ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2018年4月22日 8時17分
北の腹(意向)が見えてきた
 
北の腹(意向)がある程度見えてきた。核実験場の廃棄と、核実験ICBMの発射中止の発表は南北・米朝会談の進展で結果をだす、そうでなくても、金日成・金正日の従来路線では限界にきていることを金正恩委員長がある程度(十分かもしれない)認識したということだろう。
そのひとつは65年つづいた南北休戦協定は終戦講和へ平和条約へと移行するのは文大統領の意向と合致はする。南北の戦争状態など何の利益にもならないからだ。
 米トランプ氏とて囚われ3名の米国民の帰還や米到達長距離ミサイルの脅威の除去は諸手を挙げての歓迎のはず。中間選挙にプラス。
 金委員長の戦略には織り込み済みか。
この発表の前に安倍はトランプとの会談で取り残される狼狽ぶりを見せたのかもしれない。
 日本外交はどこから借りてきたか圧力一辺倒政策を声高に叫ぶにも何の北とのパイプも持たない脆弱ぶり。民間の交流さえ止めに入る始末。
 拉致問題とて戦後賠償も日本の問題である。なにもしない。否、何もできない無能というべきか。
 まずは、北とのホットラインの構築に努めねばならないはずなのだが。その構築には米追従でなく日本の平和友好路線のスタンスをはっきり国の意思として示さねばならない。
 
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年5月14日 14時22分
野党は無視して三分の二の発議の構え
 
2020年憲法改正施行を急いでいる。斯の分子。国民的議論が深まったわけではない。自己が在任中にやってしまおうと。
 反対は押し切ってでも。なぜに急ぐのか。
自己のためは国会議員の憲法尊重義務にそもそも反しているわけである。森友隠しともいわれる。
国民の合意なき改憲。
 目的はただ過去にもどるため。世の中には必ずこのような分子がいるのだが、新憲法は過去の反省と、大いなる夢を抱いて生まれた。
ところがこの分子はただ過去に戻るのが目的、まず戻れもしないが、国家主義の抑圧と隷従の大いなる過去の世界である。
 歴史修正主義者はやはり無責任主義者でもある。
責任は取らないのである。ついていくのは危険である。
 
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年11月9日 22時5分
変革をトランプ政治に託した
 
トランプショックは世界を駆け巡って、アメリカンドリ―ムはトランプ氏を次期大統領に選らんだ。圧勝に近かった。
 本人も既成の政治に飽き足らない、否、それが立候補の動機だった。
 アメリカ国内の分断を招いた選挙戦であった。
国内の統合を成し遂げるのは一つの課題である。
 ただ、利権政治による少数者支配から多数者支配の政治の代弁者となろうとする動きは多くの障害を乗り越えて進むであろうことは期待に値するであろう。
 氏の動向が注目される。
 
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年11月3日 13時34分
押しつけ憲法の意味
 
とかく押しつけ派は、押しつけ憲法だから現憲法を排し自主憲法制定をという。
 そうではなかろう。間違ってしかけた戦争に負けた日本が世界に復帰するためにポツダム宣言を受諾しサンフランシスコ講和条約を締結しなければならなかった。
 それは、平和主義(戦争放棄)と、人権尊重の憲法を戴かなければ被害にあい犠牲を払った日本国民とアジア諸国の承認はなかったはずだ。でなければ、日本の復帰はなかった。敗戦と失敗を認めることだ。
 それが気に入らないから、その価値観を受け入れることが嫌だからGHQなどの押しつけ憲法と言い放つのだ、好戦的分子と歴史修正主義者がそうであるように。まさに、彼らにとっては押しつけ憲法なのだ。そうでない大多数の国民にとってこの憲法は暗黒の政治から抜け出す贈り物だった。
 押しつけ派が、ハ―グ陸戦条約42条以降をもちだすのは戦闘行為を規制する条項を字面で引用して帳尻を無理に合わせようとしている。この条約法は憲法制定という歴史を評価し定着させる法形式などではない。被占領国の憲法を尊重すべきなどどこにも書いてないではないか。
 日本国憲法はGHQの干渉はあっても、敗戦国が規範に従うべきことを示し、国内的には日本側の関係者が練り上げ誕生させたものである。
 
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年7月2日 20時33分
狙いすましたダッカ邦人殺害
 
どうやらラマダン時期のバングラディシュの首都ダッカ、外国人を狙ったISの計画的犯行だ。問答無用テロの標的になってしまった。
 日本は平和国家だ。標的になる理由はないはず。しかし、国防軍をもつなどと安全保障の名にかこつけてISに有志連合並みの対応した首相の責任は重いだろう。JICAの代表が北岡伸一氏(70年首相談話で有名・集団的自衛権容認者)というのも偶然の一致とは考えにくい。
 世界に働く数多くの日本人を標的・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年11月8日 13時11分
統治するには力が必要
 
一強多弱と呼ばれ、一時は野党の脱退者が小党分立を示す傾向があった情けない政治情勢であった。民主党の失政に大きな原因があったといっても過言ではない。
 誰が政治をやっても変わらないということではなかった。有権者が投票行動を怠ると、とんでもない戦争法・憲法蹂躙立法が強権的になされるわけである。
 しかし、民主主義の運動が新しく若い人を中心に起こされようとしていても、権力奪取=政権獲得には政党を中心にした力が不可欠である。
 何のための政党か?と言えば政権を獲得し政策を実行するのが政党だ。
 その動きは力強く成されているか?
強力な国民救済の経済政策が打ち出されているか?
未だ・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年8月22日 14時46分
まったく空白だらけの安保法案とヤジ
 
武器等防護に関する自衛隊改正法案。同95条によれば、米国などの武器(艦船・軍用機・弾薬・・・)の防護も武力行使が可能となり、外形的には集団的自衛権行使と変わらなくなる。
 武力攻撃の発生していない非戦闘状態であるとはいえ、自衛隊員の安全を担保する突発事態での回避条項の条文の文言はないのである。
 中谷大臣の答弁では、法案の運用でアメリカ艦船に対するミサイル攻撃による武器等防御での反撃判断は自衛官の判断で、制限的であるというが、同95条にはその文言はなく、重要影響事態との違いがまったく明確でない。よって歯止めが利かなくなる。
 国会は立法府である。
しかしこれまで、衆議院での審議も不十分のまま強行採決した・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年7月29日 21時21分
弱肉強食の農業政策とTPP
 
農業大国アメリカの農産品を日本に多く買わせるのが本音の交渉だとは窺える。
 かわりに自動車部品のアメリカ関税が取り除けば、自動車産業は万々歳なのか。競争において既にフォルクスブァ−ゲンにトヨタは売り上げで負けたではないか。国際競争力低下は貿易赤字の回復不可能にまで至っているので、良くないではないか。円安だけで利益を上げさせイノベ−ションは進んでいないではないか。
 かたや、日本農業の保護は古来自民政権は放棄し、全くの自由競争に投げ込み、先進諸国では100%の食料自給率が我が国では40%にもみたない。
 食料の安全保障に完全に失敗し・・・
 
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (1)] [トラックバック (0)]




2015年7月18日 20時37分
ISイスラム国掃討の意味
 
自称イスラム国の7月18日(土)イラクの首都近郊で自爆テロがあり、100人以上が死亡しました。ラマダン明けを祝うシ−ア派の人々が市場でにぎわう買い物客に向けて3tの爆薬を積んだ車を爆発させたとされます。イラクのキルクークでスンニ派の信者が殺害されたことへの復讐だとしています。
 ISを生んだ原因は米国らのイラク派兵、ありもしない大量破壊兵器保有を理由とした。そして、スンニ派を掃討しシ−ア派に手を貸してしまった。宗教対立に手を貸したのだ。ISはスンニ派の避難場所となっている面があるといわれる。掃討し殲滅など出来るのか。
 この掃討は時間がかかるのは目に見えている。
米がイスラム世界の人々の幸せなど考えているとは到底思えない。後始末のできない大国の責任は重い。
 願うことは・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年5月5日 12時26分
大阪都構想結果が改憲直結か
 
個人的人気と大阪地域主権(大阪を取り戻す)とがどこまで、政権に接近し改憲に道筋を開くかに関心が高まっている。維新の党は統治機構でも地方自治を改憲の目玉に据えているとされるが、そんな所ではなく日本の平和主義に損傷を与える恐れは十分ある感だ。
 都構想にしても、大阪復権とか地域エゴに近いものでは、改憲の必要性には程遠い。
 問題は・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の10件


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved