定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間の購読ができます。

板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集

『国際金融資本の罠に嵌った日本』(1999年6月25日) 第7章 アジアの反乱を招く「IMF」「世界銀行」の正体―新手の帝国主義・植民地主義のお先棒担ぎ国連機関 ?
05/26 23:49

第7章 アジアの反乱を招く「IMF」「世界銀行」の正体

―新手の帝国主義・植民地主義のお先棒担ぎ国連機関

●国際金融資本の下請け機関に変質したIMF


 国際通貨基金(IMF=International Monetary Fund)と世界銀行は国連の一機関である。これは表向きであり、いまや建前であるにすぎない。実態は国際金融資本の下請け機関と化しており、国際通貨基金(IMF)と世界銀行は国際金融資本の牙城であると言っても過言ではない。IMFが設立された趣旨から逸脱してしまっているのである。
料金 1000ポイント
※ログインして下さい。

コメント一覧

いたがきえいけんさんブログTOP

ブロくるTOP
(c) 2019 KURUTEN
All right reserved