ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2013年1月1日 1時1分
−−  2006年受信
[2012年情報開示「真実はここから始まる」]







2006年受信
ミイラは未来を呪縛する呪術である
グルタミン酸の過剰摂取による麻痺
地球家畜化計画とフォトンベルトの真実
次元移動に向けての準備
五次元への道のり
淘汰される魂はニビルが回収
日本だけがプルトニウムに依存

地球における混血原初御霊の対応数字:1
地球における混血原初御霊の対応数字:2
風力発電と風のエネルギー
金星が地球へ託したエネルギー
全国に存在している天女の羽衣伝説とは
秦氏の真実
染色体が伝える遺伝子の一本化への道のり
海底からの天然メタンガスフィールド
メイチャン(リツェアクベバ)の真実

太田道灌の示した道筋
次元移動と次元上昇の違い
水酸化カルシウムの伝える皮膚反応
88星座の意味と天順星座が本来に戻る
超音波による影響力が目に見えた時
クリスタルが太陽光により退色する理由
サナートクラマのパワーとは
学校だけがすべてではない
渦巻き銀河の本来の構造は宇宙の構造に繋がっている

地球から独立した月
被害が出てから対処するのでは遅い対岸の大惨事
ヤハウェーにすり替わった存在による生命の樹の逆構造
環太平洋火山帯のエネルギーの吹き溜まりが知らせるポールシフトの予兆
世界のNo.1と自ら呼ぶ国に踊らされている日本
ナスカの地上絵が伝える魂の遺伝子情報の刻印

マナの壺である生命の樹を守ってきた釈迦族
玄奘三蔵から空海へ伝承されたもの
日付変更線が伝える黄金の東方見聞録
最後の晩餐が物語る十二使徒とユダの秘密
宣教師達が日本に与えた影響と予見をした織田信長
清の時代と江戸時代の鎖国が伝える関係
錬金術が伝える生命の水の本来の役割
次元移動に繋がっていく夢を見る重要性

ミトコンドリアイブが伝える遺伝子とは
ミシェル・ド・ノストラダムスの「Les Centuries」が伝えるもの
天の川全体を監視していた蠍座が本来のアンタレスに戻る時
アブラハムとソドムとゴモラの歴史が伝える真実
オリオン座が伝えるメビウスの輪の束縛
次元移動と時間の概念が無くなる時
蘇が伝える次元移動に向けてのメッセージ
蘇とは、古代において貴重な滋養強壮食品であった
アントニオ(アントニ)・ガウディが伝える次元移動への兆候
豊受神と乙女座のスピカと稲荷の関係

ニビル側の魂の御霊を持った人達への理解と調整
日本海へのミサイルダメージは地脈に大きな衝撃を与えた
アインシュタインからの遺言(ラッセル・アインシュタイン宣言)
クリスタルが宇宙と地球の過去の記憶を伝える理由
七夕とは
ルーン文字が伝承しているリラの防衛マルデュークの記憶
地球の磁極移動により発生するポールシフトとは
ピラミッドは人類が帰るべき道筋を伝えている
睡眠障害は『眠りの森の美女』に関連する過去世が原因
パラケルススと錬金術が伝える賢者の石

台湾の聖母と呼ばれる媽祖が伝えていた真実
地球の自転速度変化による地上への周波数変動
坂本龍馬が現代人に伝えるメッセージ
リラ通信:ペルセウス座流星群と共に
H・G・ウエルズが生涯を通して伝えていた未来
斎藤道三の隠された真実
井伊直弼により操作された明治維新
徳川家康から徳川斉昭が託されたものとは
冥王星は格下げとなり次元移動を成功させるために本来の立場に戻る

織田信長は本能寺の変で生き残った!
ヌーナ大陸が伝えるリラ星系からの伝言スイッチ
新たな魂の遺伝子御霊が目覚めた後の魂の遺伝子構造
次元移動には二通りある
左右が逆になった原因:阿部晴明による方位図 
赤血球と白血球が伝える魂の遺伝子御霊
依存心からの離脱
鏡王と額田王(額王)
古代の地脈から続いている日本列島の動き
魂が記憶している生まれ故郷
カノープスは訓練校(秋分の重要性)
オリジナルミカエルの真実
コピー御霊達(グレイ達)に光が注がれる日
本当の宇宙の創生はビッグバンではない
エデンの園に関わる魂の遺伝子達
リラの花時計と止まった時間

黒眼銀河のリーダーに続く生命の樹の真実の姿 1
黒眼銀河のリーダーに続く生命の樹の真実の姿 2
クリスタルは魂の医者である
月の民の新たな役割
昼と夜の役割が本来に戻りメッセージが伝えられる
三大元素が伝える人類へのメッセージ

虐げられた学校教育の中でカゴの鳥となった子供達
ヤマトタケルが本来担うはずだった使命とは
すべてに対して自浄作用を持たない国
エデンの園が伝える禁断の果実とは
大神ゼウス以降のギリシャ神話は木星マルドゥークを抹殺した史実から来ている
広がるダークエネルギーの正体
イヌイットのルーツ
カシオペアと北斗七星が共に輝く時
大犬座のシリウスは偽物の星座だった

南の魚座フォーマルハウトが元に戻る時
天の川の流れは何処に向かっているのか
子供達のいじめ問題はどこまで放置すれば気が済むのか
「津」と「河」の扉が開かれる時
柘榴石(ガーネット)の役割
ウイルスはどこまで流れる
火の浄化、水の浄化




※チャネリングは、個々の心の作業の進行状況により、公開される枠が広がっていきます。また、海外の方々が見られる様になった頃から、少しずつ言葉も解りやすく変えている場合があります。
例)リラの女王(ミトコンドリア原盤)→リラの女王(オリジナルミトコンドリア) など。さらに、次元移動前と次元移動後では、ひとつの真実でも伝達出来なかった領域が広がってのチャネリングとなっています。メビウスの輪の崩壊も次元移動前から始まり、次元移動の準備をしていました。

個々の心の作業により、次元移動前に様々な反転するチャンスがありました。それらのチャンスも記事として残されています。過去の残骸の作業をする必要のある場合に役立つ事があります。

[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:−  2006年受信] [コメント (0)]





くる天
鑑定


運命カルテ鑑定(メール鑑定)
魂の故郷カルテ(メール鑑定)
魂のDNAリーディング
魂の傷修復ワーク(月謝制)
Newアカシック 直感開発コース:定員のため募集していません
夢判断依頼
鑑定の詳細はこちら
カテゴリ
全て (8385)
単発記事 (1)
もくじ−真実はここから (1)
−  2005年受信 (1)
−  2006年受信 (1)
−  2007年受信 (1)
−  2008年受信 (1)
−  2009年−2012年受信 (1)
−  2013年受信 (1)
−  2014年受信 (1)
−  2015年受信 (1)
−  2016年受信 (1)
−  2017年受信 (1)
もくじ−天法 (1)
−  2005年受信 (1)
−  2006年受信 (1)
−  2007年受信 (1)
−  2008年受信〜 (1)
もくじ−夢判断&夢解析 (1)
もくじ−生命の樹真実のタロット (1)
もくじ−古代スピリチュアルアロマ (3)
もくじ−心のデトックス (3)
もくじ−次元移動前過去記事 (1)
もくじ−次元移動前過去記事 (1)
もくじ− (世界の雛形、日本、     五色の民) (1)
もくじ−(超大陸) (1)
もくじ− (次元移動) (1)
もくじ− (記号) (1)
もくじ− (魂の故郷) (3)
■魂の家 (91)
■磁場調整 (61)
■神話と伝説 (22)
■世界の雛形、日本 (77)
■魂の故郷 (24)
■宇宙の共通語 (30)
■時事チャネリング (423)
■歴史チャネリング (165)
■2012年情報開示「真実はここから始まる」 (713)
■心のデトックス (203)
■夢解析・夢からのメッセージ (54)
■天体からのお知らせ (944)
宇宙連邦評議会決定「天法」 (132)
次元移動 (36)
記号 (33)
生命の樹真実のタロット (128)
古代スピリチュアルアロマ (187)
夢判断 (818)
日常のお知らせ (862)
気づきの辞書 (119)
アンドロメダ銀河からのメッセージ (3)
黒目銀河からのメッセージ (6)
αケンタウルスからのメッセージ (5)
月からのメッセージ (4)
スピカからのメッセージ (1)
ニビルからのメッセージ (2)
カノープスからのメッセージ (2)
オリジナルミカエル&オリジナルルシファー (3)
モノリス銀河からのメッセージ (1)
リラからのメッセージ (6)
ヒアデス星団からのメッセージ (1)
魂の傷修復ワーク (3)
88星座関連 (91)
クリスタルからの伝言 (355)
クリスタルからの伝言:白 (3)
クリスタルからの伝言:青 (49)
クリスタルからの伝言:赤 (47)
クリスタルからの伝言:黒 (29)
クリスタルからの伝言:紫 (4)
クリスタルからの伝言:緑 (1)
魂の磁場調整 (47)
ケース別カルマ解除法 (261)
阿部晴明関連 (148)
魂の故郷&魂の遺伝子種別 (1227)
ハーブ療法 (165)
使命 (232)
天命 (77)
あなたを保護する色と香り (48)
あなたに必要なエネルギー (144)
キーワード (22)
方位と調整 (23)
特性を引き出す心の扉 (21)
天順香油 (7)
その他 (50)
その他 著作権 (1)
魂の故郷通信 (30)
お勧め!
やまと新聞
注目リンク?
注目リンク?
スピリチュアルリンク
スピリチュアルリンク1
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
アクセス数
総アクセス数: 988185
今日のアクセス: 43
昨日のアクセス: 121
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved