定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間の購読ができます。

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局

安倍晋三首相は、拉致被害者を盾にする北朝鮮に「兵糧攻め」、金正恩党委員長ら首脳陣は降伏後、死刑に処す構え
12/22 02:55

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相の北朝鮮に非核化を求める「経済制裁による圧力強化」は、言い方を変えれば「城塞戦」(兵糧攻め、食=じき攻め)である。降伏した城主ら有力者の切腹と引き替えに士卒兵卒の助命が聞き入れられ、開城する。従って、米軍が計画して訓練している「斬首作戦」の名称が示しているように、北朝鮮は金正恩党委員長=元帥ら首脳陣は、降伏した後は、死刑に処せられる。安倍晋三首相が進めている「経済制裁による圧力強化作戦」の行き着く先は、金正恩党委員長=元帥ら首脳陣の処刑である。それだけに北朝鮮は、「兵糧攻め」に打ち勝つため、最後は、「人質」である日本人拉致被害者を盾にして、徹底抗戦する。調略・交渉が下手な安倍晋三首相は、金正恩党委員長=元帥ら首脳陣に直結する人脈を1つも持たず、対話できず、「兵糧攻め一本槍」なので、初めから日本人拉致被害者を見捨てて、犠牲に供しようとしている。
料金 1000ポイント
※ログインして下さい。

コメント一覧

板垣英憲さんブログTOP

ブロくるTOP
(c) 2019 KURUTEN
All right reserved