このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
  魂の故郷通信
魂の故郷通信-ブロくる
天寿 さん
魂の故郷通信
地域:静岡県
性別:女性
ジャンル:暮らし ライフスタイル
ブログの説明:
このブログでは、日本スピリチュアルヒーリング協会 主宰によるチャネリング情報、鑑定、ワーク、夢判断、天体からのお知らせ、地震、気象、自然、セルフヒーリング等をお伝えしていきます。
※【有料無料に関わらず、すべての引用、転記、転載の一切厳禁】
    カテゴリ
全て (610)
魂の傷修復 (3)
Newアカシックレコード (211)
古代スピリチュアルアロマ (11)
アロマ&ハーブ (30)
スキンケア (1)
浄化 (2)
磁場調整、地脈、地震 (115)
月の民サテライト (3)
Newアカシック直感開発コースに向けて (6)
天体メッセージ (72)
身体レベルアプローチ (6)
阿部晴明 (2)
魂の故郷通信 (10)
チャネリング情報ダウンロード版 (3)
クリスタルからの伝言(2012.8.6迄の歴史) (40)
野良猫、ペット、その他 (85)
日本スピリチュアルヒーリング協会
・ワーク、鑑定のみ実施
 (報告制限が無く、すべて自分ペースが守れる メールのみのワークを実施)
・会員募集等は無し
・販売無し
(ヒーリングショップ天香はサポート天順締 め切りにより終了)
・対面はありません

すべてが自由意志と天順、天体状況、あらゆる事象、過去から今現在を追跡。魂・心・体の全体のバランス調整。自分の心の中での作業が出来た時、現実に具現化してメッセージを伝える事もある。詳しくはHP、有料ブログ(Newアカシックレコード情報全公開!)参照
   Facebook

日本スピリチュアルヒーリング協会

当ブログ筆者FB
    Twitter

 

meraina2211をフォローしましょう

 

日本スピリチュアルヒーリング協会

 

NewアカシックレコードTwitter
ペルセウス座流星群
[天体メッセージ]
2018年8月11日 20時11分の記事







3大流星群のひとつといわれるペルセウス座流星群。

2018年のペルセウス座流星群の極大は、8月13日午前10時頃。

ペルセウス座流星群は、観測の特徴として、日の出前の4時頃から夜明けまでが観測しやすい時間帯となります。


Newアカシックレコード情報全公開!の天体からのお知らせはこちらを参照下さい。






【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



放射点はペルセウス座にありながら、わりあい全天にて見られる傾向があります。あちこちに流星が出現するという風に見られる事が多いので、感覚として、空を見上げながら、どこかに目の焦点を合わせるというよりも、空全体を見渡すという感じが見やすいです。

流星は、0.3秒程度の長さで見える流星から1秒くらい見える流星まで見られます。今年は、おそらく1時間に30個程度は見えると思われます。すでに明け方に数個の流星が観測出来ているためです。何より、8月11日が新月のため、月明かりは気にならずに観測が出来ます。ちょうど、細い月が観測出来る頃合。細い月が東の空に見え、同時に流星が見えるという事もありえる頃です。

今年の観測のピークのタイミングは、明日早寝をして、夜中に起きて観測をするという流れ。12日深夜から13日の明け方といわれていますが、見えるのは、ほぼ明け方に集中。そのため、4時頃から明け方がお勧めです。特に毎年西の空で大きめの流星が出現します。

眠いという人は、15分間程度起きてみると、数個観測出来ると思います。

ペルセウス座流星群は、数日間、明け方に観測出来ますが、ピークの日以外は、1時間に数個程度となります。


また、最近天体写真を撮影したいという人も増えているようです。詳しくは天文情報誌などに書いてあるのではと思います。



多くの人が撮影する手法では、三脚をたてて、バルブ撮影による流れる様に写る星を撮影する中で、偶然流星が写りこんだというパターン。



それから、ガイド撮影をして、星が点のままに写る様に撮影をするパターンがあります。多重露光などは彗星の場合に行いますが、とても難しいです。

天体望遠鏡を使わず、レンズ交換の出来るカメラをお持ちの方は、手持ちの中で一番明るい広角レンズを用いましょう。もしくは、カメラメーカーによっては、レンタルで借りる事も可能です。

例えば、CANONのEOSシリーズを持っている場合には、EFレンズの24mmF1.4Lなどは、かなり使いやすいです。他には、広角ではありませんが、ペルセウス座(肩のあたり)に焦点を絞るのであれば、80mmF1.2Lなどは、視覚的にもかなり明るく撮影が出来ます。アナログのフィルムカメラを持っている場合には、さらにFDレンズの24mmF1.4Lなども使いやすいです。自分の目線と同じサイズでの撮影をしたい場合には、50mmの標準レンズを用いると良いです。その場合でも、F1.2Lなど、明るいレンズを使いましょう。

明るいレンズを使ったほうが良いという理由は、長時間露光撮影の中で、1秒にも満たない流星のため、とても暗く写ってしまうためです。最初から肉眼(F1.0)に近い明るさのレンズを用いる事で、撮影しやすくなります。

撮影をする際の小道具として、黒の板紙を用意しましょう。無ければダンボールを黒く塗ってもかまいません。シャッターを押す時、レンズに光が入らないようにボードを当てておきます。シャッターを押した後、どかします。これは、シャッターを押す際のブレを防ぐためです。意外にも、シャッターを押す瞬間に、天体写真を失敗する人が多いです。バルブ撮影用のシャッターを持っている方でも、使ったほうが良いです。そして、撮影中はボードを持ったままで、車が来た時もレンズを覆います。暗いところで撮影をしていても、何故かどこからか車が通る事がありますので。

解像度はISO100がいいです。通常は高感度でとしますが、高感度にしますと、画像が荒れます。多少の荒れが気にならない場合は、ISO400でも良いです。

露光は開放です。


今年は、天体写真を撮影したい人には絶好の条件となります。

三脚を安定させて、夜明けまでチャレンジ出来ると思います。撮影中は、三脚に触れないように、気をつけましょう。


当協会のワークでは、流星群は、魂レベルの浄化を意味していました。今現在は、別途の天順の流れとなっています。

ペルセウス座については、多くの心の作業を行ってきた星座のひとつとなっています。それぞれに浄化となっているため、タイミングが会えば観測というゆとりの時間にもなるのでしょう。もちろん、願い事はしてはいけませんが。



【有料無料に関わらず、すべての引用、転記、転載の一切厳禁】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
日本スピリチュアルヒーリング協会
http://www.meraina.org/

Newアカシックレコード情報全公開!
http://blog.kuruten.jp/meraina/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Copyright(C)1997- Cosmos Shower and Nihon Spiritual Healing Association.
All rights reserved.

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


Newアカシックレコード
   鑑定&ワーク


運命カルテ鑑定(メール鑑定)
魂の故郷カルテ(メール鑑定)
魂のDNAリーディング
魂の傷修復ワーク(月謝制)
Newアカシック 直感開発コース:定員のため募集していません
夢判断依頼
鑑定の詳細はこちら
当協会リンクコーナー
  最近の記事
11/17 18:15 腎臓病の猫の今
11/08 22:00 月が木星を2度通過
11/05 21:45 ORION
11/03 16:53 恩を忘れないカラス
10/30 15:50 宇宙人
10/26 12:00 超大陸
10/22 02:00 オリオン座流星群が極大
10/19 11:05 東京湾地殻構造について
10/16 21:14 その後のお話
10/12 02:12 カシオペア座
10/08 20:48 犬猫達の食餌
10/07 15:45 アンドロメダ座とプラネタリウム
10/05 21:40 その後の野良猫
10/04 09:30 ある音楽家の話
10/04 08:55 ある音楽家の話
   ブログ内検索

Yahooブログ内検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

  募金コーナー
ライフボート友の会〜手を伸ばせば救えるいのちがある〜

当協会の募金活動ではありませんが、店長野口のお勧め募金支援活動です。
  動物ボランティア
一般社団法人 動物愛護団体 Rencontrer Mignon(ランコントレ・ミグノン)
一時預かりや、シェルターでの動物の世話の他、寄付や物資などの支援も必要としています。詳しくはサイトをどうぞ。
尚、当協会とは一切関わりのない団体ですが、ご紹介しています。
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
     RSS

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved