定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間の購読ができます。

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局

トランプ大統領は、「MSA資金」を不正に抜き取った罪で、安倍晋三首相に辞任を要求、自民党内でも「安倍辞めろ」の声が急速に盛り上がっている
09/09 08:26

◆〔特別情報1〕
 「安倍晋三首相を降ろさんとお前たちも終わりだぞ」と日米合同委員会で言われたという情報が流れ、「安倍晋三首相は、もう辞めざるを得ない」と自民党内世論が盛り上がっている。総裁選挙で安倍晋三首の相推薦人を出している派閥の1つ「志帥会」(二階俊博会長=幹事長)内での声が特に強い。トランプ大統領が安倍晋三首相に辞任を要求している理由は、米国の了解を得ずに、自民党総裁任期を「2期6年から3期9年に延期した」というものである。実は、安倍晋三首相と麻生太郎副総裁兼財務相は、天皇陛下と小沢一郎代表に委ねられている「MSA資金」に手を出し「1回目分配金から16兆円、2回目分担金から800兆円計816兆円を不法に抜き取った罪」により、キッシンジャー博士・トランプ大統領・ポンペオ国務長官から、「汚物処理」の対象に指定されて、命を受けた米CIA・FBIが「安倍晋三政権打倒工作」中だ。安倍晋三首相と麻生太郎副総裁兼財務相は、キッシンジャー博士を後ろ盾にしているトランプ大統領には、勝てない。自民党は、これに抵抗すると、党そのものを壊滅されかねない危機状態に立たされている。それは、「新機軸」潮流に反していて、もはや未来を創造できなくなっているからである。その前に、安倍晋三政権にまつわる様々な「黒い疑惑」を白日の下に晒して、根絶しなくてはならない。天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、以下のように告発し伝えている。
料金 1000ポイント
※ログインして下さい。

コメント一覧

板垣英憲さんブログTOP

ブロくるTOP
(c) 2019 KURUTEN
All right reserved