ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
女神 さん
女神
地域:大阪府
性別:女性
ジャンル:日記 30代
ブログの説明:
女神(めがみ)とは、女性の姿を持つ神のこと。
カテゴリ
全て (15)
女性 (15)
アクセス数
総アクセス数: 1092
今日のアクセス: 3
昨日のアクセス: 4
RSS
2019年11月12日 15時29分
女神(アストヒク)
 
アストヒク(アルメニア語:Աստղիկ、Astghik[1] )は、アルメニアで先史時代初期にアストヒク、一般にはアシャ、またはアストヒク、アストリクと呼ばれる異教の神として崇拝されていた愛と豊穣の神である。後に天上の光(星)の化身、戦神ヴァハグンの妻・恋人とされた。伝説によると、ノアの娘とされている。

異教期後期に、愛と美貌と水源と湖の神となった。全ての神の父アラマズド(太陽の擬人化)、地母神アナヒット(月の擬人化)と三位一体としてパンデオンで奉られた。ヘレニズムから影響をうけた期間では、ギリシャ神話のアフロディーテやメソポタミア神話のイシュタルと同一視された。

彼女の名前を短くするとアルメニア語でաստղ(astġ)となり「星」を意味し、インド・ヨーロッパ祖語の*h₂stḗrを介してサンスクリット語のSTRやアヴェスター語や英語のスター、ラテン語とイタリア語のアストロ・ステラ等の同根語である。





オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売

[カテゴリ:女性] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年11月8日 13時47分
女神(アステリアー)
 
アステリアー(古希: Ἀστερία, Asteriā)は、ギリシア神話に伝わる女神である。長母音を省略してアステリアとも表記される。

ティーターン神族のコイオスとポイベーの娘であり、レートーとは姉妹。ペルセースとの間に娘ヘカテーを生んだとされる。一説にポーロスとポイベーの娘。その名は「星座」、あるいは「星の女」を意味するとされる。

あるときアステリアーはゼウスに気に入られてしまい、彼から逃れようとした。逃げ切れないと悟ったときに姿を鶉に変え、海に身を投げた。他説ではアステリアーはゼウスに鶉に変えられ、海に投げ捨てられた。そこから島が生まれ、オルテュギアー島(Isola di Ortigia)と名付けられた。この島は後にゼウスに愛されたレートーがやって来てアポローンとアルテミスを産み、デーロス島と改名された。

またキケロは、複数のヘーラクレースのうちテュロスで崇められた第4のヘーラクレースは、ユーピテル(ゼウス)とアステリアーの子であり、その娘はカルターゴーであるとしている。




オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売
[カテゴリ:女性] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年11月6日 16時41分
女神(アスタルト)
 
アスタルト (‘ṯtrt [‘aṯtart])は、地中海世界各地で広く崇められたセム系の豊穣多産の女神。崇拝地はビュブロス(Byblos、現在のレバノン)などが知られる。 メソポタミア神話のイナンナ、イシュタル、ギリシア神話のアプロディーテーなどと起源を同じくする女神と考えられ、また周辺地域のさまざまな女神と習合している。




オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売
[カテゴリ:女性] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年11月1日 16時47分
女神(葦那陀迦神)
 
『古事記』において国忍富神の妻として登場する。亦の名を八河江比売という。『日本書紀』には登場しない。

名称の「葦那陀迦神」は、「葦」、「那」は「の」を表す上代語の格助詞、「陀迦」は「高」で、名義は「葦の丈が高いこと」。また「邪気払いの力を持つ葦が繁栄すること」も意味し、国力の繁栄を象徴する。

また別名の「八河江比売」の名義は「多くの川の江の巫女」で、神や命といった神号がつかないのは巫女性を表すとされる。

矢川神社では諸芸上達・諸願成就の神とされ、矢合神社では葦が生じ易い水辺を司る神とされる。




オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売
[カテゴリ:女性] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年10月31日 15時0分
女神(アグライアー)
 
アグライアー(古希: Ἀγλαΐα, Aglaeā)は、ギリシア神話に登場する女神である。アプロディーテーの侍女である三美神・カリスの一柱で典雅・優美を司る。長母音を省略してアグライアとも表記される。

古代ギリシア語の「輝き」を象徴する女神の意味である。

ゼウスとエウリュノメーの3人の娘の1人で、エウプロシュネー、タレイアと姉妹[1][2]。カリスたちのうちで最も若い(ホメーロスによればパーシテアーは最も若いカリスとなった)。鍛冶神・ヘーパイストスの妻とされることもある[3]。ホメーロスの挙げるカリス(カレー)と同一視された。

ノンノスの挙げるパーシテアー、ペイトー、アグライアーの「三美神」には含まれるが、ディオニューソスとアプロディーテーの3人の娘の1人となっている。




オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売

[カテゴリ:女性] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
最近の記事
11/12 15:29 女神(アストヒク)
11/08 13:47 女神(アステリアー)
11/06 16:41 女神(アスタルト)
11/01 16:47 女神(葦那陀迦神)
10/31 15:00 女神(アグライアー)
10/30 14:44 女神(アウローラ)
10/28 17:22 女神(アウクソー)
10/25 13:52 女神(アイグレー)
10/24 16:41 女神アーシラト
10/23 16:45 女神 備考
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved