足が与党独走を招いた原因でないとは言い切れない。一時の政権交代は大変なバッシングが待ち受けていたしそれを跳ね返す間もなく自滅の消費増税を官僚よろしく国民を裏切ってやってしまった。この不信感はなかなかぬぐえなかった。かといって、これ以上与党の暴走を許す余裕とてないのである。

 もう、安定暴走政権にお墨付きを与える選択肢はないといってよかろう。ある選択肢は国民生活安定という選択肢である。いわば官の領域を狭めて(例えば公務員数の削減)国民の領域を拡大するわけであるから、既成勢力の猛反発がある、既得権益の代表である与党勢力の反動は当然予想されることである。

 ただ、民主政治は投票行動という武器により反動勢力に引導を渡すことができる。

 アベノミクスなり一連の与党安定政権は格差を是正するどころか実質賃金を下げ続け安保法制で国民を安全保障上の脅威にさらし大事な年金も危ういものにしているではないか。なにをしてくれたというのだろう。

 これに安定を与えてくれというのであるから、図々しいものである。

 政権交代は待ち構えるバッシングの波に耐えうること、明確な国民を守るという意思があれば、国民の暖かい懐で守られるであろうこと、その支持の先には必ずや成果を見出すことができるであろうこと、国民主権とは投票行動でそれを具体的に実現できることなのである。
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年7月13日 17時52分
香港二百万人デモを引き起こした理由
 
二百万人のデモは大変な規模だ。政権交代否ロシア革命の際には頻繁な全国ゼネスト30万人規模のデモが敢行され死者多数という権力の移譲も近く屋台骨を揺るがす規模のものだったという。香港市民は本土へ犯罪人を引き渡す条例に反対してのデモンストレーションであった。
 その犯罪というのが出版に関してで、習近平主席の女性関係の暴露本だというから驚く。
 なぜならば、香港では同書をめぐって、2015年に出版社の幹部らが中国当局によって非合法的に身柄を拉致されて、中国大陸内で取り調べを受けていた事実が広く市民に知られているためだ。

 少数支配である。もっと言えば個人的支配かもしれない。数億台の監視カメラ・インターネット監視なしでは監視社会は実現できないのかもしれないが、支持する階層のイデオロギーが確固のものであり、中間層が安定しているなどの状況には程遠く、技術や暴力・腕力による強権支配は脆弱性を内包する。

 中国本土は如何せん香港の人々は境界を越えては踏み入れさせない決意と気概を示されたに違いない。
 

 
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の10件


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved