定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間の購読ができます。

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局

世界経済の減速が進むなか、主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(議長:麻生太郎財務相)は有効な経済政策を打ち出せないまま閉幕、「世界経済は、リーマンショック級に落ち込むのか?」
10/20 06:39

世界経済の減速が進むなか、主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(議長:麻生太郎財務相)は有効な経済政策を打ち出せないまま閉幕、「世界経済は、リーマンショック級に落ち込むのか?」

◆〔特別情報1〕
 「持続可能でバランスのとれた経済成長を実現するために、あらゆる政策手段を動員する」―米ワシントンで開かれていた主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(議長:麻生太郎財務相)は10月18日(日本時間19日)、「米国ファースト」を唱えるトランプ大統領と習近平国家主席との米中貿易戦争が終結しない深刻な状況下、世界経済の減速が進むなか、有効な経済政策を打ち出せないまま、閉幕した。このため、「世界経済は、リーマンショック級に落ち込むのか?」との不安に苛まれている。安倍晋三首相が、10月1日から消費税を「8%→10%」に引き上げたばかりで、しかも台風15号と19号により、東日本が風水害に見舞われて、多数の死者、行方不明者を出して、景気が悪化しているだけに、深刻である。上皇陛下を戴く世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」は、この状況をどう受け止めているのであろうか。上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、以下のように解説する。
料金 1000ポイント
※ログインして下さい。

コメント一覧

板垣英憲さんブログTOP

ブロくるTOP
(c) 2019 KURUTEN
All right reserved