このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
お泊り保育
[子育て]
2015年7月28日 22時12分の記事

7月半ばの3連休から夏休みに入りました

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


夏休みに入る前にお泊り保育がありました
だいたいどこの幼稚園も年長さんはあるよね

息子はずーーーーっと行きたくないって言ってて
年中の頃、年長さんのお泊り保育の話を聞いてから、
その日からずーーーーっと!

夏休みが徐々に近づいてきた頃、
園の方でもちょこちょこお泊り保育の話が出てきていて
お便りにはタオルやパジャマの準備などいろいろ書かれていて

パジャマ買わなくっちゃいけないね〜って

ちょっとでもお泊り保育の話題を出すと

泣くのよ…

それもシクシクと・・・(T_T)


みんなでカレー作ったりキャンプファイヤーやったり花火もしたり
楽しいよね〜って盛り上げて話しても

お母さんと離れて寝るのはイヤだ〜って・・・


あんまり泣くから
「じゃあ寝るとき寂しくなったら先生にお母さんに電話してもらって、そしたら迎えに行くから」と言いました
その言葉に安心したのか、案外すんなりと当日を迎えることができました

お泊りの荷物をもって園庭に集合した時、先生にこの電話の件を伝えておきたかった。
電話してと言ってきてもなだめて寝かせて欲しいと伝えたかった

でも当日は天気が悪くてバタバタしててそれどころじゃなく、先生も忙しそうで園児たちも一列になって保育室に入って行ってそのままお別れでした
息子は振り向きもせず保育室に入っていきました

翌日、お迎えに行ったら息子は荷物をいっぱい抱えて保育室から出てきました
そして笑顔で手をふってくれました

「おはよう、ちゃんとお泊りできたね!」って声をかけたら
「うん、でもちょっぴり泣いちゃった」って
そして、
「お母さん、先生が電話したときお迎えしなくても大丈夫です、って言ったの?」と言われました

とりあえずその時は
「う〜ん、そだね、でもお泊り出来たからすごいえらかったね」と言いました
息子は一言「…あぁ、そっかぁ」って

そのあとは電話の事は何も言わず、近くにいたお友達と楽しそうに遊んでいました


あとあと先生に聞いたら、寝る時間になる前までは本当に楽しそうにしていたけど、寝るとなったらやっぱり寂しくなっちゃったみたいで30分くらい泣いていたそうな・・・
お母さんに電話してってずっと言っていて
先生は電話をかけるふりをしてくれて、
でもなんとかなだめているうちに当日の疲れもあって寝ちゃったそうな・・・

先生はずっと息子に付き添ってくれていたみたいで、本当にお世話になりました(>_<)!!



でも・・・

電話=(イコール)お迎え、と思っていた息子
先生が電話したのにお迎えしなくても大丈夫と言った母…
(息子にはそう伝わっている)

裏切られたって思っちゃったかなー(>_<)


夏休みに入ってからはこの話は息子の口から一切出てきません
触れたくないのかも…


年長になってからの最大の難関、お泊り保育…
無事にクリア出来たんだから良しとしておこう………



…傷ついてないよね!!(汗)

…大丈夫だよね!?






…エンジョイ夏休み(>_<)/

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。


◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/murasaki_unmo/333532
くる天
プロフィール
むらさき雲母ののんびり時々日記帳-ブロくる
むらさき雲母 さん
むらさき雲母ののんびり時々日記帳
地域:宮城県
性別:女性
ジャンル:暮らし 出産・育児
ブログの説明:
むらさきうんもです
初めての子育て
マイペースで頑張ってます(^^)


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved