このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
ロジック開発のキラーポイント
[Project 225]
2017年2月15日 8時28分の記事


ロジックを開発する時どのようにしているのかは、人それぞれであると思います。
ここでは、私のようにテクニカルを基本として考えている場合を元にお話したいと思います。


チャート上で様々なテクニカルなどを駆使して優位点を探すとします。
数ヶ月、数年分のバックテストとそれに伴うフォワードテストを繰り返し、挫折を何度も味わい、そして1年ほどかけてやっと使えそうなアイデアにたどり着いたとします。

しかし、そこにあるものは、自分が今現在使用しているチャートシステムから導かれた物です。

では、そのチャートを提供している会社が倒産、もしくはシステムの変更を行ったらどうしますか?

自分が複数年かけて作った物が、たったそれだけの事で一瞬にして
使用できなくなるわけです。

私は、このような事を過去に2度経験しています。

チャートは、何処の物でも全てのテクニカルや指標その他データ用の窓などがあるとは限らないのです。
使い勝手の良い検証用に適したチャートシステムは殆ど存在しないのです。

ご自分でプログラムを組める方は、まだ他に方法が残されていますが、現実できない凡人はなかなか難しいのです。

それらのリスクをも越えたところに、”成功”の二文字があります。

相場で身を立てようと思う人は、時間の大切さと困難に立ち向かうだけの根性を持ち合わせていないと無理です。

ここにも同志の方がたくさんいると思います。

負けないで頑張りましょう!!

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


くる天 人気ブログランキング
   ↑
応援お願いします。





このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/n225mini-syougo/375662
くる天
セミナー概要
【セミナー概要】 無駄な負けや遠回りをしたくない方で勝てる投資家になりたい人に向けての私個人のセミナーです。私自身もいくつかのセミナーや手法を購入しましたが、それらに比べて確実に費用対効果は高いです。 何と言っても現在我々が取引している手法そのものですから。 高いと思うか安いと思うかは人それぞれです。 数年やっても勝てずに負けが積み重なり、大事な時間も過ぎ去ってしまうのがこの世界です。 手法をマスタ-したい方(やる気のある方)のみ受け付けます。 どなたでも良いというわけでは、ありません。 努力を続けることが出来る方のみ応募ください。 詳細は右下に書いてあります。 ひと月にお1人のみ受け付けます ご希望の方は、project225dream@yahoo.co.jp まで
☆☆☆シグナル結果☆☆☆
2019デイトレ(ミニ3枚) 1月 3920円 2月 3780円 3月 4380円 4月 2910円 5月 2045円 2019スイング   5月 3360円 6月より配信開始
プロフィール
COBRAシステムトレード(Global・Trade・Association)-ブロくる
COBRA さん
COBRAシステムトレード(Global・Trade・Association)
地域:神奈川県
性別:男性
ジャンル:仕事 株式・投資
ブログの説明:
主軸は、デイトレ(リアルタイム)と短中期スイングです。
一部スイングサインを利用して寄り引け(16:30〜翌15:15)を行うことがあります。
2018年10月より新事務所移転に伴いトレードチーム(Global・Trade・Associatin)本格稼働開始しました。
2019年初頭より、225スイングサイン配信します。
カテゴリ
全て (2287)
初めに・・・ (1)
投資 (40)
実売買 (1108)
手法 (66)
サイン (891)
Project 225 (140)
アクセス数
総アクセス数: 294161
今日のアクセス: 86
昨日のアクセス: 275
RSS
カレンダー
<<2017年02月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。